アメリカン・ピット・ブルテリア

アメリカン・ピット・ブルテリアの保険料

50%

70%

100%

大型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,740円 1,900円 20,030円 21,890円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,590円 2,750円 29,820円 31,690円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
3,190円 3,350円 36,800円 38,660円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

目次

アメリカン・ピット・ブルテリアのかかりやすい疾患や、特徴についてご紹介します。

ペット保険にご加入を検討中の方や、これから家族に迎え入れられる方はぜひご覧ください。

アメリカン・ピット・ブルテリア

アメリカン・ピット・ブルテリアのかかりやすい病気やケガとペット保険

アメリカン・ピット・ブルテリアは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

アメリカン・ピット・ブルテリアは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

アメリカン・ピット・ブルテリアの特徴

アメリカン・ピット・ブルテリアとは

アメリカン・ピット・ブルテリアは通称ピット・ブルと呼ばれる、アメリカ合衆国が原産の闘犬になります。

AKC(アメリカン・ケネルクラブ)とJKC(ジャパン・ケネルクラブ)ではこの名前では登録はできません。

UKC(ユナイテッド・ケネルクラブ)またはADBA(アメリカン・ドッグ・ブリーダーズ・アソシエイション)では登録が可能となります。

アメリカン・ピット・ブルテリアの祖先は1870年ごろにイギリスから輸入された闘犬用のスタッフォードシャー・ブル・テリアと言われています。

これにブルドッグなどを交配させて作出されたといわれていますが詳細は不明とされています。

18世紀までは、【ブル・ベイティング】という雄の牛と犬を戦わせる見世物が流行っていました。

現在では動物愛護法により禁止されていますが、違法な賭博を伴う闘犬は秘密裏に行われて、このためにアメリカン・ピット・ブルテリアは最強の闘犬として頑丈な体と強い攻撃性を持った犬として作出されました。

その一方でしっかり訓練されたアメリカン・ピット・ブルテリアは作業犬として優秀で、食肉目的の畜産家の中では外敵(クマや狼など)から家畜を守ったり、屠殺の際の作業の補助を行ったりすることもありました。

しかし、攻撃性が高い性質を利用され、違法な賭博を伴う闘犬に利用されるようになり攻撃性の強い個体が繁殖されていきました。

現代のアメリカン・ピット・ブルテリアも攻撃性の高い犬として有名で、アメリカのCDC(Centers for Disease Control and Prevention)の調査では1979-1998年の20年間における犬が原因とする人の死亡事故の犬種別の第一位がアメリカン・ピット・ブルテリアで27%を占めています。

そのため、一部では輸入禁止の国も存在し、飼えたとしても法律で飼育方法が制定されているところもあります。

しかし、その一方でしっかりしつけを行えばとても忠実でよいパートナーになるともいわれており、マーク・トウェイン、トーマス・エジソン、T・ルーズベルト大統領、ヘレン・ケラーなどの著名人の愛犬として有名です。

また、アメリカの有名なドッグトレーナーであるシーザー・ミランの相棒ダディもアメリカン・ピット・ブルテリアで、シーザー・ミランの「Dog Whisperer with Cesar Millan」という危険な犬や制御不能な問題犬を次々と訓練していく番組ではシーザー・ミランの右腕と活躍していました。

アメリカン・ピット・ブルテリアの容姿

アメリカン・ピット・ブルテリアは体長が体高より長く、すこし足の短いどっしりとした体格をしています。

全体的に筋肉が発達していて力強い外貌をしています。

体高は46-56cmほどといわれており、体重は雄で16-30㎏、雌で14-27㎏あり、中型犬から大型犬に分類されます。(団体や会社によって基準は異なります)

闘犬として作出されたので大きくて頭部に短い鼻、強くて大きい顎に小さい目をもっています。

耳はたれ耳です。

耳や尻尾は断耳されたり断尾されたりすることもあります。(欧米では動物虐待に該当するため禁止されています)

被毛は短毛のみで色はホワイトやブラック、ブリンドル、タン&ホワイトなど様々な色があります。

アメリカン・ピット・ブルテリアの性格

アメリカン・ピット・ブルテリアは闘犬として作出されましたので、気性が荒く闘争心が強い犬になります。

しかし、これはあくまでも人間にそうさせられてきたという歴史が生んだ性格になります。

本来のアメリカン・ピット・ブルテリアは荒々しいだけの犬種ではありません。

主従関係を大切にする、やさしくて我慢強い犬です。そのためしっかりと訓練としつけを行えばとても優秀な家庭犬になります。

アメリカン・ピット・ブルテリアは被毛も短いですが密生しているのでさらに短頭犬種に該当しますので暑さには弱いです。

また、皮膚も強くないので寒さに弱いです。

飼育する際は温度管理がしっかりできる室内飼育が理想です。

また、アメリカン・ピット・ブルテリアの運動量はとても多いです。

一日2時間ほどは運動が必要になります。

ストレスをためてしまうと家具を破壊するなどの問題を起こす可能性があります。

運動は必須になりますが、ドッグランなどではほかの犬との接触に注意が必要です。

力が強くいため、初対面の犬がいるドッグランなど何があるかわかりません。

事故の発生の危険性もありますので十分に注意しましょう。

どの犬種にもあてはまりますが、しつけや訓練をおこなわなければ問題のある犬となってしまいます。

しかしそれは犬に問題があるのではなく飼い主に問題があります。

アメリカン・ピット・ブルテリアなどの力が強い犬種はしつけをしっかり行い、制御できなれれば飼育する資格はありません。

アメリカン・ピット・ブルテリアは飼育するのは難しい犬種です。ドッグトレーナーなどからしっかり指導を受けながら飼育することをおすすめします。

アメリカン・ピット・ブルテリアの飼い方

最近、自治体によってはアメリカン・ピット・ブルテリアを特定犬種とし、条例で飼育方法に規約を設けている場合があります。

そのため迎える前には自治体に確認し、知識不足や不十分な管理によるトラブルを防ぐため、飼い主さんも正しい知識を身に付けるようにましょう。

アメリカン・ピット・ブルテリアは、股関節形成不全やアレルギー性皮膚炎、チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)、網膜形成異常、動脈管開存症、口蓋裂、尿石症などの病気にかかりやすいため、毎日の様子をきちんと観察し、気になることがあれば早目の動物病院をおすすめします。

また、病気の早期発見・早期治療のために定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

アメリカン・ピット・ブルテリア向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りアメリカン・ピット・ブルテリアは、

  • 股関節形成不全
  • アレルギー性皮膚炎
  • チェリーアイ
  • 動脈管開存症
  • 口蓋裂

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※アメリカン・ピット・ブルテリアは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • アメリカン・ピット・ブルテリアの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
大型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険は、大型犬でも安心して続けられる保険料

2022.12.23

わが家の愛犬は大型犬なので、年齢を重ねるごとに保険料が爆上がりするのがとても不安でした。 でも、PS保険なら、そうした心配がなく、安心して保険を続けられると思いました。 保険金請求が簡単そうなのも良い点です。ほかに悩んでる方にもぜひ薦めたいです。

  • 年代・性別:40代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:2歳
  • 加入プラン:100%補償プラン(乗り換え)

PS保険はペットが高齢になっても保険料があまり上がらないので安心

2022.11.24

2頭の大型犬を他社のペット保険に入れていたが、年齢を重ねると保険料が上がり、保険を続けられなくなった。大型犬を飼っている知人からPS保険が良いと聞き、乗り換えた。

PS保険の保険料は、ペットが高齢になってもあまり上がらないので、安心して入ることができる。

  • 年代・性別:60代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:8か月
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。