キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの保険

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

cavalier_king_charles_spaniel.jpg

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの罹りやすい疾患

  • 心疾患
  • 膝蓋骨脱臼
  • 外耳炎
  • 白内障
  • 短頭上気道症候群

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとは

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの祖先であるキング・チャールズ・スパニエルは長らくイギリス王室の愛玩犬として愛されてきました。18世紀になるとヨーロッパでは短頭種の犬が流行し、その影響を受けパグなどを交配し出来た犬種が、現在のキング・チャールズ・スパニエルの形になります。

19世紀はじめ、キング・チャールズ・スパニエルの原型が描かれているチャールズ2世時代の絵画を見たアメリカ人が、その姿の復活を求めて莫大な懸賞金をかけました。

その結果、ブリーダーたちは競ってキング・チャールズ・スパニエルから時折産まれる、先祖返りしたタイプの個体を元に、ついにチャールズ2世時代の絵に近い犬種を固定化させ「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」と命名しました。

キャバリアとは中世の騎馬武士、すなわち騎士(ナイト)という意味になります。

また、キング・チャールズ・スパニエルがカーペットドッグだったのに対し、キャバリアは戸外でも飼育できるような犬であることも作出の目的の一つだったとされている。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの容姿

キング・チャールズ・スパニエルの変種であるため非常によく似ています。

かしサイズはやや大きく、目と口の位置が離れており、口吻が長いのが特徴です。

一般外貌は優雅でバランスが取れており、大きく丸い目で穏やかな表情です。

また、口吻は約3.8cmあり、徐々に細くなります。

ボディは体高より体長が長く、体重は5.4 kgから8kgの小型犬です。

被毛は長く、絹のように滑らかな肌触りで、さわり心地がとても良く、わずかなウェーブはありますがカールはしません。トリミングする必要もないと言われています。しかしながら長い被毛がからまりやすく、抜け毛も多いのでこまめにブラッシングをしてください。

毛色はブラックアンドタン、トライカラー、ブレンハイム、ルビーがあります。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性質

キャバリアは運動好きで活発でありながら穏やかで愛情深く、非常に性格の良いことで知られている犬種です。

落ち着きがありますが、友好的で遊ぶことも大好きで他の犬や人間とも仲良くできる犬種です。

また、攻撃性もなく神経質な傾向も見られないのでお子さまやお年寄りがいらっしゃるご家庭や、多頭飼いにも向いている犬種です。

さらに、むだ吠えや噛みグセといったこともほとんどなく、マンションや住宅密集地での飼育にも向いています。

そのため番犬としては不向きな犬種ですが、飼い主に対しても非常に従順で飼いやすい犬種となっています。

また、室内で飼うのがおすすめとなりますが、膝蓋骨脱臼の危険がありますので、室内で飼っていく際にはフローリングにカーペットやマットを敷いてあげるなどの工夫をしてあげましょう。

運動面では家の中だけでもキャバリアは運動量的には満足できますが、家の中に居るだけではストレスがたまりますので、日光浴とストレス解消もふくめて20~30分程度のお散歩は必要になります。

また、非常に食欲旺盛なため落ちている物も食べてしまう可能性があり、食べ物をほしがる傾向があります。肥満には十分気をつけて甘やかさないようにしましょう。

また、キャバリアは心疾患に非常に罹りやすいと言われています。

イギリスでは調査の結果、4歳以上のキャバリアの59%に心雑音がありました。