わんにゃん健康ノート

MOKA くん

Profile

002.

MOKA くん

スコティッシュフォールド 2歳

とっても素敵な猫ちゃん仕様のお家でのんびり暮らすMOKAくんは、遊ぶことが大好きなスコティッシュフォールドの男の子。一緒に暮らす先輩猫のルリちゃん(アメリカンショートヘア・13歳・♀)とは仲良しなものの年齢差もあり、現在片想い中...だそう (笑)。昔から猫を飼い続けてきたというベテラン飼い主の関さんにお話を伺いました。

アイデア満載の空間作りで猫大満足!!

折れ耳にまんまるな瞳のMOKAくん。子猫の頃からかわらないその可愛らしいまなざしが関さんのハートを射止めてしまったそう!
私たち取材スタッフもそのつぶらな瞳と愛らしい仕草にメロメロ...。人なつこい性格で、突然の来客を嫌がる様子もなく、お気に入りのおもちゃで遊ぶキュートな姿も見せてくれました。

先輩猫のルリちゃんと過ごすおもしろカワイイ日々が垣間見える大人気のブログ「MOKAです!withRURI」( http://blog.livedoor.jp/zinta_2010/ )は、MOKAくんがやってきた頃から「2匹の成長記録に...」とご夫婦で始められたそうです。

そのブログでも紹介されている<工夫が凝らされた猫ちゃんたちのための室内空間>を実際に拝見し驚嘆。キャットウォークやキャットタワーだけにとどまらず、ベランダとリビングを自由に行き来できるように、網戸を活用したキャットドアまで自作されていました。

なかでも特に感心したのが天井の隅に設置されたミラー。人の背の高さを優に超える天井に近い場所でくつろぐ2匹の様子を、下からでも観察できるようにと置いてあります。

猫ちゃんたちが快適に暮らすためにさまざまなアイデアが盛り込まれたプロ顔負けの手作りインテリアから、猫ちゃんたちへの深い愛情が伝わってきました。

小さい頃のMOKAくん、可愛すぎです♪

小さい頃のMOKAくん、可愛すぎです♪

お手製のキャットウォーク&キャットタワーからMOKAくん登場

お手製のキャットウォーク&キャットタワーからMOKAくん登場

網戸に取り付けられたキャットドアもなんとお手製

網戸に取り付けられたキャットドアもなんとお手製

くつろいでいるところを邪魔することなくミラーで確認できます

くつろいでいるところを邪魔することなくミラーで確認できます

年齢差のある2匹。それぞれの生活リズムを尊重

11歳の年齢差があるMOKAくんとルリちゃん。MOKAくんがやってきたころはルリちゃんは少し迷惑そうな様子も見せたそう。

2匹目を迎える場合、性格の相性だけでなく年齢的な部分も考慮するのが一般的なポイントですが、関さんのお宅の場合は、ルリちゃんが攻撃的になることもなく、現在ではそれぞれが自分にとって快適なお気に入りスペースを確保し、ほどよい距離感で暮らしているようです。

年齢ステージが大きく異なる2匹の場合、どのようなことに気をつければいいのか伺ってみました。

「確かに年齢によるライフスタイルの違いはありますね。MOKAはよくおもちゃで遊びますが、ルリはほとんど遊びません。ルリはもう13歳という年齢からか、午前中はほとんど寝て過ごすことが多くなりました。工夫...というほどではありませんが、とにかく好きな場所で可能な限りストレスなく過ごしてもらえるようにしています」。

そう話しているときも、MOKAくんはキャットウォークの上でのびのびと過ごし、ルリちゃんはお気に入りのチェアの上でウトウト...。

思わず「なるほど!」と大きくうなずいてしまいました。

先輩猫のルリちゃんと。並ぶとこんなに小さかったんですね!

先輩猫のルリちゃんと。並ぶとこんなに小さかったんですね!

ルリちゃんは取材中もずっとお気に入りのチェアの上でウトウト

ルリちゃんは取材中もずっとお気に入りのチェアの上でウトウト

ルリちゃんの若い頃。かなりの美猫さんです

ルリちゃんの若い頃。かなりの美猫さんです

小さい頃のMOKAくん。元気いっぱいで網戸に張りついちゃったり!?

小さい頃のMOKAくん。元気いっぱいで網戸に張りついちゃったり!?

定期的にワンニャンドックを受診

空間作りも生活スタイルも猫想いな関さんは、もちろん健康にも気配りされていて、「ごはん大好き!なMOKAは現在4.3kgなんですが、動物病院の先生に"理想体重3.7kg"と言われ、現在ダイエットに励んでいます。また2匹とも人間ドックならぬワンニャンドックも受診しています。MOKAの体重以外には特に問題はなく、健康そのもの」と。しかも日々歯みがきにも励み、猫ちゃんにはまだまだ珍しい「口腔内ケア」にも力を入れているそうです。

でも!そんな元気いっぱいのMOKAくんは動物病院はちょっと苦手なんだそう。なぜなら家では嫌がってなかなかさせてくれない「爪切り」が待っているから。そんなMOKAくんを動物病院に連れて行くときは、素知らぬふりをして室内にキャリーバッグを出しておいて、自分から自然に入るのを待つんだそう。

「キャリーバッグは出発直前ではなく、何時間も前に出しておくことがポイントです。いつもと違う行動はできるだけ避け、とにかく警戒されないようにします。無理やり入れるのではなく、興味を持って自ら入ってもらいましょう!」

キャリーバッグに猫ちゃんを入れるのがひと苦労という飼い主さんは、ぜひ参考にしてください!

愛情はなかなか目に見えるものではありませんが、時間を惜しまず手間をかけて作り出された素敵な空間を通して、MOKAくんとルリちゃんにもきっと届いているはず。関さんのそばでリラックスする2匹の姿が、そう感じさせてくれました。

お気に入りのおもちゃで遊ぶMOKAくん

お気に入りのおもちゃで遊ぶMOKAくん
MOKA くん プロフィール写真
名前
MOKA くん
種類
スコティッシュフォールド
年齢
2歳
性別
体重
4.3kg
同居動物
有・猫(アメリカンショートヘア・♀・13歳)
大好きなこと
お気に入りのおもちゃで遊ぶ!
Blog
MOKAです!withRURI

獣医師さんのワンポイントアドバイス

2歳のスコティッシュフォールドのMOKAくん、きっととても可愛い盛りでしょう。ブログを拝見しても、ルリちゃんととも見せてくれるさまざまな表情が本当に愛らしいです。

この種は折れ耳と丸い顔が特徴的で、性格も明るく人なつこく飼いやすいためとても人気があります。

けれどもその反面、この魅力を作り出すために生じてしまった遺伝的な疾患で多くのスコちゃんの飼い主さんが苦しんでいることも事実です。

この種の折れ耳は優性遺伝ですが、折れ耳の個体だけでは成り立たず、常に立ち耳の個体との交配を前提としています。

折れ耳は耳の軟骨が曲って育つために起こるのですが、耳以外にも手足や尾やそれ以外の部分に出ることもあります。

ひどい場合は「骨瘤(こつりゅう)」となり痛みをともない、進行すると断脚などを行わななければいけないケースもあります。

いずれにしても定期的な健診が早期発見につながります!

とにかくMOKAくんが健康に育ってくれているようで本当に良かったです。

これからも毎年のワンニャンドック受診や歯みがきなどで健康を維持していってくださいね。

高須覚院長

HANA-PECHA Animal Clinic
(ハナペチャアニマルクリニック)

高須覚院長

ペットサポートの『PS保険』
Copyright © 2010-2017 Pet Medical Support. All Rights Reserved.