ラガマフィン

ラガマフィンの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

ラガマフィン

ラガマフィンのかかりやすい疾患

ラガマフィンとは

ラガマフィンはラグドールを祖先にもつアメリカ合衆国が原産国の猫種になります。

ラガマフィンの登録されるようになったのは最近で1994年といわれています。

ラグドールの販売についてはラグドールの団体であるIRCAに加入しているブリーダーのみしか使用ができないという特殊なビジネスモデルを開始いたしました。

この決まりを嫌がったとある団体が1994年に独立してラガマフィンを作出しました。

ラガマフィン(Ragamuffin)という名前は団体の一人が冗談で仮登録した名前でしたが、その後変更することができず現在でもこの名前となっています。

この団体はラグドールの近親交配によって健康上の問題が発生しやすいことを心配していたため、交配にペルシャやヒマラヤンなどの長毛の猫を交雑しました。

これにより健康でなおかつ新しい猫種が登録されました。

しかしラガマフィンはラグドールにとても似ているため一部の血統登録団体では認められていないこともあります。

ラガマフィンの交配については団体によって見解が異なります。

ラグドールとの交配を異種交配として認める団体もあれば、異種交配事態を認めない団体があります。

ラガマフィンが確立した最初の方は遺伝子プールを広げる目的のため、特定の異種交配が認められていました。

しかし今ではほとんど認められていません。

ラガマフィンの容姿

ラガマフィンは大型の猫種で体重は雄で約5-8㎏、雌で5-7㎏ほどあります。

大きいと10㎏になることもあります。

ボディタイプはロング・アンド・サブスタンシャルで長く、がっしりとした大型のボディタイプに分類されます。

ガマフィンは成長が遅く4歳ころにやっと成猫の大きさになります。

ラガマフィンは頭部がおおきめで少しつりあがった卵型の目、まるいチークを持っているセミロングくらいのダブルコートの長毛の猫種になります。

全体的にラグドールとよく似ていますがラガマフィンのほうがラグドールよりカラーバリエーションが広く、ラグドールは目の色がサファイヤブルーのみとされていますがグリーンやゴールド、オッドアイなどの色が認められています。

被毛のバリエーションはさらに多く団体によって異なりますがラガマフィンはポインテッド以外のすべての模様が公認されていますし、ラグドールでは認められていない白い被毛についても許容されていることがあります。

ラガマフィンの性質

ラガマフィンはラグドールと同様非常におとなしく人懐っこい猫になります。

投げたおもちゃを取ってくることができたり慣れさせればリードでお散歩したりすることもできるといわれている猫です。

大型の猫になりますので肥満防止のためにもキャットタワーなどで運動させることは大切になりますが、体が重いためキャットタワーを選ぶ際はしっかりと安定したものを選ぶようにしましょう。

ラガマフィンは人見知りする子はあまりいないと言われていますので他の動物や見知らぬ人とも仲良くすることができます。

むしろさみしがり屋なところがありますので独りぼっちの時間はなるべく少なくしてあげてください。

ラガマフィンはふわふわのきれいな被毛なため毛玉ができやすいです。

そのため皮膚のためにもブラッシングなどはこまめに実施して毛玉ができないように気をつけてあげましょう。