オシキャット

オシキャットの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

オシキャット

オシキャットの罹りやすい疾患

  • 下部尿路症候群
  • 子宮蓄膿症
  • 歯肉炎

オシキャットとは

オシキャットはアメリカ原産の猫になります。

名前の由来はアメリカに生息するヤマネコの一種である『オセロット』です。

また、クラシックタビー(アメリカン・ショートヘアーのような渦巻きのような模様)をもったオシキャットは一部の国では【ジャンガラ】や【クラシキャット】という名前で公認されています。

オシキャットの歴史は浅く1964年のアメリカでミシガン州のブリーダーがアビシニアンの模様をもったシャムの作出を試みた際にアビシニアンとシャムの交配を開始しました。

その第一世代はアビシニアンに似た猫がほとんどでしたが、その後の第二世代に誕生した子供がアビシニアン模様のシャムだけではなく斑点模様の子猫が生まれました。

この子がオシキャットの源流と言われています。

その後アメリカン・ショートヘアーとの交配により、体格がしっかりしてきました。

最初にCFA(Cat Fanciers' Association)に登録され、現在ではTICA(The International Cat Association)・FIFe(Fédération Internationale Féline)・GCCF(Governing Council of the Cat Fancy)で公認されています 。

オシキャットの容姿

オシキャットは全体的に筋肉質のしっかりした体つきをしている猫になります。

ボディタイプはボディがやや短い、ずっしりとしているセミフォーリンタイプで体重は3.5㎏-6㎏ほどのやや大型です。

頭部はセミフォーリン型の特徴でもある丸くゆるやかなくさび型でアーモンド型の大きな目をしています。

目の色はブルー以外すべて許容されています。

しっぽは長く先端が黒くなっているのが特徴です。

オシキャットの最大の特徴はオセロットの様なヒョウ柄に似ているタウニーと呼ばれるブラウンスポット模様ですがチョコレート、シナモン、ブルー、ラベンダー、フォーンとこれらのシルバー、エボニーシルバーの計12色が許容されています。

被毛の手触りは滑らかで光沢があります。

オシキャットの性質

オシキャットはとても賢い猫種になります。

犬のようともいわれて居て投げたものを取ってきたり、呼んだらこっちに来たり、トレーニングをした犬のような行動を思えることができます。

またハーネスで散歩することができることでの有名です。

そのため【猫の側をかぶった犬】とも呼ばれています。

また、遊び好きでおもちゃで遊ぶ子がほとんどです。

運動が大好きなので飼育環境では運動ができるという条件が大切になります。

退屈が苦手な猫種になります。

からだががっしりしているのでキャットタワーを用意する際は土台がしっかりした安定したものを買いましょう。

オシキャットはとても社交性のある猫でほかの動物や人間とも仲良くすることができますので多頭飼いにも向いています。

野性的な外見ではありますが人工的に作出された猫種になりますので性格は家庭的で甘えん坊なところがあります。