ペキニーズの保険

ペキニーズのかかりやすい病気や疾患、特長をご紹介します。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険への加入のご検討の際にお役立てください。

pekingese.jpg

ペキニーズのかかりやすい病気・疾患

  • 短頭種気道症候群
  • 気管虚脱
  • 眼瞼内反症
  • 椎間板ヘルニア
  • 皮膚疾患

ペキニーズとは

ペキニーズという犬種は、その名から推測されるように中国を原産地とする小型犬です。

ダライ・ラマから、中国歴代の王朝に対して皇帝に対する貢物ということで贈られた犬で、宮廷の中ではこの犬を門外不出の扱いで珍重されたと伝えられています。

その後中国では愛玩犬として愛されてきた長い歴史を誇る犬種で、こうした歴史的な背景が、現在に至るまでこの犬のユニークな風貌と特有の性格の由来に繋がっています。

1860年以降になると、西太后に飼われていた愛犬がイギリス士官に持ち帰られたことによって、ビクトリア女王も愛育しヨーロッパにも広まりました。

1893年にはショーにも出陳されるようになり、その後人気の犬種として世界に広がり、現在もその人気は衰えていません。

ペキニーズの容姿

ペキニーズの体高は、20cmから30 cm程度と小さめではありますが、理想的な体重としては5kgとされています。

体の大きさにしては理想体重が重く設定されているのは、抱き上げた際に重量感のある方が良種であると見なされるためですが、5kg以上は好まれない傾向があります。

骨量も豊富で、ボディが頑丈な点がこの犬種に共通した特徴です。

アンダーコートと呼ばれる厚い下毛部分と、硬くて長めのオーバーコートと呼ばれる上毛部分で覆われたダブルコートが特徴なため、普段はあまりよく分からないかもしれませんが、洋ナシに似た体型をしていて、前足が短めであることから歩く時に体をゆさゆさと揺らすように歩くのが特徴です。

こうした歩き方はローリング歩様と呼ばれ、どことなく威厳を漂わせるような歩き方もこの犬の魅力を引き立てています。

また、鼻が短いため暑さに弱く、体温調節が苦手なため夏場は温度管理に注意が必要です。

ペキニーズの性質

ペキニーズは小型犬ながらも勇敢な性格の持ち主で、常に威風堂々としている態度から、ライオンのようなイメージを持つ犬です。

自由気ままでマイペースなところがあり、機嫌が良い時は擦り寄って甘えてくることもありますし、一人きりで黙々と遊んでいることもあります。

人に媚びない性格のために、躾を行う時には気長に行うようにすると、良好な信頼関係を築くことができます。

また、こうした性格は、その昔中国の皇帝によって飼われていた時代に、この犬を皇帝が袖の中に入れて可愛がっていたため、抱っこをされるのを好まない性格になったとする説があります。

室内犬として飼うことが基本的で、散歩に関しても屋外で活発に走り回るようなことはあまりなく、のんびりゆっくり散歩を楽しむタイプです。