ワイヤー・フォックス・テリアの保険について。補償内容や注意点などを徹底解説

ワイヤー・フォックス・テリアの保険料

50%

70%

100%

小型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,450円 1,510円 16,740円 17,440円
1,430円 1,490円 16,480円 17,170円
1,430円 1,490円 16,480円 17,170円
1,430円 1,490円 16,480円 17,170円
1,730円 1,800円 19,960円 20,810円
1,730円 1,800円 19,960円 20,810円
1,730円 1,800円 19,960円 20,810円
2,470円 2,560円 28,540円 29,510円
2,470円 2,560円 28,540円 29,510円
2,470円 2,560円 28,540円 29,510円
2,610円 2,840円 30,130円 32,760円
2,610円 2,840円 30,130円 32,760円
2,610円 2,840円 30,130円 32,760円
2,950円 3,560円 34,000円 41,110円
2,950円 3,560円 34,000円 41,110円
2,950円 3,560円 34,000円 41,110円
2,950円 4,050円 34,000円 46,780円
2,950円 4,050円 34,000円 46,780円
2,950円 4,050円 34,000円 46,780円
2,950円 4,450円 34,000円 51,360円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

小型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,150円 2,210円 24,830円 25,530円
2,120円 2,180円 24,430円 25,130円
2,120円 2,180円 24,430円 25,130円
2,120円 2,180円 24,430円 25,130円
2,390円 2,460円 27,560円 28,410円
2,390円 2,460円 27,560円 28,410円
2,390円 2,460円 27,560円 28,410円
3,020円 3,100円 34,790円 35,760円
3,020円 3,100円 34,790円 35,760円
3,020円 3,100円 34,790円 35,760円
3,180円 3,410円 36,720円 39,360円
3,180円 3,410円 36,720円 39,360円
3,180円 3,410円 36,720円 39,360円
3,590円 4,210円 41,440円 48,550円
3,590円 4,210円 41,440円 48,550円
3,590円 4,210円 41,440円 48,550円
3,590円 4,700円 41,440円 54,220円
3,590円 4,700円 41,440円 54,220円
3,590円 4,700円 41,440円 54,220円
3,590円 5,100円 41,440円 58,800円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

小型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,680円 2,740円 30,930円 31,620円
2,640円 2,700円 30,420円 31,110円
2,640円 2,700円 30,420円 31,110円
2,640円 2,700円 30,420円 31,110円
3,020円 3,100円 34,870円 35,720円
3,020円 3,100円 34,870円 35,720円
3,020円 3,100円 34,870円 35,720円
4,040円 4,120円 46,590円 47,560円
4,040円 4,120円 46,590円 47,560円
4,040円 4,120円 46,590円 47,560円
4,280円 4,510円 49,360円 51,990円
4,280円 4,510円 49,360円 51,990円
4,280円 4,510円 49,360円 51,990円
4,850円 5,460円 55,920円 63,030円
4,850円 5,460円 55,920円 63,030円
4,850円 5,460円 55,920円 63,030円
4,850円 5,950円 55,920円 68,690円
4,850円 5,950円 55,920円 68,690円
4,850円 5,950円 55,920円 68,690円
4,850円 6,350円 55,920円 73,280円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

ワイヤー・フォックス・テリアの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

ワイヤー・フォックス・テリア

ワイアー・フォックス・テリアのかかりやすい病気やケガとペット保険

ワイアー・フォックス・テリアは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

ワイアー・フォックス・テリアは、当社の「犬種分類表」から小型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

ワイヤー・フォックス・テリアの特徴

ワイヤー・フォックス・テリアとは

ワイヤー・フォックス・テリアとはイギリスが原産国の狩猟犬になります。

かなり古い歴史をもつ犬種といわれていますがワイヤー・フォックス・テリアのルーツについてはわからないといわれています。

元々はねずみなどの害獣を追い払う仕事をしていましたが、18世紀ごろにキツネ狩りに使われるようになりフォックス・テリアとよばれるようになったといわれています。

昔の毛色はキツネ色だったともいわれており、フォックス・ハウンドがキツネを追い、フォックス・テリアを岩場や巣穴で使用したところ、毛色が似ているため誤まって射殺してしまうということがありました。その後テリアにハウンドの役目(獲物を追跡する際や追い詰めるなどの役目)を求められるようになり、ハウンドが交配されトライカラーのスムースが誕生しました。

その後他の犬と交配されワイヤーとなりました。そのためスムース・フォックス・テリアは1862年のイングランドのバーミンガムのショーに出陳されていましたが、ワイヤー・フォックス・テリアはそれから20年ほど経ってからといわれています。

