バーニーズ・マウンテン・ドッグ

バーニーズ・マウンテン・ドッグのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

かかりりやすい病気

  • 胃拡張―胃捻転
  • 股関節形成不全
  • 白内障
  • 熱中症
  • 腎疾患

バーニーズ・マウンテン・ドッグとは

バーニーズ・マウンテン・ドックは一般的に「バーニーズ」とよばれ、スイスの首都であるベルンが原産の犬になります。

バーニーズ・マウンテン・ドックの名前の由来は原産地である「ベルン」から来ており、山岳地帯の活動に耐えられる犬という意味があります。

スイスでは「ベルナー・ゼネンフント(ベルンの山犬)」と呼ばれており、"Berner Sennenhund"の英語読みから「バーニーズ」と呼ばれるようになりました。

バーニーズ・マウンテン・ドックのような長毛でトライ・カラーのファーム・ドックが多くいた地域ではベルンの近くにある山の旅館の名前を取って「デュールベッヘラー」と呼ばれていました。

元はガード・ドックや牧畜犬のほかにミルクや乳製品や農産物などの輸送・運搬の際に荷車の牽引のお仕事をしていた犬にもなります。

周辺の山岳地帯では牛追いに用いられていました。

1902年には既にドックショーに出陳されていました。

1907年にはスイスのブルクドルフ地方のブリーダーたちによってバーニーズ・マウンテン・ドックの純潔繁殖を推進し、固定する目的で「スイス・デュールバッハ・クラブ」を設立されました。

1910年にブルクドルフでひらかれたドックショーで多くのデュールベッヘラーを出陳されました。

この日以降デュールベッヘラーの名称はバーニーズ・マウンテン・ドックに変更され、ドイツとスイスの間の地域で評価されるようになりました。

現在では家庭犬や伴侶犬として世界中で人気を誇っています。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの容姿

バーニーズ・マウンテン・ドックは中型より大きめな犬種で、PS保険では大型犬に分類されています。

がっしりしていて健康的な体躯ですがとても機敏な犬になります。全体的にバランスがとれています。

大きさは雄で体高64-67cm、体重41-54kg、雌で体高58-66 cm、体重32-45 kgほどになります。JKCでは重要な比率として体高:体長=9:10、体高:胸深=2:1となっております。

被毛は長く、つやがあり、わずかにウェービー(波状の巻き毛)です。色は純黒(別名:ジェット・ブラック)で頬、目の上、四肢、胸にリッチタン(濃い目の黄褐色)のマーキングが見られます。

頭部には左右対称の純白(クリーン・ホワイト)のマーキングがあります。

また、ブレーズと呼ばれる両目の間から鼻梁まで中央を通る白い線があり、マズルの周辺のまでつながっています。

このマズル周辺の白い箇所をマズル・バンドと呼びます。

バーニーズ・マウンテン・ドックはこの色のみになり、一般的にはトライ・カラーとよばれています。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの性質

バーニーズ・マウンテン・ドックは元来番犬であったため、とても自信に満ちている犬になります。

また、注意深く、油断なく、勇敢で怖いもの知らずとも言われています。

一般的にも性格のいい犬種として有名で、非常に温和で優しい性格をしています。

また、飼い主に従順で献身的で飼い主と一緒に出かけたり、遊んだりすることがとても大好きです。

また、知らない人に対しても穏やかに接することができます。

また、学習能力が高くしつけはしやすい犬種になります。

しかし子犬の頃はやんちゃで力も強いためおもちゃを壊したりしてしまいます。

そのためお家の中にある家具なども注意したほうがいいでしょう。

また、子犬のころにしつけをしないと成犬になった際に事故をおこしてしまいます。

バーニーズ・マウンテン・ドックは大型の犬になりますのでしつけはしっかりと行ないましょう。

しつけをする際は遊びの中で飼い主とのコミュニケーションを行なう中で実施すると効率がいいとされています。

飼い主とのコミュニケーションがとても好きなのでコミュニケーション不足になるとストレスをためて無駄吠えなどをしてしまうこともあります。

バーニーズ・マウンテン・ドックは長毛の犬になりますのでブラッシングは必須になります。

コミュニケーションの一環としてブラッシングは定期的に行なってあげてください。

またシャンプーは月に1回程度で問題ございません。

また、スイス産まれのダブルコートの犬種になりますので寒さには比較的に強いですが暑さには弱いです。

外で飼育する場合、夏場は注意しましょう。