フレンチ・ブルドッグの保険について。補償内容や注意点などを徹底解説

フレンチ・ブルドッグの保険料

50%

70%

100%

中型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,850円 1,930円 21,310円 22,230円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 5,300円 38,000円 61,150円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

中型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,760円 2,840円 31,810円 32,740円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 6,020円 46,310円 69,460円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

中型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
3,390円 3,470円 39,160円 40,080円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 7,390円 62,090円 85,240円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

フレンチ・ブルドッグは、とても利口で豊かな表情をしており、また非常に人懐っこく明るい性格なことから飼いやすくとても人気な犬種です。

しかしながら、フレンチ・ブルドッグの特徴的な体型や体質から軟口蓋過長症や鼻腔狭窄、椎間板ヘルニアやなどの疾患にかかりやすい犬種とも言われています。

PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。

PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてフレンチ・ブルドッグのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

伏せをするフレンチ・ブルドッグ ももたくんの写真

フレンチ・ブルドッグ ももたくん

フレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気やケガとペット保険

フレンチ・ブルドッグは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

フレンチ・ブルドッグは、当社の「犬種分類表」から中型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

1. 軟口蓋過長症

軟口蓋とは、上あごの奥にある柔らかい部分のことです。 軟口蓋過長症は、この軟口蓋が生まれつき長く、気道を塞ぎ、呼吸がしづらくなってしまう病気で、フレンチ・ブルドッグなど鼻の短い短頭種に多く発生します。

症状としては、運動するとすぐに疲れてしまったり苦しそうにしたりする様子が見られ、軟口蓋が気道を塞ぐため、息を吸うときに「ブーブー」「ガーガー」といった音が聞こえるのも特徴です。

根治を目指のであれば外科手術による切除が必要ですが、症状を穏やかにするため内科療法を行う場合もあります。

犬の軟口蓋過長症の症状と原因、治療法について

2. 鼻腔狭窄

鼻腔狭窄とは、短頭種で多くみられる病気で、鼻の穴(鼻腔)が狭くなった状態をいいます。

主な原因としては、生まれつき鼻腔が狭くなりやすい短頭種と呼ばれる犬種であること、こうした先天性によるものがほとんどです。

症状としては、外見上から鼻の穴が狭かったり、鼻をグーグーと鳴らしたり、口を開けて荒い呼吸をしたりします。 この病気を患う犬は、少しの運動でも酸欠になりやすかったり、夏には体温調整が難しく熱中症になりやすいので注意が必要です。

犬の鼻腔狭窄の症状と原因、治療法について

3. 椎間板ヘルニア

背骨の骨(脊椎)と骨の間には椎間板と呼ばれるゼリー状のクッション成分があります。

その椎間板が何らかの原因により、正常な位置から逸脱し、脊髄(脊椎の中を通る太い神経)を圧迫することで、痛みや麻痺などを生じるのが椎間板ヘルニアです。

老化、外傷、激しい運動、遺伝などが原因で発症します。椎間板ヘルニアの症状は、背中を触ると痛がる、ソファなどに飛び乗らなくなる、四肢に麻痺がある、腰が立たない、排泄のコントロールができないなどです。

痛みだけの軽度のヘルニアであれば、症状を改善する目的で内科治療と狭いケージの中でじっとさせておくケージレストを行います。 重度の場合には、手術が必要な場合が多いです。

犬の椎間板ヘルニアの症状と原因、治療法について

4. アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、免疫システムの不安定さにより起こる皮膚炎です。

主な原因は、アトピー性皮膚炎になりやすい犬種や体質、皮膚のバリア機能が弱い、などです。

皮膚症状としては、足先、脇、足の付け根(内股)のほか、目や口のまわりなどにかゆみや赤味がみられます。 また、症状が左右対称に出やすいのも特徴です。 慢性化すると皮膚を掻き続けることで、脱毛のほか皮膚が厚くなり、皮膚の色が黒くなる(色素沈着)こともあります。 治療としては、シャンプー療法や内服薬、外用薬の投与などです。

犬アトピー性皮膚炎の症状と原因、治療法について

5. 角膜炎

角膜とは、黒目部分の表面を覆っている透明な膜状の組織です。

角膜に傷が付き、その部分から微生物が侵入すると、角膜に炎症が起こします。 フレンチ・ブルドッグ以外にも、目が大きく飛び出たシー・ズーやチワワ、パグなどの犬種で角膜炎は多いです。

角膜炎の原因は、細菌やウイルスなどの感染、ドライアイ、逆さまつ毛、免疫の異常などさまざまです。 角膜炎では結膜の充血や目ヤニ、流涙、痛みで目が開かないといった症状が見られます。

