ボルゾイ

ボルゾイの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

borzoi.jpg

ボルゾイのかかりやすい病気やケガとペット保険

ボルゾイは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

ボルゾイは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。
保険料については、「お見積り」から、大型犬と年齢を選択するだけでご参照いただけます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

ボルゾイとは

ボルゾイはロシア原産の大型のサイトハウンドです。

サイトハウンドとは視力に優れ、視力により獲物を追跡する俊敏な猟犬を指します。

また、ボルゾイは9世紀にもわたり、ロシアの文化と歴史に重要な役割を担ってきたと言われています。

11世紀のフランスの年代記によるとロシアの大公の娘がフランスの王様アンリ一世に嫁入りする際に3頭のボルゾイが連れてこられたと記されています。

ボルゾイは元々貴族のオオカミ狩りの狩猟犬として活躍していました。

そのためロシアン・ウルフハウンドと呼ばれていたのですが、1936年にロシア語で「迅速」を意味するボルゾイに改名されました。

しかしロシア革命後、貴族社会の崩壊によってかなりの数のボルゾイが始末されてしまいました。

それにより一時的にボルゾイは絶滅の危機もありました。

しかし、ロシア革命(1917年)以前のロシア皇帝は、歴訪する他国の王族たちにボルゾイをしばしば贈っていたのです。

そのため絶滅の危機を回避することができました。

その後様々な国で今日のボルゾイまで発展し、現在ではその優美な外見から世界中の人から人気な犬種となっています。

ボルゾイの容姿

ボルゾイは高貴な容姿が魅力な犬種となっております。

体高は雄:75-85cm、雌:68-78cm が理想とされている大型犬です。

丈夫な骨格構成をしていますが、重量感があるわけではなく、ボディは細く引き締まっており、アーチ型をした背のラインをしています。

また、そのスリムなその空気抵抗の少ない体型と長い足で、時速50kmで狼より速く走ることができます。

ボルゾイはウェーブのかかった被毛がエレガントで魅力的な犬種でもあり、毛の色はブラウンとブルーの色調の毛色を除いた、あらゆる毛色の組み合わせがあります。

ボルゾイの特長

ボルゾイの性格は大変人間に忠実でおとなしく、大きな身体からは想像がつかない程のおおらかな心を持った人懐っこい性格の犬種です。

初対面の人間や犬に対しても礼儀正しく、良い印象を抱かせます。

吠え癖や噛み癖が殆どなく十分飼育しやすい犬種といわれており、一度信頼を置いた相手にはひたすら忠誠心を持ちますので、深い信頼関係を保つことが出来ます。

ボルゾイは知性が大変高い犬種ですので、飼い主の言葉の理解力や自分で物事を考えて判断する能力とのバランスが長けていますので躾もしやすいです。

しかし、飼育するのは十分な運動量が必要となります。

時間をかけて散歩をするだけでもいいのですが、可能であれば散歩だけでなく、広々とした芝生の上を思い存分走らせてください。

走れる時間を最低でも1週間に1度は設けてあげることが大切です。

運動不足による足腰の筋肉の衰えや、走れないことによるストレスで問題行動を起こしたり、体調を崩したりしてしまうこともあります。

また、毛は長く、抜ける量も大変多いので日々のブラッシングはとても大切になります。

美しい毛並みを維持するためにも週に2〜3回お手入れはしっかりしてあげましょう。

原産国がロシアになりますので耐寒能力は高いですが、寝床には暖かい布団を敷いて風邪をひかないように健康管理に気を配ることが大切です。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。

なお、猫の保険料については、品種による違いはありません。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。