ブル・テリアの保険

ブル・テリアのかかりやすい病気と特長をご紹介します。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

blullterrier.jpg

ブル・テリアのかかりやすい病気・疾患

  • 肥満細胞種
  • 皮膚疾患
  • 大動脈弁狭窄
  • 先天性難聴
  • 多嚢胞性腎疾患

ブル・テリアとは

18世紀中ごろのイギリスでは犬を牛と戦わせるというブル・ファイティングやクマと戦わせるベア・ファイティングが盛んに行われていました。そんな時代の中で闘犬としての資質を備えた犬種を生み出そうと交配・改良が進んだのがブル・テリアです。

敏捷性をもつテリアとして現在は絶滅してしまった種類であるオールド・イングリッシュ・ホワイト・テリアと闘争性を持つブルドッグを基礎として交配が始まり、最初はブル・アンド・テリアと呼ばれていました。またスタッフォードシャー・ブル・テリアを介してブルドッグが掛け合わされたり、後にスパニッシュ・ポインターの血が入りました。

しかしその後1835年に闘犬が廃止されたことにより、闘犬としてではなく家庭犬として向くように改良されながら現在に至っています。

ブル・テリアの容姿

ブル・テリアはもともと闘犬として生み出された経緯のある犬種であることから、その体型は筋肉質でしっかりした力強さがあります。その一方で頭部は丸みのある卵形で耳は立ち、小さな目をした愛嬌のある顔立ちということが特徴的です。また口は大きく力強い顎を持っています。

大きさについては体高が50cm前後、体重が20kgほどのスタンダードタイプがいますが、1930年にブル・テリアの特徴をそのまま受け継いだミニチュアタイプも作り出されています。ミニチュアタイプは体高25cmから35cm、体重が7kg強程度の大きさです。

被毛は短く毛色はブリンドルなどの有色種のほか、1860年頃にホワイトの毛色を持つタイプが作り出されました。「白い騎士」と呼ばれることもあり、現在でも人気があります。

ブル・テリアの性質

ブル・テリアはタフな犬種ですが、自ら戦いを挑むというよりはフェアな精神で戦いを挑んでくる相手には勇敢に戦うというタイプの性質を持っていました。そのような勇敢性のほかテリアから受け継いだ高い知能も持ち合わせており、賢さも備えています。

活発性があり、遊び好きであることから毎日の散歩など十分な運動をさせることが大切です。また闘犬が廃止されてから家庭での飼育に適するように改良が重ねられており、個体によって頑固さや闘争性の名残を感じさせることがあっても、きちんとしつけ・訓練を施せば人には良く慣れていい関係を築くことができます。