ペット保険とは ~初心者でも分かる動物保険の基本

これからペットとの生活を始める方、ペット保険への加入をご検討の方へ
「ペット保険」とは、どのような保険なのかご紹介します。

※「ペット保険のキホン」はペット保険全般を説明したもので、弊社PS保険を説明したものではございません。

1. ペット保険とは?

ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院に連れて行くと診療費は自由診療で、全額自己負担となります。ペット保険に加入しておけば、毎月の支払いで万が一のケガや病気の時に補償が受けられ、飼い主の負担の軽減をしてくれるのです。

近年では、飼育環境や医療技術の向上によりペットの長寿・高齢化が進んでいます。それに伴い、病気やケガのリスクが上昇しているのもまた事実です。

手術や長期の入院、そして抗がん剤といった高度治療にもなると、医療費はかなりの高額となるケースも珍しくありません。その為、ペット保険のニーズは年々高まってきています。

ペット保険の補償対象一覧

※ ペット保険は加入後に起きた、病気・ケガに備える為の保険です。加入前からの病気・ケガや予防や健康診断は原則対象にはなりません。

ケガ・病気の時はすぐに動物病院へいらしてください。

2. ペット保険が補償してくれるのは?

ペット保険の補償対象の種類は主に以下の3つです。各会社によりその他の補償もあります。

通院
医療機関に通った際に支払われる補償です。診療費、処置費、処方薬代などが相当します。
入院
入院費用に対する補償です。
手術
手術の費用、手術の際の麻酔費用などに対しての補償です。

2.1 補償の種類

PS保険の補償範囲

主な補償
  • 通院 診療治療・処置費・処方薬代など
  • 入院 入院費用
  • 手術 手術費用・手術時の麻酔費用など
その他の補償
  • ペットセレモニー お別れの際の火葬費用
  • 車イス作成費用 事故・ケガによる車イス作成費用
  • 賠償責任 噛みつきでケガを負わせた場合、ものを壊した場合の相手への賠償

PS保険では補償できません

PS保険が「賠償責任を扱わない理由」はこちら

2.2 ペット保険に入って無かった時の動物病院での自己負担は?

「急性腸炎」と診断された
  • 入院費用(2日間):4万円 + 通院費用(5日間):5万円 = 治療費用合計:9万円
  • 保険に加入していなければ... 全額自己負担
  • 加入していれば... 3,000円(※1)
  • 「急性腸炎」と診断された
  • 治療費 入院費用 2日間 4万円  通院費用 5日間通院 5万円  治療費合計 9万円※1
  • 加入していなければ 全額自己負担 加入していたら 例えば...3千円※1
「骨折」してしまった
  • 手術費用:10万円 + 手術後の入院費用(3日間):6万円 + 手術後の通院費用(7日間):8万円 = 治療費合計:24万円
  • 保険に加入していなければ... 全額自己負担
  • 加入していれば... 自己負担1万円(※2)
  • 「骨折」してしまった
  • 治療費 手術費用 10万円 手術後の入院費用3日間 6万円  手術後の通院費用7日間通院 8万円  治療費合計 24万円※1
  • 加入していなければ全額自己負担 加入していたら 例えば...1万円※2
「ガン」と診断された
  • 手術費用:13万円 + 手術後の入院費用(10日間):21万円 + 手術後の通院費用(14日間):14万円 = 治療費合計:48万円
  • 保険に加入していなければ... 全額自己負担
  • 加入していれば...自己負担4万円(※2)
  • 「ガン」と診断された
  • 治療費 手術費用 13万円 手術後の入院費用10日間 21万円  手術後の通院費用14日間通院 14万円  治療費合計 48万円※1
  • 加入していなければ全額自己負担 加入していたら 例えば...4万円※2

※1 ケガ・病気や治療内容は一例です。
※2 保険で補償された場合の一例です。補償額・補償範囲は、保険会社によって異なります。

ペットの医療費は高額なのでペット保険に入ってると安心です。

3. 保険の開始時期は?

ペット保険は、保険会社によって申し込んでから補償期間が開始する時期が異なりますので、各社の契約内容をよく確認することが重要です。

3.1 PS保険の補償開始時期の場合

例 : 平成23年7月1日に申込み 平成23年8月1日補償開始

例 : 平成23年7月1日に申込み 平成23年8月1日補償開始

PS保険では、保険が開始する前に1ヶ月の保険支払い対象外期間が設けられています。

例えば2017年7月1日に申込むと、申込みから1ヶ月間は保険金支払い対象外期間となりますので、補償開始日(保険責任開始日)の8月1日までの保険料支払いは発生しません。

補償開始日から一年後、2018年7月31日の保険契約満了日までの12ヶ月間が、保険料の支払い期間と補償対象期間となります。

拡大する

3.2 待機期間がある場合の補償開始時期

「待機期間」とは、健康に不安のあるペットの契約が増え、公平な保険制度が維持できなくなることを防ぐための制度です。

その期間や方法は保険会社によってまちまちで、補償開始から数ヵ月間の「待機期間」が設定されていたり、PS保険のように保険の開始前に1ヵ月程度の期間が設定されていたりします。

例 : 平成23年7月31日申込み 平成23年8月1日から補償開始 待機期間30日の場合

拡大する

※1 待機期間の日数・内容は各社異なります。各社パンフレット・HP他をご確認下さい。
※2 ケガは補償開始と同時に保険金支払い対象となるケースがあります。

2017年7月に申込んで8月1日から補償開始日となりますが、30日の待機期間が発生するため、保険料を支払っていても待機期間終了の9月1日までは保険金支払いの対象外となってしまいます。

このため、保険料を8月から支払っていても、実際に補償されるのは待機期間が終了した9月1日から2018年7月31日までの11ヶ月間となります。

開始時期をしっかり把握してペット保険を選びましょう。

4. 保険金の請求方法は?

