プーミー

プーミーのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

プーミー

プーミーのかかりやすい病気やケガとペット保険

プーミーは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

プーミーは、当社の「犬種分類表」から中型犬に分類されます。
保険料については、「お見積り」から、中型犬と年齢を選択するだけでご参照いただけます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

プーミーとは

プーミーとはハンガリーを原産とするテリアタイプのハーディングドッグになります。

プーミーは1600-1700年代のハンガリーでハーディングドッグとして活躍していたプーリーが原産となっています。

この時代に西ヨーロッパの民族がハンガリーに流入し、プーリーとフランス・ドイツの直立耳のスピッツ犬やテリアを交配し作出されたのがプーミーです。

ハンガリーではいまでもハーディングドッグとして活躍しているほど優秀な犬で、大型の動物をハーディングする事ができます。

また、嗅覚がとても優れています。 スタンダートが始めて作られたのは1935年で、ベルギーが本拠地のFCI(国際畜犬連盟)に公認されたのは1966年になる比較的新しい犬種になります。

日本ではまだ珍しい犬種で登録頭数が少なく、まったく登録されていない年もあります。

プーミーの容姿

プーミーは体長と体高が等しいスクエアタイプのボディを持っています。

雄は体高が41-47cm 体重が10-15kg、雌は体高が38-44cm 体重が8-13kgの中型犬になります。

プーミーは頭にテリアの特徴が見られ細長い口吻や、耳の先端の3分の1が前方に曲がってます。

基本的に落ち着きのない犬なので耳は常に高い位置にあります。

目は卵型でダーク・ブラウンの切れ長の目も持っています。

尻尾は巻き尾でお尻のうえで巻いています。尻尾の毛には下毛がなく、ワイヤー状に開立しています。

被毛はウェーブ状の巻き毛になります。

巻き毛はプードルのように房を形成しますが、プーリーのように縄状ではありません。

どちらかというと4cm-7cmほどの中位の長さになります。

ダブルコートで弾力があり、むく毛とよばれる長くふさふさして垂れている毛が密生して生えています。

上毛はしっかりとしており、下毛は柔らかい被毛になります。

耳には保護毛が生えておりワイヤー状で上向きに密生しています。

色は様々ありますが単色のみになりますグレー・ブラック・フォーン・ホワイトなどがあります。グレーの毛色の場合、子犬時がブラックで序所にグレーになっていきます。

JKCではチョコレート色の被毛は認めていません。

プーミーの性質

プーミーは非常に快活で勇敢ですが、落ち着きのないハーディングドッグとなります。

そのため常に動いており直ぐに作業に入れる体制ができています。

好奇心旺盛で遊び好きなため、長時間あそんでいられますし興味があると飛んでいってしまったりします。

テリアの血がはいっていますので気が強いこともあり、見知らぬ人に対して警戒心をもつこともあります。

また、興奮しやすい所もありますのでそういったところに気を使ってしつけを行なってあげましょう。

また、落ち着きが無く、周囲に敏感なためちょっとしたことで吠えたりしてしまいます。

集合住宅地での飼育は向きません。

吠えることに対してはある程度の理解が必要になります。

また、運動量が多く毎日の散歩は欠かせません。ドックランなどに行って思いっきり走らせてあげてください。

また被毛は絡まりやすいので定期的にブラッシングをしてあげてください。

スリッカーで毛玉をといてあげる際は皮膚を傷つけないように十分注意してあげましょう。

また、換毛期には多めにブラッシングを行なってあげましょう。

プーミーは見た目がぬいぐるみの様でとてもかわいいですが散歩が多くなどちょっと手のかかる犬種になります。

飼育する際はきちんと理解した上で飼育しましょう。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。

なお、猫の保険料については、品種による違いはありません。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。