ボクサー

ボクサーのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

ボクサー

かかりりやすい病気

  • 拡張型心筋症
  • アトピー性皮膚炎
  • 甲状腺機能低下症
  • リンパ腫
  • 肥満細胞腫

ボクサーとは

ボクサーとは原産国がドイツの警備及び作業犬で比較的新しい犬種になります。

ボクサーの祖先は昔、中央ヨーロッパ(ブラバント地方)に生息していたの「ブレンバイサー」と呼ばれる小型の犬といわれています。

この「ブレンバイサー」はドイツ語で「牛噛み犬」という意味があり、元々はドイツに土着していた猟犬で現在は絶滅してしまっています。

この犬の繁殖は猟師が主となっておこなっており、野生のイノシシやシカなどの大型の獲物を狩っていました。

狩りの方法は数頭でチームを構成して、獲物を探し飛びつかせます。

そして猟師が到着するまで獲物を噛み留めするという役目を担っていました。

そのため獲物をしっかり銜えている必要があるためブレンバイサーは幅の広いマズル、強力な顎、獲物に噛み付いたまま呼吸が出来る窪んだ鼻を持っていました。

その後ドイツで「ブル・バイティング」(牛いじめ)のブームが起こると、その特徴が「ブル・バイティング」に最適だったためこの犬が使用されました。

そのため「ブレンバイサー」という名前がつきました。

1830年代にドイツの猟師たちは新しい犬種の作出に務めました。

その結果流線型の体型で頑丈な顎をもった機敏な犬が誕生しました。

その後「ブル・バイティング」が禁止されてからは家畜商のもと、家畜を監視すると作業をおこなうようになります。

1895年にドイツのミュンヘンで開かれたドックショーはじめて「ボクサー」が出展されました。

ボクサーの名前の由来は詳しくはわかっていませんが後肢で立ち上がり、互いに前肢を使って殴り合う戦い方がボクシングのように見えるからや横から見た体躯が四角張っていて、箱(ボックス)型に見えることから名づけられたなどがあります。

現在ボクサーは、警察犬などとしても活躍しています。

ドイツで最初に警察犬や軍隊犬として活躍した犬はボクサーになります。

その後1900年には実用的な犬としてその地位を確立し、現在ではペットとしても人気を博しています。

ボクサーの容姿

ボクサーは太く丈夫な骨格を持ちコンパクトで四角い体躯構成をしており、筋肉は発達して引き締まっています。

大きさは雄で体高:57cm-63cm 体重:30kg以上(体高約60cmに対して)雌で体高:53cm-59cm 体重:約25kg(体高約60cmに対して)の大型犬です。

一部では中型犬に分類されることもあります。

顔は幅広いマズルとターンアップした鼻、アンダーショット(下顎突出咬合)と呼ばれる上顎よりも下顎が長く、口を閉じたときに下の前歯が上の前歯の前に出ている受け口になります。

ボクサーは断耳や断尾をしていた犬になります。

国によってはは禁止されていますが日本では任意となっております。

断耳する前の耳は頬に接して垂れ下がっています。

警戒時にははっきりと前方に折れ曲がります 被毛は短く滑らかで光沢のある被毛を持っています。

色はフォーン(金色で、わずかに黒の差し毛の混ざったもの)またはブリンドル(主とする地色に他の色の差し毛がまんべんなく混じったもの)になります。

フォーンは薄いフォーンから濃いディアー・レッド(鹿毛色)まであります。

顔は前額部やマズルの毛色が黒色になるブラックマスクです。

ボクサーの性質

ボクサーは自信にあふれており、また勇敢で忍耐強く、警戒心や防衛に対する意識は高いです。

性格は穏やかで安定しているので主人に対しては無邪気な一面をみせますが見知らぬ人や物に対しては疑い深い性格になります。

賢く、従順で訓練性能も高いため家庭犬としても相応しい犬種となります。

しかし、しつけ方を誤ってしまうと攻撃的な一面を見せることもあります。

ボクサーは闘犬として作出された犬種になりますので非常に強い顎を持っています。

そのため攻撃的になってしまうと大きな事故につながることも多いためしっかりしたしつけは必須となります。

また、毎日も運動も欠かせません。

時々ドックランなどで、全力で走らせてあげることは必要になります。

大型犬なので室外で飼育するイメージもあるかもしれませんが短頭犬種になりますので暑さには弱く熱中症などになりやすいため真夏の外飼いなどは避けましょう。

また、ボクサーが人とのふれあい好む犬になりますので室内での飼育がベストになります。

ボクサーはマズルの形状からいびきをかく子も少なくありません。

被毛のお手入れは時々ブラッシングをして抜け毛を定期的にとってあげましょう。