糸球体腎炎

糸球体腎炎は、腎臓内にある糸球体と呼ばれる部分に炎症が発生した状態を指します。

糸球体は血液中の老廃物を漉し取る働きをしますが、この部分に炎症が発生することで血液を濾過する機能が低下し、本来であれば尿と一緒に排出されるはずの老廃物が体内に溜まったままになってしまう病気です。

犬の糸球体腎炎にかかりやすい犬種

多くのケースでは7歳前後で発症しやすく、以下の犬種で発症しやすいと言われています。

犬の糸球体腎炎の原因

糸球体腎炎の発症の原因には免疫系統の異常が関係していると考えられていますが、まだはっきりと分かってはいません。

フィラリア症やライム病、免疫介在性溶血性貧血、クッシング症候群など、他の炎症性疾患と何らかの関連があると考えられています。

また、遺伝的な要因で発症するケースもあります。

犬の糸球体腎炎の症状

糸球体腎炎を発症すると、初期症状として目立った症状はありませんが、タンパク尿が出るといった特徴があります。

症状が進むにつれ、尿の量が減ってしまう、元気の低下、食欲の不振、体重減少、下痢や嘔吐、脱水症状といった症状のなどがみられます。

糸球体腎炎の経過によって、急性または慢性の腎不全に伴う症状もあらわれます。

また、重篤化すると合併症を引き起こすこともあり、高血圧から眼底出血や網膜剥離を併発し、最悪の場合失明してしまうこともあります。

血栓塞栓症が生じることもあります。

犬の糸球体腎炎の予防と対策

糸球体腎炎については、遺伝的要因が原因の場合明確な予防法はありませんが、他の疾患が原因で併発を起こしている場合は基礎疾患となる他の病気の治療を行います。

普段から尿の色や回数、量などをチェックするようにして少しでも異常が見られたら早めに動物病院で診察を受けるようにしましょう。