シー・ズー

シー・ズーは、ふわふわの被毛とクリッとした大きな瞳、ぺちゃっとつぶれた鼻が特徴的で可愛らしく、人懐っこく愛嬌のある性格から、とても人気が高く、日本での飼育頭数は9,371頭となっております。(参照 一般社団法人ジャパンケネルクラブ 2014年犬種別犬籍登録頭数より)。
しかしながら、シー・ズーの特徴である容姿や体質から脂漏性皮膚炎や乾燥性角膜炎、気管虚脱などといった疾患を発症することが多い犬種ともいわれています。
PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてシー・ズーのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

シー・ズーのかかりやすい病気やケガとペット保険

シー・ズーは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

シー・ズーは、当社の「犬種分類表」から小型犬に分類されます。
保険料については、「お見積り」から、小型犬と年齢を選択するだけでご参照いただけます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

PS保険でのシー・ズーのご請求事例

お支払いの例で挙げさせていただいた約14万円という事例は決して大げさな事例ではなく、当社にご請求頂いた内容(ご契約者さまが動物病院にお支払いした治療費)では約39万円というものが最高金額としてございました。

事例 都道府県 ケガ・病気の種類 お支払金額
1 千葉県 炎症性腸炎・リンパ腫 ¥392,900
2 東京都 網膜剥離(両目) ¥334,200
3 京都府 肺炎・慢性胃炎・幽門肥厚・膀胱結石 ¥323,400
4 大阪府 胃がん ¥300,400
5 静岡県 胱炎・尿道閉塞・膀胱結石 ¥263,100

※こちらは当社ご契約者様が実際にご負担になった診療費であり、弊社がお支払いした保険金ではございません。

シー・ズーの特徴

シー・ズーとは

シー・ズーの確かなルーツは明らかではありませんが、チベット原産の犬種といわれており、寒冷地の犬種なため長い毛で覆われ暖かそうな外見をしていることが特徴的です。また中国の皇帝や貴族のペットとして大切に飼育されていることが多かったということが広く知られています。
シー・ズーという名前は、仏教の影響があった中国で最も尊ばれていた動物「獅子」が由来となり、『獅子狗(シー・ズー・ゴウ)』と呼ばれるようになりました。
1930年代に初めてイギリスへと渡り、1960年代にアメリカで人気が出たことで全世界に人気が広がるようになりました。その流れを受けて、日本でも多くの家庭で飼育される人気の犬種となりました。

シー・ズーの容姿

シー・ズーはクリッとした大きな瞳とぺちゃっとした鼻、全身を覆うふわふわとした被毛が特徴的な犬種です。寒冷地原産の犬種であるため、ほおっておくと被毛はとても長くなります。日本の気候は暖かいため、被毛が長いままだと、シー・ズーにとっては暑すぎる環境になってしまいます。よって、定期的にトリミングを行う必要があります。また眼が大きくて可愛らしいですが、その大きさから眼球を傷つけてしまうことが多くあります。飼い主が日頃から目をよく観察することや、目に毛が入らないように、目の周辺の毛をマメにカットするなど、気を付けてあげることが必要です。
また長くしなやかな被毛なため、毛玉ができやすい犬種でもあり、毎日のこまめなブラッシングは欠かせません。しかしながら毛は抜けにくいので、家の中で飼っていても毛で汚れるようなことにはならないため室内で飼いやすい犬種といえます。
毛色はゴールド&ホワイトやブラック&ホワイトなど2色や3色のパーティーカラーが多く見られますが、ブラックやホワイト、オレンジの単色など、多彩に存在します。またシー・ズーの毛色は生まれてから変化していくことが多く、この毛色の変化もシー・ズーの特徴のひとつといえます。

シー・ズーの性質

シー・ズーの性格は基本的に穏やかで人懐っこくマイペースなことが特徴です。時々、癇癪を起こすこともあるといわれていますが、それもシーズーの一つの魅力になっています。
無駄吠えも少なく室内で静かに飼うことができること、そして人懐っこいということから初めて犬を飼う方や、子どもや高齢者の方がいらっしゃるご家庭でも安心して一緒に暮らすことができます。しかしながら、頑固な一面もあるため、しつけは一貫性をもって行うことが重要といえます。
小柄な犬ではありますが、毎日の運動は欠かさず行う必要があり、1日1回は散歩に連れて行きましょう。
気を付ける点としては、高温多湿の環境で暮らすことが苦手な犬種ため、屋外での飼育にはあまり向いていません。また夏場の散歩は、時間帯を調整するなど工夫をすることが大切です。

犬の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。

なお、猫の保険料については、品種による違いはありません。