オーストラリアン・テリア

オーストラリアン・テリアの保険料

50%

70%

100%

小型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,450円 1,510円 16,740円 17,440円
1,430円 1,490円 16,480円 17,170円
1,430円 1,490円 16,480円 17,170円
1,430円 1,490円 16,480円 17,170円
1,730円 1,800円 19,960円 20,810円
1,730円 1,800円 19,960円 20,810円
1,730円 1,800円 19,960円 20,810円
2,470円 2,560円 28,540円 29,510円
2,470円 2,560円 28,540円 29,510円
2,470円 2,560円 28,540円 29,510円
2,610円 2,840円 30,130円 32,760円
2,610円 2,840円 30,130円 32,760円
2,610円 2,840円 30,130円 32,760円
2,950円 3,560円 34,000円 41,110円
2,950円 3,560円 34,000円 41,110円
2,950円 3,560円 34,000円 41,110円
2,950円 4,050円 34,000円 46,780円
2,950円 4,050円 34,000円 46,780円
2,950円 4,050円 34,000円 46,780円
2,950円 4,450円 34,000円 51,360円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

小型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,150円 2,210円 24,830円 25,530円
2,120円 2,180円 24,430円 25,130円
2,120円 2,180円 24,430円 25,130円
2,120円 2,180円 24,430円 25,130円
2,390円 2,460円 27,560円 28,410円
2,390円 2,460円 27,560円 28,410円
2,390円 2,460円 27,560円 28,410円
3,020円 3,100円 34,790円 35,760円
3,020円 3,100円 34,790円 35,760円
3,020円 3,100円 34,790円 35,760円
3,180円 3,410円 36,720円 39,360円
3,180円 3,410円 36,720円 39,360円
3,180円 3,410円 36,720円 39,360円
3,590円 4,210円 41,440円 48,550円
3,590円 4,210円 41,440円 48,550円
3,590円 4,210円 41,440円 48,550円
3,590円 4,700円 41,440円 54,220円
3,590円 4,700円 41,440円 54,220円
3,590円 4,700円 41,440円 54,220円
3,590円 5,100円 41,440円 58,800円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

小型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,680円 2,740円 30,930円 31,620円
2,640円 2,700円 30,420円 31,110円
2,640円 2,700円 30,420円 31,110円
2,640円 2,700円 30,420円 31,110円
3,020円 3,100円 34,870円 35,720円
3,020円 3,100円 34,870円 35,720円
3,020円 3,100円 34,870円 35,720円
4,040円 4,120円 46,590円 47,560円
4,040円 4,120円 46,590円 47,560円
4,040円 4,120円 46,590円 47,560円
4,280円 4,510円 49,360円 51,990円
4,280円 4,510円 49,360円 51,990円
4,280円 4,510円 49,360円 51,990円
4,850円 5,460円 55,920円 63,030円
4,850円 5,460円 55,920円 63,030円
4,850円 5,460円 55,920円 63,030円
4,850円 5,950円 55,920円 68,690円
4,850円 5,950円 55,920円 68,690円
4,850円 5,950円 55,920円 68,690円
4,850円 6,350円 55,920円 73,280円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

オーストラリアン・テリアのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

オーストラリアン・テリア

オーストラリアン・テリアのかかりやすい病気やケガとペット保険

オーストラリアン・テリアは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

オーストラリアン・テリアは、当社の「犬種分類表」から小型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

オーストラリアン・テリアの特徴

オーストラリアン・テリアとは

オーストラリアン・テリアは、その名前のとおりオーストラリアを原産とする犬種です。

発音の問題からオーストレリアン・テリアと表記されることもあります。

1860年ごろにオーストラリアに移り住んだ始めての移民によって作出されましたといわれています。

ヨークシャー・テリア、ケアーン・テリア、ダンディ・ディンモント・テリア、スカイ・テリアなどが元になって作出されました。

オーストラリアン・テリアの現在の形になったのは1880年代ごろといわれています。

当初、オーストラリアン・テリアは、オーストラリアン・シルキー・テリアとの区別が困難でした。しかし、スカイ・テリアとの交配を停止し、ボディの被毛を5~6cmにして固定したことで現在のような容姿の犬種となったのです。

オーストラリアでは害獣駆除、番犬、狩り、羊の見張りなど様々な作業をこなす犬種として重宝してきたといわれています。

1883年に「オーストラリア・テリア・ラフ・コーテッド」の名称でオーストラリアのメルボルンで設立され、1896年までには犬種標準が確立されました。

その後1933年にはイギリスで公認され、1960年にはアメリカン・ケンネル・クラブに登録されました。

オーストラリアン・テリアの容姿

オーストラリアン・テリアは地低いく、体高より体長のほうがかなり長い短脚テリアになります。

体高は25cm位であり、体重は6.5kg程の小型犬になります。

雄は雌よりも少し大きくなります。

被毛は6センチほどで真っ直ぐなダブルコートで上毛は粗く硬い毛質でアンダーヘアーは短く柔らかいです。

首周りから胸骨までにはラフとよばれる被毛があります。

カラーはまず一番人気のタン・アンド・ブルーがあって、ブルーかスチール・ブルーかダーク・グレー・ブルーで顔、耳、ボディの下部分、脚の下部と足先、お尻(子犬時はその限りではない)はリッチ・タン(渋色、黄褐色、淡い茶色)になります。