1885年にはワイヤー・フォックス・テリアはアメリカにて登録され、第二次世界大戦時には大人気の犬種となりました。

日本でも安定して登録されている人気犬種になります。

ワイヤー・フォックス・テリアの容姿

ワイヤー・フォックス・テリアはバランスのとれた体つきをしています。

クロディ(背ひくく、胴が太く重い犬)ではなく体高と体長はほぼイコールになります。

雄の体高は39cmほどで雌はそれより低くなります。

また体重は雄で8.25kg程あり、雌はそれよりも少し軽くなります。

PS保険では小型犬に分類されます。

頭部はスカルとマズルのバランスがよく、トップラインはほぼ平らで少し傾斜しています。

耳は小さく、V字型で適度な厚みがあり頬について前に垂れています。

猟犬のため、以前は断尾されていました。

断尻されていないと直立していて適度な長さがあります。

被毛はダブルコートでアンダーコートは短く、柔らかいですが、オーバーコートは名前と通りごわごわした硬い毛が特徴のワイヤー(ブロークンヘアー)です。

長さは肩で2cm、キ甲(肩甲骨上部と第1、第2胸椎が接合する部分)、背中、肋骨、四肢では4cmくらいあります。

特に背中と四肢の毛は他の箇所の毛より堅くなります。

色はホワイトが多く、それにブラックやブラック&タン、タンのマーキングがあります。

いわゆるトライカラーがよく見られます。

ワイヤー・フォックス・テリアの性格

ワイヤー・フォックス・テリアはテリアキャラクターをもった活動的な犬になります。

また、注意深く好奇心旺盛で友好的な性格をしています。

また、猟犬ですので表情が鋭く、動きが俊敏で勇敢なところもあります。

テリアなので噛みぐせや他の犬との接触については注意が必要です。

テリアらしく頑固な性格なのでしつけは容易ではありません。

主従関係をはっきりさせて根気よくしつける必要があります。

見知らぬ人への警戒心がありますので、ケージで待つなどのトレーニングも最低限してあげる必要があります。

子犬のころから他の犬と遊ばせたり、コミュニケーションをとったりすることで社会性はみにつきますので意識してあげてください。

必要な運動量は多く1日一時間程度の散歩は必須になります。

若い時期は体力がありますので2回ほど連れて行ってあげるのが理想です。

ドッグ・ランなど思いっきり走れる時間も必要になります。

運動不足によるストレスは溜まりやすいのでしっかり連れて行ってあげてください。

ワイヤー・フォックス・テリアの被毛のおていれは月に1回-2回のシャンプーと週に3回程度のブラッシングとコーミングで問題ありません。

特徴的な毛質ではありますが長さはありません。

ワイヤー・フォックス・テリアの飼い方

ワイヤー・フォックス・テリアは、被毛の性質上、ホコリやゴミが絡まりやすいため、細菌性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などの皮膚の疾患にかかりやすい犬種です。

そのため、日々のブラッシングや定期的なシャンプーなどで皮膚を清潔に保つようにしましょう。

さらに、ワイヤー・フォックス・テリアはとても活発で、興奮時には無理に体を動かす傾向があります。

ベッドやソファーなど高い所から飛び降りたり、無理な運動をしたりして、強い衝撃で関節に負担がかかるようなすべりやすい床には、絨毯やカーペットを敷いたりベッドやソファーを低くするなど対策をしましょう。

ワイアー・フォックス・テリア向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りワイアー・フォックス・テリアは、

  • 関節炎
  • 白内障
  • 皮膚疾患
  • 肩脱臼
  • 睫毛重生

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※ワイアー・フォックス・テリアは、当社の「犬種分類表」から小型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • ワイヤー・フォックス・テリアの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
小型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険は通院補償があり、他社と比較して保険料が安く、内容がわかりやすい

2023.2.24

PS保険をおすすめする理由は、保険料の安さと補償のわかりやすさがあるためです。

愛犬の風邪で病院に連れて行き、以前加入していた保険会社に保険金請求をしようとしたら、入院手術専用の保険だったことが判明しました。 通院で使えるペット保険を探したところ、PS保険が該当し、他社のペット保険と比較して保険料が安く、内容が分かりやすかったので切り替えました。

  • 年代・性別:30代 男性
  • ペットの分類:小型犬
  • ペットの年齢:4歳
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

PS保険は小型犬がなりやすい病気をしっかりカバー

2023.2.24

PS保険の良いところは、免責金額がないこと、100%補償があること、対応不可な病気やケガが少なめなこと、年老いた時までの保険料の値上がりが少ないことです!

2頭目のワンコをお迎えした際、足が少し弱いかもしれないとペットショップの方に言われました。 そこで、小型犬のなりうる病気やケガをネットで調べ、先住犬が加入している保険をあらためて確認すると、それが補償対象になっていないことがわかりました。 先住犬の保険の見直しを考え、免責がなく、将来の保険料の値上がりが少ない、補償割合100%があるPS保険に乗り換えました。

  • 年代・性別:30代 女性
  • ペットの分類:小型犬
  • ペットの年齢:4歳
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

多頭飼いの保険料をできるだけ抑えたいからPS保険

2023.2.24

保険は入りたいが、多頭飼いなので保険料はできるだけ抑えたいと思い、補償内容、保険料を考えて、PS保険の加入を決めました。 先住犬2匹は他社のペット保険に入っていますが、保険料が上がってくるタイミングで、PS保険に切り替えるつもりでいます。

  • 年代・性別:40代 女性
  • ペットの分類:小型犬
  • ペットの年齢:6か月
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。