ペット保険に加入するメリット2「こんなことも補償されます」

ペット保険に加入していると、意外な内容も補償される場合があります。

基本となる、通院・入院・手術の補償以外に、ペット保険商品によって、それぞれ個性的な補償がついているものも見つかります。

こちらでは、そういった補償内容についてご紹介いたします。

※このページで以下に取り上げる内容には、PS保険で補償されない内容も含んでいます。十分にご確認ください。

賠償責任補償

万が一愛犬、愛猫が、人や動物に襲いかかったりしたさいの賠償を行うときに、その費用の一部を補償するものです。

小型犬や猫には必要のない補償かもしれませんか、大型種のペットオーナーさんは、ご確認してもいいかもしれません。

チェックポイント「他の保険にセットされていませんか?」

他の損害保険(火災保険、傷害保険、自動車保険 など)には「個人賠償責任保険特約」または「日常賠償責任保険特約」といった特約がセットされています。

愛犬、愛猫が万が一危害を加えるようなことがあっても、ペット保険以外の損害保険でカバーできる場合も多くあります。

車イスの補償(ペット用)

近年、ペット用車イスの普及が進んでいます。

走れなくなること、歩けなくなること、飛び跳ねられなくなることは、愛犬や愛猫にとって、非常に大きなストレスになります。

車イスは、そういったペットのストレスを和らげて、本来の活動に近い状態を作ってあげることができます。

PS保険では事故で歩行が困難になった場合、ペット用の車イスにかかる費用に補償されます。

詳細は「PS保険の特長ページ」をご覧ください。

ペットセレモニー費用

ペットの火葬や、お葬式(セレモニー)にかかる費用の一部が補償されます。

考えたくはないですが、愛犬・愛猫との別れは、かならずやって来ます。

その際に、セレモニー費用の一部を保険会社が負担します。

考え方によっては、最期までペット保険を続けた方へのペット保険会社からのお礼とも言える補償です。

こうしてみると、各社、ユニークな補償をセットしています。

似たような補償内容でどのペット保険に入るか決めかねた際は、ユニークな補償内容できめてしまうというのも良いかもしれません。