セルカークレックス

セルカークレックスの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

セルカークレックス

セルカークレックスの罹りやすい疾患

セルカークレックスとは

セルカークレックスは1987年ごろにアメリカ・モンタナ州のシェルターで保護されていた猫から自然発生した猫種になります。

この祖先猫となる猫は5頭生まれた中の1頭でのころの4頭は直毛でした。

セルカークレックスという名前の由来はこの猫が生まれたシェルターのある山の名前であるセルカークと巻き毛を意味するレックスから来ています。

当時、他のレックス種(デボンレックス・コーニッシュレックス)がまだこの地域にいなかったこととこの巻き毛の猫と一緒にうまれた猫が直毛であったことからこの巻き毛の猫が突然変異であると考え、新種の猫の可能性が考えられました。

これに目をつけたのがペルシャの繁殖家のジェリー・ニューマンです。

この猫を引き取り、ペルシャと交配させたところ6頭中3頭が巻き毛の子猫でした。

これにより巻き毛の毛質が遺伝であると確信をし、本格的に巻き毛の猫種の育成を開始いたしました。

このあとペルシャの他にも性格を考慮し、エキゾチックショートヘアやブリティッシュショートヘアとも掛け合わせてています。

こうしてセルカークレックスとして種を固めていきました。

セルカークレックスは1990年にTICA(The International Cat Association)に新品種登録のための予備期間が開始され1992年には新種として認定登録を受けることができました。

また、1998年にはCFA(THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC.)や他の団体で認定をうけることができました。

CFAでは純血種として遺伝子の多様性を確保する目的で2015年まではアメリカンショートヘア・ブリティッシュショートヘア・ペルシャ・エキゾチックショートヘア・ヒマラヤンとの異種交配が認めています。

セルカークレックスの容姿

セルカークレックスはがっちりとした体つきのセミコビータイプの猫種です。

脚や胴、しっぽが少し長めで足先は少し丸みを帯びています。

体重は3-5kg程で大きい固体だと7kgを超える子も稀にいます。

ペルシャと交配されていたので、ペルシャを感じられる頭部になります。

頭部は丸く、鼻は短めで目は少し離れています。

耳には耳の中に生えるイヤーファーニッシングと呼ばれる毛が生えています。

これは飾り毛以外にもゴミや異物を耳の中に入れないようにする役割もあります。

セルカークレックスの名前の由来ともなっている最大の特徴は巻き毛です。

長さは短毛・中毛・長毛とさまざまで、色や模様についても様々です。

あらゆる色と模様が許容されています。

また、遺伝子の関係から直毛で生まれてくる場合もあります。

この場合直毛で生まれても血統書はセルカークレックスとなります。

セルカークレックスの性質

セルカークレックスはとても落ち着いた性格の猫といわれていますが、若い頃は活発で遊び好きですハンティングなども行ないます。

年をとるにつれて落ち着いていきます。

また、加齢に伴い肥満になりやすくなりますので十分気をつけましょう。

体は5kg程になりますのでキャットタワーは安定感のあるものをえらんであげましょう。

また、辛抱強く心の広い性格ですので、子供や見知らぬ相手でも対応することができます。

セルカークレックスを飼育する上で一番大変なのは被毛のお手入れです。

巻き毛なので縺れや毛玉ができやすくなります。

放置しておくと家の中が毛だらけになってしまう程度には抜け毛がありますのでこまめにブラッシングなどのお手入れをしてあげてください。

また皮脂が溜まりやすい猫種になりますので手入れをサボってしまうと皮膚病などの原因になってしまいます。

特に日本の夏は高温多湿になりますので、皮膚疾患や外耳炎などには気をつけましょう。

子猫の頃からシャンプーに慣らして定期的にお風呂に入れる習慣をつけてあげるとよいでしょう。