腸閉塞

腸閉塞は、腸管が何らかの理由で塞がって機能不全に陥った状態を指します。

消化物が詰まって流れなくなることで様々な症状が現れ、悪化すると生命にも関わる重篤な病気です。

犬の腸閉塞にかかりやすい犬種

犬種問わず発症する可能性があります。

犬の腸閉塞の原因

腸閉塞を発症する要因としては、消化できない異物を誤って飲み込んでしまい、これが腸に詰まってしまうケースが非常に多いです。

飲み込んでしまった異物の例としては、小さいボールや噛み砕いたプラスチック片、布、ビニール紐などおもちゃが原因となっている場合や、ボタンや焼き鳥の串、電池、梅干の種などのゴミが原因となる場合もあります。

また、腫瘍が大きくなってしまい、腸を塞いでしまうことで腸閉塞を引き起こす場合やパルボウイルスやジステンパー、寄生虫が原因で腸捻転を起こし閉塞してしまう場合もあります。

犬の腸閉塞の症状

異物を飲み込んで腸閉塞を発症した場合、症状の種類は様々ですが、元気がなくなる、下痢や食欲の不振、嘔吐や、腹部を痛がるそぶりを見せるといった症状など様々です。

上記症状に加え、呼吸が浅く速くなる、元気が全くなくなるなどの症状がみられた段階ではかなり悪化している可能性が非常に高いといわれています。

放置しておくと、腸管が壊死し、死に至ります。

犬の腸閉塞の予防と対策

誤飲を原因とする腸閉塞を予防するには、何よりも犬が異物誤飲をしてしまわないよう、室内に犬が口にくわえて飲み込みやすいような異物が落ちていないか、日ごろから飼い主が気をつけてあげるようにしましょう。

特に、小さな子供がいる家庭では、子供のおもちゃなどについても十分管理を徹底してください。

腫瘍が原因によるものの場合、飼い主はほとんど気付かないまま症状が進行してしまいます。

腫瘍を発症するのは高齢犬の場合が多いので、ちょっとした嘔吐や、便の変化、体重の減少などの兆候を見逃さずに、早めに病院に連れて行き、早期発見・早期治療を心がけるようにしましょう。

寄生虫やウイルスによる場合は、感染しないように日頃からワクチンや飲み薬などで感染を防ぐことも大切です。