ロシアンブルー

ロシアンブルーの写真

ロシアンブルーは、美しい被毛やエメラルドグリーンの目、優美な姿が特徴的です。また物静かで飼い主に対して忠誠心があることから人気の猫種といえます。
一般的にロシアンブルーは丈夫で、あまり病気をしない猫だと言われていますが、それでもいくつか注意しておかなければならない病気があります。その病気として、腎不全や糖尿病、尿路結石症などが挙げられます。
PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。PS保険のご加入者さまもこうした病気や日常でのケガの備えとしてロシアンブルーのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

ロシアンブルーのかかりやすい病気やケガとペット保険

ロシアンブルーは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

保険料については、「お見積り」から、ペットの種類として、猫と年齢を選択するだけでご参照いただけます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

PS保険でのロシアンブルーのご請求事例

お支払いの例で挙げさせていただいた約11万7千円という事例は決して大げさな事例ではなく、当社にご請求頂いた内容(ご契約者さまが動物病院にお支払いした治療費)では約7万4千円というものが最高金額としてございました。

事例 都道府県 ケガ・病気の種類 お支払金額
1 神奈川県

肝疾患

¥74,800
2 北海道

猫ウィルス性鼻気管炎

¥61,900
3 神奈川県

肝疾患

¥54,000
4 神奈川県

嘔吐・元気喪失

¥42,000
5 東京都

皮膚疾患、外耳炎

¥39,800

※こちらは当社ご契約者さまが実際にご負担になった診療費であり、弊社がお支払いした保険金ではございません。

ロシアンブルーの特徴

ロシアンブルーとは
ロシアンブルーの写真

ロシアンブルーを見て、人はよく「美しい」と表現します。フォーリンタイプと呼ばれるしなやかな体つき、手足が長く、つま先立ちで歩いているようにも見える優美な姿がそう思わせるのでしょう。 ロシアンブルーの起源にはいろいろな説がありますが、もともとロシア生まれの猫種で、ロシア帝国の貴族から愛されていたと言われています。1860年頃にイギリスに渡り、1875年にイギリスのキャットショーに登場したことを機に、瞬く間に人気が高まりました。しかしながら、第二次世界大戦中に絶滅の危機に陥り、アメリカやイギリスで懸命な交配が行われたことにより、当時の姿とは異なる現在のロシアンブルーの姿へと生まれ変わりました。 。

ロシアンブルーの容姿

エメラルドグリーンのまん丸の目がロシアンブルーの最大の特徴と言えますが、子猫のときにはうっすら青みがかっているような目をしています。そして、大人になるにつれ、鮮やかなエメラルドグリーンの色に変わっていきます。 また端正な顔つきをしており、鼻筋がまっすぐに通り、高い鼻をしています。口元が膨らんでいるため、他の外観と伴い、高貴な微笑みを浮かべているように見え、それを「ロシアンスマイル」とも呼ばれています。 被毛は美しいブルー(若干青みがかったグレイ)で、ティッピング(1本の毛に数色の色が含まれていること)があり、光の加減によって全身が銀色に光り輝いて見えます。また柔らかい高価な絨毯のようになめらかな手触りです。ブラッシングは一日一回程度で充分で、優しくなでるようにブラッシングを行いましょう。この美しく輝く被毛ですが、密集したダブルコートなので寒さには比較的強いですが、その分、夏の暑さには弱いため、室温調節をしっかりと行うことが大切です。

ロシアンブルーの性質

ロシアンブルーの性格は犬のようだとよく言われますが、それは他の猫種に比べて忠誠心が高いということから、そのように言われています。また「ボイスレスキャット」と称されるくらいに声が小さく物静かなため、初めて猫と暮らされる方にも飼いやすいとされています。しかしながら飼い主に対して忠誠心を持つ反面、人見知りをし、シャイで神経質です。飼い主と穏やかに過ごすことを望む猫ですので、来客がある場合や人混みなどに連れて行く場合、見知らぬ人間に警戒心を抱き、大きなストレスを与えることになってしまいますので注意しましょう。

猫の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。

ペット保険の契約対象となる猫種・品種について

当社のペット保険は、猫種による保険料の違いがありません。
また、「ペット保険取扱の猫種分類表」に契約実績のある猫種をまとめていますが、未記載の猫種であっても保険料は同じです。