補償対象となる犬や猫に医療費がかかった場合、保険金を請求する方法は主に以下の3つです。

4.1 診療後に郵送で保険金請求(診断書不要)

一度診療費を全額支払った後、保険会社へ連絡、請求書類(※1)を郵送することで、審査後に指定の口座へ保険金が振り込まれます。

★PS保険はこの請求方法です。

  • STEP1 ケガ・病気になった
  • STEP2 動物病院へ
  • STEP3 一度全額支払 一度全額支払いし保険会社へ連絡
  • STEP4 請求書類郵送 記入した請求書類を郵送する
  • STEP5 審査後、指定口座へ振り込み

※1 動物病院での診療費支払いの際の、領収書・診療明細書が必要です。

4.2 診療後に郵送で保険金請求(診断書必須※2)

一度診療費を全額支払った後に保険会社へ連絡、動物病院での診断書を発行してもらい、請求書類と診断書を郵送することで、審査後に指定の口座へ保険金が振り込まれます。

  • STEP1 ケガ・病気になった
  • STEP2 動物病院へ
  • STEP3 診断書を発行 動物病院で診断書を発行してもらう
  • STEP4 一度全額支払	一度全額支払いし保険会社へ連絡
  • STEP5 請求書類郵送 記入した請求書類を郵送する
  • STEP6 審査後、指定口座へ振り込み

※2 診断書作成費用は補償に含まれているケース、自己負担のケースがあります。

4.3 病院窓口での清算

窓口清算対応のペット保険会社が提携する動物病院で診療を受けた場合は、診療費の支払の際に補償に応じた差額を支払います。

  • STEP1 ケガ・病気になった
  • STEP2 動物病院へ
  • STEP3 動物病院で契約内容に応じた差額をお支払い
  • STEP4 動物病院が差額分を保険会社に請求する

※3提携外の病院の場合1)、2)の流れになるケースもあります。

5. 加入できるペットの種類は?

保険会社により、加入できるペットは異なります。

どのペット保険会社でも、加入できるのは主に犬か猫になりますが、保険会社によってはウサギやフェレット、鳥類など、他の種類のペットが加入できるプランもあります。

5.1 加入できるペット

基本:PS保険では、犬・猫のみ加入できます。 その他:鳥やうさぎ・ハムスターなどの小動物、爬虫類は、PS保険ではお受けできません。

キホンPS保険は犬・猫のみ加入可能です。

キホン PS保険は犬・猫のみ加入可能です。

その他PS保険ではお受けできません。

その他 PS保険ではお受けできません。

5.2 加入年齢と更新年齢

PS保険では、新規の保険加入は保険開始日時点で生後30日以上、満9歳未満であれば可能です。また、加入以降は終身で継続可能となっています。

PS保険の場合

拡大する

※ 保険開始日時点で生後30日以上、満9歳未満であれば加入が可能です。

保険会社により加入できる年齢・更新できる年齢は異なります。詳細につきましては各社のパンフレット・Webサイト等でご確認ください。

6. ペット保険会社の種類は?

2017年4月現在、ペット保険を取り扱っている保険会社は13社あり、うち4社が損害保険会社、9社が少額短期保険会社です。

種類 損害保険会社 少額短期保険会社
ペット保険会社数 4社 9社
法律で定められた
最低資本金額
10億円以上 1000万円以上
保険契約者保護 保険契約者保護機構の対象 保険契約者保護機構の対象外

少額短期保険は損害保険契約者機構の対象外となっておりますので、万一少額短期保険会社が破たんした場合には、お客さまのご契約が途中で終了してしまう可能性がございます。

保険会社が破たんするケースは主に2つです。
1)保険料の運用の失敗
2)1回の事故で巨大な支払が生じるような契約の引受

そこで金融庁は、こういった過去の経緯を踏まえて、下記 1)~4)のように少額短期保険業者が簡単に破たんしないように、供託金の義務化や法律にて業務の範囲を最小限に抑え契約者保護を図っております。
1)法務局への供託金の義務化(1000万円以上)による契約者保護
2)長期保険の禁止(保険期間は2年以下)
3)保険料運用の規制(普通預金と国債のみ)
4)1保険契約あたりの上限は1000万円まで

PS保険は少額短期保険会社です。

  • PS保険の特長|保険料と補償のバランスなど、PS保険の強みをご紹介します。
  • 保険料|シミュレーターで保険料を10秒でカンタンにお見積もりします
  • お客さまの声|「PS保険」にご加入いただいた方々の声をご紹介します。
  • 犬の保険をご検討の方
  • 猫の保険をご検討の方