2020年7月度月間 高額お支払い事例
[掲載日]

事例 種類 病気・怪我の種類 お支払い金額
1 小型犬 異物誤飲、眼科疾患 ¥598,900
2 小型犬 胆嚢粘液嚢腫・副腎皮質機能亢進症・甲状腺機能低下症、腎結石・腎不全 ¥449,200
3 小型犬 右十字靭帯損傷 ¥414,800
4 小型犬 椎間板ヘルニア、脳腫瘍 ¥410,800
5 炎症性疾患 ¥380,000

※お支払い金額は1回の請求ベースで掲載しております。
※個別の契約に関してはお答えできません。個人が特定できない範囲で情報を掲載しています。

請求書類到着日から
着金するまでの日数
平均
6.52

※2020年7月1日~2020年7月31日に保険金支払手続きを行った事案
※保険金請求書類が整った日の翌日から起算してお客さまの口座に振り込まれる日までの実日数(土日祝日を含みます)

一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

[追記日] 2020年10月27日

平均的なお支払い事例

保険金のお支払いは、上記のように高額なものに限りません。次に、平均的なお支払い事例としてペットの歯科診療をご紹介します。

事例 種類 病気・怪我の種類 お支払い金額
1 小型犬 歯科疾患 ¥33,100

高額診療「犬の前十字靭帯損傷」を獣医師が解説

2020年7月度の高額保険金お支払い事例で取り上げた「小型犬の前十字靭帯損傷」の診療内容について、当サービス『獣医師ダイヤル』を担当されております「電話どうぶつ病院Anicli24」院長、三宅亜希先生にご解説いただきました。

前十字靭帯損傷とは、どんなケガなのか

前十字靭帯は膝にある靭帯で、大腿骨と脛骨をつないでいます。前十字靭帯損傷は、人の場合、事故による外傷で起こることが多いようです。しかし、犬の場合、純粋な外傷性前十字靭帯損傷は若い年齢で起こることがあるものの、多くは加齢とともに変性する前十字靭帯によって発生すると考えられています。この変性した前十字靭帯が、外傷により損傷したり、慢性的に少しずつ損傷したりするのです。前十字靭帯の損傷が、部分的な断裂なのか完全な断裂なのかにより、症状の程度は異なりますが、愛犬が痛みを訴え、後ろ肢の跛行(正常ではない歩行)が起こります。

前十字靭帯損傷は大型犬で多く見られ、ニューファンドランド、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、セント・バーナードなどが好発犬種(その病気にかかりやすい犬種)として挙げられますが、中型犬、小型犬でも起こります。特に、膝蓋骨脱臼(膝のお皿が正しい位置からずれてしまう疾患)を併発して前十字靭帯損傷が起こることが多く、この場合では、先天的に膝蓋骨脱臼を起こしやすいトイ種(チワワ、ポメラニアン、マルチーズ、ヨークシャー・テリア、トイプードルなど)でリスクが高まります。

また、肥満や膝にできる腫瘍などが前十字靭帯損傷の要因になることもあります。

犬の前十字靭帯損傷について詳しく

事例の犬の前十字靭帯損傷の通院日数、入院日数、手術回数について

犬種 小型犬
傷病名と発症箇所 前十字靭帯損傷(右後肢)
通院日数 4日
入院日数 14日
手術回数 1回

※上記の数値は、PS保険加入者さまからご請求されたものであり、ペットメディカルサポート株式会社が補償する範囲を示すものではありません。また、平均や水準を示すものでもありません。

犬の前十字靭帯損傷の診療内容

※下記の診察内容は、犬の前十字靭帯損傷の一般的な診療内容についての記述になり、PS保険にご請求いただいた事案の診療内容とは異なります。

検査

問診、視診

飼い主さんに症状が始まった時期やきっかけ、日常生活での様子、既往歴の有無、薬の投与歴などの問診を行い、犬の体格、四肢の位置、体重のかけ方、座り方、筋肉のつき方などを観察します。

歩行検査

ゆっくり歩いたり、速足で歩いたりなど、犬の歩行の状態を観察します。

触診、整形外科学的検査

犬の関節の腫れや熱感の有無、肢の変形の有無、筋肉のつき方などを診ます。これによって、関節が動く範囲、関節の不安定性、脱臼の有無、痛みの有無などを確認します。

画像検査

以上の検査で犬に前十字靭帯損傷が疑われたら、レントゲン検査を行います。前十字靭帯はレントゲン検査で写りませんが、関節の変形の有無を確認したり、骨の位置から前十字靭帯断裂があるかどうかを推測したりします。また、ほかの疾患(骨折、腫瘍など)を除外する目的もあります。
前十字靭帯損傷を診断するために、CT検査やMRI検査を追加で行うこともありますが、これらの際は全身麻酔が必要です。

関節液検査

関節の中にある関節液という液体を採取し、その性質を調べます。この検査により、ほかの疾患(免疫介在性疾患、腫瘍など)を除外します。

関節鏡検査

関節鏡という特殊な機械を使用して、犬の関節内を観察し、診断することもあります。膝に小さな穴を開け、そこからカメラの付いた細い管を挿入し撮影します(胃カメラを飲んで胃の中を撮影するのと似ています)。これにより、前十字靭帯の損傷程度を確認することができます。この検査には全身麻酔が必要です。

治療法

犬の前十字靭帯損傷では、外科治療が第一選択ですが、場合によっては内科治療で経過を見ることもあります。

内科治療

内科治療では、炎症を抑える薬を使用し、完全なケージレストを行います。特に小型犬では、内科治療により改善が期待できることもありますが、症状に変化がなかった場合は、外科治療に移行します。

※ケージに犬を入れ、動きを制限して安静を保つこと。

外科治療

外科治療では、前十字靭帯の損傷により不安定になった膝関節を安定させる手術を行います。この術式は数種類あり、前十字靭帯の損傷の状態、変形性関節症の有無、犬の状態などから総合的に判断して決定されます。ただし、断裂した前十字靭帯を再建する手術は獣医療において行われていません。

なお、外科治療は全身麻酔下で行うため、全身麻酔を安全に行えるのかを確認する必要があり、術前検査として血液検査や胸のレントゲン検査を行います。

予後

術式によって予後も異なりますが、通常は手術から2週間後に抜糸を行い、術後1か月程度は膝への負担がかからないようなるべく安静に過ごし、術後2か月くらいから徐々に運動をし始めます。抜糸までの間にどれだけ安静に過ごせるかがとても重要なため、自宅で愛犬を安静にすることが難しい場合では、術後の入院期間が長くなることがあります。また、術後に患部の腫れや痛みがある場合は内服が必要になるため、定期的な診察を行い、経過を観察します。

まとめ

前十字靭帯損傷は、犬の後肢に起こる跛行の原因として珍しくない疾患であり、かかりやすい犬種は存在するものの、どの犬種でも起こるおそれがあります。また、受傷から治療までのスピードが重要ですので、愛犬の歩き方に少しでも違和感を覚えたら、病院を受診し、必要に応じて詳しい検査を受けるようにしましょう。
ベストな治療は外科手術であり、診療費が高額ではありますが、適切なタイミングで適切な治療を受けることで、犬は痛みから早く解放され、通常どおりお散歩やお出かけなど日常生活を楽しむことができるようになります。

執筆者プロフィール

三宅亜希 先生

獣医師。日本で唯一の電話相談専門病院である「電話どうぶつ病院Anicli24」院長。電話による24時間365日の相談、健康診断や未病予防の啓蒙、獣医師向けのホスピタリティ講演などを中心に活動。