秋田犬の保険

こちらのページでは秋田県のかかりやすい疾患や特長についてご説明します。

保険加入やこれから秋田犬を家族に迎える方はぜひご覧ください。

d005.jpg

秋田犬が罹りやすい疾患

  • 胃拡張-胃捻転
  • 前十字靭帯断裂
  • 緑内障
  • 皮膚炎
  • 眼瞼内反

秋田犬とは

秋田犬とは、名前の通り日本の秋田県を原産とする犬種です。読み方は【あきたけん】と呼ばれることが多いですが、【あきたいぬ】が正しく海外のショーでは【Akita】と呼ばれています。

秋田犬は天然記念物として指定されている日本原産の6つの犬種のうちの1種です。日本においては最も大きな体高を持つ犬種で、大型犬に分類されます。

秋田犬が天然記念物とされるのは1931年のことですが、それまでは「大館犬」という名で呼ばれていました。これは、秋田県の大館周辺を中心に狩猟者(マタギ)によって飼われていたことから付いた名称だと言われています。

江戸時代から明治時代にになると闘犬に利用されるようになり、土佐犬に勝利できるようにとマスティフ、土佐犬などの大きな犬と交配が行われ本来の姿を失われました。その後1919年に天然記念物保存法が発令され大型の日本犬としての改良保存が図られました。その結果として天然記念物として指定をうけました。

しかし第二次世界大戦時に一部で防寒の衣料として犬の毛皮を使用することとなりジャーマン・シェパード・ドック以外の犬には捕獲命令が出されていたのでその捕獲を逃れる目的で秋田犬にジャーマン・シェパード・ドックを交配しました。

それにより更に交雑が進んでしまいました。

終戦後に激減した秋田犬は雑な交配によりタイプも様々でした。しかしながら犬識者たちにがマタギ秋田タイプを繁殖に使用し洋犬の特徴を除去し現在の秋田犬に固定化しました。

秋田犬の容姿

秋田犬は頑丈な骨格でかなりがっしりとした体つきをしています。体高は牡が64-70cm 牝が58-64cmほどあり、体重は約35~50㎏もある大型犬です。写真などで見ると柴犬とよく似ていますが、大きさがかなり違います。

秋田犬は柴犬と同様に三角形の眼に立ち耳、クルリと巻いた太い巻き尾などスピッツ系の特徴をもっています。被毛は短毛で剛直です。

下毛は柔らかく密に生えています。

雪国の犬なので毛色は赤、白、虎、黒、胡麻がありますが、今日では黒と胡麻は非常に稀有となっております。

秋田犬の性質

堂々とした風情が美しい秋田犬は、家族に迎えると素晴らしい仲間となってくれます。

ただし、大型犬ということから、犬としてはじゃれているつもりだとしても、気を付けていないと怪我をしてしまう可能性があることを留意しておきましょう。秋田犬は、闘犬の血が入っているため、飼育について条例によって規制されることもあるので、飼育する前に予め確認しておく必要があります。

そのためしつけはしっかりと行う必要があります。

秋田犬は大型犬の中でも事故が多い犬種となっておりますのでその認識をしっかりした上で飼育をしましょう。

特に"噛み癖"と"吠え癖"のしつけは必須です。かわいさから甘やかしてしまうと事故につながります。

徹底したしつけが必要な犬種なので、初心者には不向きといわれています。

毎日欠かさずに運動させてあげることが大事なので、たっぷりと散歩に連れ出しましょう。頭が良い犬種ですから、運動と合わせてゲームなどをして遊ぶことによって、知的な面も鍛えることができます。

秋田犬は一般的に、飼い主には非常に忠実で落ち着きがある犬で、飼い主からの指示はよく守ります。

冷静沈着で頭が良い犬種として知られ、行動についても控えめな感じです。

一方、もともとは闘犬として活躍するために品種改良が行われてきたことも背景にあって、頑固な一面が現れる時もあります。独立心を持った犬種ですが、防衛本能も高いため、顔見知りではない人や動物などには攻撃的な面を見せる場合もあるので、注意しましょう。

また、子犬の時期に様々な場所に連れ出して、他の人間や動物などにも慣れるようにさせてあげることも大切です。

秋田犬は春と秋に換毛期があります。換毛期には1ヶ月かけて毛が生え変わりますのでこの時期は抜け毛がとても多いです。

また秋田犬の毛は剛毛なので絨毯や衣類などにつくとなかなか取りにくいため抜け落ちる毛を減らすためにも毎日ブラッシングをしてあげるとよいでしょう。