プーリー

プーリーのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

プーリー

かかりやすい病気

プーリーとは

プーリーはアジアを起源とするハンガリー原産の犬種になります。

ハンガリアン・ウォーター・ドッグ、あるいはハンガリアン・プーリーと呼ばれることもあります。

プーリーの紀元は1000年以上前に遊牧民族であるマジャール人がハンガリーに移住した際に、カルパチア盆地(中央ヨーロッパにある盆地、ドナウ川中域のほとんどを含む地域)にやってきたという説が有力になっています。

元々、ハーディング(牧畜)犬種になります。

持ち前の防水性のある被毛があり、水中のレトリーバーとしても優秀でテリアの気質ももっている犬種になります。

また、プーリーは牧羊犬として働いていたことが多く、群れから離れた羊を見つけると羊の背中に飛び乗って、羊をコントロールして群れに戻したりすることも行ないます。

17世紀以降にハンガリーでは西欧民族の流入によってフランスやドイツのハーディング犬種との掛け合わせが進み「プーミー」という犬種が作出されました。

これによりプーリーは衰退し、頭数が激減します。

しかし、1912年にエミール・ライツィツ氏によりプーリーの復元プログラムが実行され1915年に最初のスタンダートが制定されました。

1936年にはアメリカン・ケンネル・クラブにも公認されました。

プーリーの容姿

プーリーは体高と体長が等しいしっかりとしたスクエアなボディです。

雄で体高39-45cm、体重13-15kg 雌で体高36-42cm、体重10-13kgの中型犬になります。

ボディは引き締まっていて筋肉質です。

プーリーの容姿で一番特徴的なのはドレッド上の被毛になります。

基本はダブルコートでこのオーバーコートとアンダーコートのバランスによってこの特徴的な被毛は作られます。

子犬のころはウェーブ状またはカールしており、成犬になると、房状になりそれが縺れて縄状のドレッドになります。

この被毛のバランスは遺伝的なものになり、オーバーコートとアンダーコートのバランスが良いと美しいドレッドが形成されます。

被毛は腰やお尻、太腿の後ろが最も長く20-30cmほどになり、頭部と四肢の被毛はもっとも短く10-12cmになります。

短いといっても頭部は顔の部分を覆います。

色はブラックとパール・ホワイ(プラチナ・ブロンド)の2種類になります。

JKCではブラックにはラスト(赤茶色の錆色)やグレーの陰影が僅かに入っていることが許容されるが、ホワイトにラセット・ゴールドが入っているものは許容されない。

プーリーは全身がドレッドに覆われているので外見はドレッドの印象しかないかしれませんが、体躯構成はドックスポーツに向いています。

プーリーの性質

プーリーはとても快活で好奇心旺盛な性格になります。

また頭がよく学習能力が高いためしつけも入りやすいです。

人にもなれやすく、また番犬としても優秀でとても頼りになる犬ですが甘えん坊で寂しがりや一面があります。

プーリーはもともとハーディング犬種になりますので走り回ることが得意ですそのため毎日の散歩は欠かせないものになります。

また、運動量が多いため1日の散歩の距離も多めになります。

また、被毛は地面に着くほどに伸びますので毎日簡単なブラッシングは毎日必ずしてあげてください。

また、5日位に1回は入念なブラッシングをしてあげる必要があります。

また、毛先が地面についてることが多く散歩をすると毛をひきづってしまい毛先が汚れてしまいやすいのでこの辺は常に気を配ってあげましょう。

プーリーは人懐っこく性格的には飼いやすい犬ですが運動量や被毛のケアなどにおいては手間のかかる犬になります。

飼育する際は十分な世話ができるかどうかしっかり考えてから飼育してあげてください。