脱臼

元気に走り回る犬は、ケガをしやすいものですが、その中でもよくあるのが「脱臼」です。

脱臼は関節の可動域を超えた動きをしてしまうことで、骨の関節が本来の位置からずれてしまった状態を指します。

突然愛犬が片足を上げて歩いている、うずくまって動かなくなる、触ると痛がるなどの症状を見せるようになりますが、症状は脱臼を起こした部位や程度によって様々です。

膝蓋骨脱臼

小型犬に起こりやすいのがパテラとも呼ばれる「膝蓋骨脱臼」です。

膝蓋骨はいわゆる「膝の皿」と呼ばれる部位で、膝蓋骨が横にずれて外れてしまう状態を指します。

膝蓋骨脱臼

その他の脱臼

犬に多い脱臼は膝蓋骨脱臼や股関節脱臼ですが、脱臼は関節の部位であればどこでも起きる可能性があります。

肩関節の脱臼は小型犬に多く、トイプードルなどは脇から手を入れて抱きかかえただけでも肩脱臼を起こしてしまう場合があります。

肘関節の脱臼は、前足をつっぱって肘が伸びているときに、肘の部分に横から力が加わってしまうことで発生します。

また、肘を曲げているときでも、ねじる力が加わると外れてしまいます。

ひじを曲げて前足が地面につかないようひょこひょこと歩きます。

肘関節の脱臼には、外傷性のもの以外に、先天的な原因での関節の異常が原因となる場合があり、小型犬に多く見られる「上腕尺骨脱臼」と、中~大型犬に多いとされている「橈骨頭脱臼」などがあります。