膀胱結石

膀胱結石は尿路結石の中で最も発症頻度が高く、細菌性膀胱炎に引き続いて起こる場合もあります。

膀胱結石にかかりやすい犬種

結石の種類によってなりやすい犬種が異なります。

犬の保険について

犬の膀胱結石の症状

頻尿や失禁、結石によって膀胱壁が傷つけられることにより血尿が見られます。

また、膀胱の出口や尿道が結石によって閉塞すると、尿が排出されず尿毒症になったり、膀胱が破裂してしまう危険もあります。

原因として

結石には、ストルバイト、シュウ酸カルシウムなど、いくつか種類がある為、尿路感染、遺伝的素因、食事(カルシウムやマグネシウムなどの過剰摂取)など原因はさまざまです。

発見するには

頻尿や血尿などで発見されることが多いのですが、普段の排尿状況を知らなければ、発見が遅れてしまうことがある為、普段から注意して観察すると良いでしょう。

また元気消失や発熱なども認められるため、さまざまな病気のチェックも兼ねて日々のスキンシップが大切です。

予防

水分摂取量が少ないと、濃縮尿から発生リスクが上がる可能性がある為、しっかりと水分を摂る事が重要です。

しかし硬水のミネラルウォーターは結石の原因物質を過剰摂取することにつながるため、決して与えないでください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問合わせ下さい。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。