セント・バーナードの保険について。補償内容や注意点などを徹底解説

セント・バーナードの保険料

50%

70%

100%

大型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,740円 1,900円 20,030円 21,890円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,590円 2,750円 29,820円 31,690円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
3,190円 3,350円 36,800円 38,660円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

こちらのページでは、セント・バーナードの保険加入について、事前に確認すべきポイントや、これからセント・バーナードのオーナになる方向けに、特長や性質などをご紹介しています。

セント・バーナード

セント・バーナードのかかりやすい病気やケガとペット保険

セント・バーナードは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

セント・バーナードは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

セント・バーナードの特徴

セント・バーナードとは

セント・バーナードは11世紀頃、アルプスのスイスとイタリアの国境を超えるグラン・サン・ベルナール山道の峠に旅人や巡礼者のための宿坊が設立されました。

このグラン・サン・ベルナールの修道院にちなみ、救助犬としての役割を見い出した、サン・ベルナール(Saint-Bernard)の英語読みの「セント・バーナード」として名づけられました。

最初は大きな機材などを運搬する為に飼育されていたセント・バーナードでしたが、雪に強い性質だという事がわかると遭難した旅人を捜索するための救助犬として活躍していきました。

セント・バーナードは遭難した人を見つけると、その人の顔をなめ、横にぴったりと寄り添い、遭難者を自分の体温で温めることで何人もの命を救いました。

1800年にナポレオンと山越えをした兵士による口述により19世紀にはヨーロッパ中にセント・バーナードの名声が広まりました。

20世紀初頭に至るまでには、2,500名もの遭難者を救助したと言われています。

この当時アルプスで40人以上の命を救ったバリーという犬にちなんで「バリー・ドック」とも呼ばれていたこともあります。

何世代かを経て理想のタイプを改良していき現在のセント・バーナードが作出されるようになりました。

1887年に開催された国際畜犬会議にてセント・バーナードは正式にスイスの国犬として公認されました。

また、アルプスの少女ハイジのヨーゼフもセント・バーナードでおなじみの犬となっています。

セント・バーナードの容姿

セント・バーナードは犬種の中でも最大級の大きさの犬になります。

体高は成犬時で雄が70~90cm、雌が65~80cm、体重は54kg-91kgほどにもなり、時には100kgを超えることもあります。

全体的にバランスがとれていて筋肉質な体つきをしています。

セント・バーナードにはショートヘアード(スムース・コート)とロングヘアード(ラフ・コート)の2つのバラエティーがあります。

元々はショートヘアードのセント・バーナードしかいませんでしたが、長い毛の方が遭難者を温めやすいのではないかという考えからロングヘアードが作出されました。

しかし実際は毛が氷結してしまい、動きにくくなるだけでした。

そのためロングヘアードは少しずつ救助犬から離れていきました。

 セント・バーナードは、どちらのバラエティーについてもホワイトに様々なブラウン斑が見られます。

茶毛と白毛の2色の毛柄をしています。

少したれ気味の目や口が、優しく人懐っこい表情の印象を与えており、さらに長くたれた耳がアクセントとなっています。

セント・バーナードの性格

性格は、生まれつき人懐っこく、気性は温厚で優しく穏やかなものから活発なものもいます。

そして用心深いところがあります。

基本的にマイペースで、凶暴性はありません。

家族に対しても献身的で、一緒に暮らしやすい犬種です。

子どもが騒いでいても静かに見守っているような、穏やかな気質が好まれていて、人気の高い大型犬となっています。

ショートヘアードもロングヘアードも、どちらも毎週1日は、しっかりとブラッシングをしてあげましょう。

性格的には非常に飼育しやすい犬ですが体格が100kgを超す事もある大型犬ですので、広い飼育環境がとても重要です。

本来、とても温厚な犬ですが、狭い環境などでストレスがかかると吠えやすくなるので、注意が必要です。

また、静かな場所を好みますので、にぎやかな市街地などの飼育もストレスとなります。

雪山で遭難者を救出するという仕事をしていた犬ですので、寒さには強い反面暑さにはとても弱く、夏は注意が必要です。

また大きな体を支えるため股関節に負担がかかりやすいため、肥満には十分気をつける必要があります。

毎日、適度な散歩をすることが大切です。

1日1時間の散歩を2回が理想とされています。

特に走らなくても、程よく歩く程度でも良い運動になります。

また、よだれが多い犬種ですので、室内で飼育する場合には、この体質を理解しておきましょう。

セント・バーナードの飼い方

セント・バーナードは、寒い国出身の犬種のため、暑さに弱く、夏場は温度管理の徹底や熱中症への注意が必要です。

また、耳が垂れているので、耳の中が汚れやすく外耳炎になりやすいため、定期的に耳の中をチェックして、汚れていたら耳のお手入れをしましょう。

加えて、目ヤニや涙、よだれを定期的にふき取ってあげ、顔周りを清潔に保つことも大切です。

さらに、セント・バーナードは、食事管理や適切な運動を怠ると、肥満や関節炎のリスクが高くなるため注意しましょう。

セント・バーナード向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りセント・バーナードは、

  • 拡張型心筋症
  • 胃拡張・胃捻転
  • 前十字靭帯断裂
  • 膝蓋骨脱臼
  • 白内障

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※セント・バーナードは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • セント・バーナードの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
大型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険は、大型犬でも安心して続けられる保険料

2022.12.23

わが家の愛犬は大型犬なので、年齢を重ねるごとに保険料が爆上がりするのがとても不安でした。 でも、PS保険なら、そうした心配がなく、安心して保険を続けられると思いました。 保険金請求が簡単そうなのも良い点です。ほかに悩んでる方にもぜひ薦めたいです。

  • 年代・性別:40代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:2歳
  • 加入プラン:100%補償プラン(乗り換え)

PS保険はペットが高齢になっても保険料があまり上がらないので安心

2022.11.24

2頭の大型犬を他社のペット保険に入れていたが、年齢を重ねると保険料が上がり、保険を続けられなくなった。大型犬を飼っている知人からPS保険が良いと聞き、乗り換えた。

PS保険の保険料は、ペットが高齢になってもあまり上がらないので、安心して入ることができる。

  • 年代・性別:60代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:8か月
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。