頭頂にある頂毛と呼ばれる長い毛はブルーかシルバーになります。

頭頂部全体の色よりより明るいシェード(毛先から中程にかけての色と中程から付け根にかけての色に陰影・濃淡があること)が入っていることが大切になります。

他にもサンディー(砂色)・レッド・タンの単色もあります。

基本的にはカットしない犬種になります。

口ひげはなくスカルとマズルの長さは1:1になり力強いマズルを持っています。

目は小さくたまご型で耳は小さく直立しています。

また、尻尾は垂れ尾ですが断尾され中くらいの大きさになります。

オーストラリアン・テリアの性格

オーストラリアン・テリアはテリア・キャラクターを強く持った犬になります。

そのため、勇猛で決断力があり、集中力のある犬になります。

また、活発で明るく、人懐っこいところもあり、とても遊び好きです。

また、テリアの中では比較的穏やかな気質を持っています。

しかし、興奮しやすいことがありますのでしっかりしつけを行なってあげてください。

オーストラリアン・テリアは頭がいい犬種になりますのでしつけも入りやすいです。

しかしテリアならではの頑固な部分もありますのでそういった場合が根気よいしつけが必要になります。

ただ、テリアになりますのでしっかりしつけを行なわないと事故をおこしてしまうこともありますので注意してください。

オーストラリアン・テリアは小型犬ではありますが元々猟犬になりますので顎の力は強いです。

また、警戒心が強いので自分のテリトリーは大切にします。

番犬にも向いています。

しかし吠える声には注意が必要です。

もともと害獣駆除や狩猟をおこなっていたので追いかけっこなどが大好きです。

遊んであげる際にはゲームみたいな遊びを取り入れてあげるといいでしょう。

屋外で飼育することも可能ですが、主人や家族とのふれあいを大切にする犬なので室内で飼育してあげたほうがよろこびます。

また、トリミングしない犬種にはなりますが被毛のお手入れはしてあげましょう。

オーストラリアン・テリアの飼い方

オーストラリアン・テリアは、小型犬に多く見られる、レッグ・カルベ・ペルテス病という骨が壊死してしまう病気に注意が必要とされています。

そのため歩き方が気になる場合は念のため動物病気へ相談しましょう。

加えてオーストラリアン・テリアは、膝蓋骨脱臼という膝の病気を発症しやすいため、すべりやすい床にカーペットを敷いたり、段差をなくりたりなど膝に負担がかからないような飼育環境を整えるのが大切です。

肥満も関節への負担を増やすため、体重管理にも注意しましょう。

オーストラリアン・テリア向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りオーストラリアン・テリアは、

  • レッグ・ペルテス病
  • 膝蓋骨脱臼
  • 糖尿病

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※オーストラリアン・テリアは、当社の「犬種分類表」から小型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • オーストラリアン・テリアの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
小型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険は通院補償があり、他社と比較して保険料が安く、内容がわかりやすい

2023.2.24

PS保険をおすすめする理由は、保険料の安さと補償のわかりやすさがあるためです。

愛犬の風邪で病院に連れて行き、以前加入していた保険会社に保険金請求をしようとしたら、入院手術専用の保険だったことが判明しました。 通院で使えるペット保険を探したところ、PS保険が該当し、他社のペット保険と比較して保険料が安く、内容が分かりやすかったので切り替えました。

  • 年代・性別:30代 男性
  • ペットの分類:小型犬
  • ペットの年齢:4歳
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

PS保険は小型犬がなりやすい病気をしっかりカバー

2023.2.24

PS保険の良いところは、免責金額がないこと、100%補償があること、対応不可な病気やケガが少なめなこと、年老いた時までの保険料の値上がりが少ないことです!

2頭目のワンコをお迎えした際、足が少し弱いかもしれないとペットショップの方に言われました。 そこで、小型犬のなりうる病気やケガをネットで調べ、先住犬が加入している保険をあらためて確認すると、それが補償対象になっていないことがわかりました。 先住犬の保険の見直しを考え、免責がなく、将来の保険料の値上がりが少ない、補償割合100%があるPS保険に乗り換えました。

  • 年代・性別:30代 女性
  • ペットの分類:小型犬
  • ペットの年齢:4歳
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

多頭飼いの保険料をできるだけ抑えたいからPS保険

2023.2.24

保険は入りたいが、多頭飼いなので保険料はできるだけ抑えたいと思い、補償内容、保険料を考えて、PS保険の加入を決めました。 先住犬2匹は他社のペット保険に入っていますが、保険料が上がってくるタイミングで、PS保険に切り替えるつもりでいます。

  • 年代・性別:40代 女性
  • ペットの分類:小型犬
  • ペットの年齢:6か月
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。