スキッパーキの保険

こちらのページではスキッパーキのかかりやすい病気や、症状についてご説明致します。

d003.jpg

スキッパーキの罹りやすい疾患

  • 糖尿病
  • 白内障
  • 進行性網膜萎縮症

スキッパーキとは

スキッパーキは、ベルギーが原産地の犬です。名前の由来は2説あるといわれています。

1つ目はスキッパーキが元々ベルギーの小型の牧羊犬で、フランドル地方の方言で【小さな羊飼い】を意味する"Shapocke" または "Scheperke"からきているという説になります。

2つ目はスキッパーキはオランダとベルギーを行き来する船乗りが連れてきた犬で、フラマン語で【小さな船乗り】を意味する"スキッパーキ(schipperke)"が由来という説があります。

祖先はルーベルナールという小型の黒い牧羊犬種といわれており、ベルジアン・シェパード・ドックと共通と推測されています。

スキッパーキは、1690年ごろブリュッセルのサン・ゲリー地区の労働者や靴の修繕屋に人気の犬種でした。

また複雑につくられた真鍮の首輪を見せびらかすためにスキッパーキにその首輪をつけて競技に参加していました。

そのほかにもねずみやモグラなどの害獣を捕まえるのにも知られています。

また、ベルギーのスパで1882年にはじめてドックショーへ出陳された。

そのご1885年にベルギーのブリュッセルでドックショーが行われた際にマリーアントワネット王妃がスキッパーキを好んですぐに手に入れた事により流行しました。またこの影響で1887年にはイギリスやアメリカにも紹介されました。

当時には「アンベルス系」・「ルーバン系」・「ブリュッセル系」といったように多くのバラエティーが存在したため1888年にベルギー最古のブリード・クラブによって最初のスタンダートが作成されたがこのバラエティーの多さからタイプの統一のために何年もかかった。

スキッパーキの容姿

スキッパーキは小型の牧羊犬ですが体つきは大変しっかりとしていて、バランスがとれています。

そのスタイルは、正方形に近い見た目です。

体重は性別に関わらず3kgから9kgの間といわれており、理想は4kg-7kgです。胴体は細長く、肩からお尻にかけてはなだらかな曲線を描いているかのようになっていますが、すこしずんぐりむっくりのような印象をえるコンパクトな体型が持ち味です。

顔はキツネのようなシュッとした表情をしています。

また、JKCの標準では無尾または付け根は太く、先端に行くにしたがって先細り、少なくとも飛節まで達する長い尾とされています。

これは生まれてすぐに断尾をする習慣があったためです。スキッパーキは15世紀には既に開始されていた習慣といわれています。

そのため無尾の犬と長い尾の犬がいますがこれは尻尾の長さが異なるだけです。

近年では断尾する習慣がすくなっているので長い尾のスキッパーキも多く見られます。

被毛は上毛が直毛で剛く、触るとザラザラし腰が強いですが下毛は柔らかく密に生えています。

色はブラックが最も多く主流とされていますが、その他にもチョコレート、 ブラック&タン、 ブルー、 クリーム、 アプリコットがあります。

スキッパーキの性質

スキッパーキは誠実で独立心が強い犬種です。

そのため飼い主には良く懐きますが注意深いところもあるので見知らぬ人や警戒心の強い犬などには距離を置くことがあります。

またその注意深いため歩行もゆっくりなのでベルギーのお年寄りには散歩の友達として人気があるとされています。

また、運動量は毎日の散歩走ることや遊んだりすることが大好きなため毎日運動させてあげましょう。

しかし体が小さいため散歩の時間は30分程度でも十分です。

また好奇心が旺盛なためおうちの中で宝探しゲームなどの知的玩具でも十分運動量は解消されます。

また、スキッパーキはとても寿命が長い犬種としても知られています。

平均寿命は13-18歳と犬の中でもとても長生きなので、たくさんの時間を共に楽しむ事が出来ます。