犬の角膜炎の症状と原因、治療法について

フレンチ・ブルドッグの特徴

フレンチ・ブルドッグとは

寝ているフレンチ・ブルドッグの写真

わんフォトモデルオーディション4 エントリー作品より(つよくん)

フレンチ・ブルドッグは、19世紀にイギリスからフランスに渡った犬種とされており、フランスで祖先犬をより小型化した犬種がフレンチ・ブルドッグといわれています。

元々はネズミ退治や闘犬として飼育されていましたが、可愛らしい姿がフランスの貴族、貴婦人から愛され人気の高い犬種となり、「bouledogue Francais(ブルドッグフランセーズ)」という「フランスのブルドッグ」の意味をもつ名で流行したといわれています。

フレンチブルドッグが日本に渡ったのは大正時代とされており、その頃から数多く飼育され、現在でも高い人気を誇る犬種となっています。

フレンチ・ブルドッグの容姿

フレンチ・ブルドッグは、アメリカタイプとヨーロッパタイプがあり、両者の大差は殆どありません。

アメリカタイプは、ショートボディでコンパクトな体型をしており、顔や頭が比較的大きい傾向にあります。

また目が大きくてキュートな印象を受けます。

ヨーロッパタイプは、シャープでがっちりした体格です。

顔や頭はそれほど大きくはなく、垂れ目で四角い顔立ちでしっかり者の印象を持ちます。

どちらのタイプも毛色は大きく4パターンあり、クリーム・バイド・フォーン・ブリンドルで、やわらかで光沢のあるとてもきれいな被毛をしています。

また、コウモリのような形をしたピンと立った耳と、マズルが短い、いわゆる「ハナペチャ」なところが特徴的です。

フレンチ・ブルドッグの性格

アメリカタイプは無駄吠えが少なく陽気な性格、ヨーロッパタイプはとても慎重な陽気な犬が多いといわれています。

どちらのタイプも、表情豊かで非常に人懐っこく明るい性格なことから飼いやすくとても人気な犬種です。

なおとても利口で勇敢な性格をしているため、しつけをしっかりと行い、愛情を注ぐことで良きパートナーとなるでしょう。

しかしながら、フレンチブルドッグは暑さや寒さに弱い犬種なため、室温調整が必要です。

日頃からスキンシップやコミュニケーションをとり、しぐさや状態をチェックすることが大切です。

フレンチ・ブルドッグの飼い方

フレンチ・ブルドッグのような短頭種は、体温調節が苦手なので、熱中症になりやすい傾向にあります。

そのため、夏場などはクーラーで快適な室温を保ったり、アスファルトが熱くない時間帯に散歩に行くなど熱中症対策が必要です。

また、フレンチ・ブルドッグのしわの間に汚れが溜まると皮膚炎につながります。

そのため、汚れを拭き取るなどこまめなお手入れが必要です。 さらに、食欲旺盛で肥満になりやすい傾向があるので、食事管理など体重管理の面でサポートは欠かせません。

フレンチ・ブルドッグ向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りフレンチ・ブルドッグは、

  • 軟口蓋過長症
  • 鼻腔狭窄
  • 椎間板ヘルニア
  • アトピー性皮膚炎
  • 角膜炎

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※フレンチ・ブルドッグは、当社の「犬種分類表」から中型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • フレンチ・ブルドッグの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
中型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険なら、他社の50%補償の保険料で70%補償に

2023.2.26

ペットショップで勧められるまま、保険料が年々上がることをあまり考えず、他社のペット保険に加入しました。

たまたまアプリ内広告でPS保険のことを知り、比較してみると、当時加入していた50%補償の保険料で、PS保険では70%補償になることが判明。 年々高くなる保険料の最大額もPS保険のほうが安い! すぐに資料請求しました。これから保険選びをされる方には、他の保険を比較したほうがいいと伝えたいです。

  • 年代・性別:50代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:5歳
  • 加入プラン:70%補償プラン+火葬費用等担保特約(乗り換え)

高額な医療費が愛犬の治療の障害にならないように

2023.2.24

保険に入る前に愛犬が胃腸炎になり、高額な医療費がかかりました。 今後歳を重ねるにつれて、もっと高額な医療費がかかるようになった時、それが愛犬の治療の障害にならないようにしてあげたいと思い、PS保険に加入しました。

  • 年代・性別:40代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:2歳
  • 加入プラン:50%補償プラン(新規加入)

対応がいい会社が一番だから選んだPS保険

2022.12.22

ネット申し込みは、自分ですべて対応しないといけないので不安でしたが、PS保険に電話で相談したところ、気持ちよく分かりやすく回答してくれました。

他の保険会社を比較していた際、やはり対応がいい保険会社が一番だと思っていて、PS保険は新規申し込み、審査、申し込み後まで、すべての対応がよかったので安心して加入ができました。

  • 年代・性別:30代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:7歳
  • 加入プラン:50%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。