ニューファンドランド

ニューファンドランドの保険料

50%

70%

100%

大型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,740円 1,900円 20,030円 21,890円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,590円 2,750円 29,820円 31,690円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
3,190円 3,350円 36,800円 38,660円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

目次

ニューファンドランドの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

ニューファンドランド

ニューファンドランドのかかりやすい病気やケガとペット保険

ニューファンドランドは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

ニューファンドランドは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

ニューファンドランドの特徴

ニューファンドランドとは

ニューファンドランドはカナダの東海岸に位置するニューファンドランド島の土着犬になります。

そのため原産国はカナダで、ニューファンドランドという名前はもちろん原産地が由来となっています。

日本では【ニューファン】、英語圏では【Newfy】という愛称でも親しまれています。

現在は愛玩犬として飼養されていることが多いですが元来は重荷用のソリの牽引などの作業犬や水難救助犬として飼養されていました。

現在でも水難救助犬として現役で活躍している子もいるといわれています。

ニューファンドランドの起源はニューファンドランド島の土着犬と1100年以降にヴァイキングが連れてきた大きな黒い熊の様な犬と言われています。

その大きな犬は一説によるとグレートピレニーズといわれています。

その後欧州の漁師たちが連れてきた様々な犬が交雑してニューファンドランドが形成されたといわれています。

その後19世紀ごろに英国に持ち込まれ現在の姿になったといわれています。

さらに英国の宮廷画家であるエドウィン・ランドシーアがホワイトとブラックの2色のニューファンドランドを好み『救われた者』(Saved)や『愛護協会の著名な一員』(A Distinguished Member of the Humane Society)などホワイトとブラックの2色のニューファンドランドを書いたことでイギリスだけではなく欧州全体で人気犬種となりました。

また、このランドシーアの影響によりホワイトとブラックの2色のニューファンドランドを『ランドシーア』と呼ばれています。

ランドシーア』は国際畜犬連盟(FCI)では独立犬種として認定していますが、単にブラック・アンド・ホワイトのニューファンドランドとする団体も多いです。

ニューファンドランドはほかにも原作の『ピーターパン』に登場する乳母犬ナナ(ディズニーのピーターパンではセント・バーナード)にも登場しています。

ほかにも1815年にナポレオンがエルバ島を脱出した際に、船から落ちてしまいおぼれているのを助けたのもニューファンドランドだったといわれています。

ニューファンドランドの容姿

ニューファンドランドはがっちりとした体格をしている超大型犬です。

雄で体高71cm、体重が約68㎏、雌が体高66cm、体重が約54㎏になり、雌は雄よりボディが少し長いです。

目は小さく離れており、耳は小さな三角形をしています。

しっぽは根元が広く、立っているときは下がっていて、長さは飛節(かかと)位まであります。

ニューファンドランドの尻尾は泳いでいるときの方向舵としての役割もあります。

そのため根元は頑丈で広くついています。

被毛は油分を含み、水をはじく性質があり、ダブルコートになります。

オーバー・ヘアーはまっすぐで適度な長さがあります。

アンダーコートは柔らかく、密に生えています。

また、夏よりは冬の方が被毛は密生しています。

毛色はブラック、ブラウン(またはチョコレート)、ホワイト&ブラックの3色になります。足に水かき用の膜があることも特徴です。

ニューファンドランドの性格

ニューファンドランドは温和で、優しく穏やかな犬種になります。

また表情が豊かで優しそうな雰囲気があり愛嬌があります。

賢いのでしつけはあまり難しくありません、また、友好的なので見知らぬ人や犬も大丈夫です。

そのため番犬には向きません。

忠誠心が強く、飼い主を守ろうとします。

甘えん坊でさみしがりやでもあります。

性格的には飼育しやすく、親しみやすい犬種ですが超大型犬になりますのでお世話が大変になります。

長毛のタブルコートになりますので、ブラッシングのケアは必須です。

アンダーコートは油分がありますのでケアを怠ると毛玉になり、さらにフェルト状になってしまいます。

フェルト状になってしまいますと梳かすことは難しくなります。

そのためできれば毎日、すくなくとも週に3-4回はケアをしてあげてください。

また、換毛期の抜け毛の量はとても多いです。

換毛期には毎日ブラッシングをしてあげてください。

ニューファンドランドは寒い国の出身になりますので日本の夏は苦手です。

温度調節には十分留意する必要があります。

パンティングの際の涎の量も多いため、ケアやお掃除の気配りも必要になります。

体が大きいため、運動量は多いです。

一日2回、一時間ほどの散歩に連れて行ってあげるのが理想です。

また、泳ぐのがすきなので泳ぐ機会をつくってあげるといいでしょう。

ニューファンドランドは穏やかで飼育しやすい犬種ではありますが、日常的なケアやお散歩などが大変です。

しっかり世話ができる時間があるか自分の時間を見つめなおしてから飼育しましょう。

ニューファンドランドの飼い方

ニューファンドランドは、毛は寒さや冷たい水に耐えられるような立派なダブルコートの被毛が特徴のため、暑さに弱く、夏場は温度管理や熱中症対策が必要です。

また、かなりの運動量が必要で、食事管理や適切な運動を怠ると肥満になりやすく、関節に負担をかけたり熱中症になりやすいため、体重管理には気をつけましょう。

さらに、ニューファンドランドは垂れ耳のため、耳の中が汚れやすく外耳炎になりやすいので、定期的に耳の中をチェックして、汚れていたら耳のお手入れも必要です。

その他にも、大型犬に多い、股関節形成不全や前十字靭帯断裂、拡張型心筋症や、チェリーアイなどの目の病気にかかりやすいため、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

ニューファンドランド向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りニューファンドランドは、

  • 拡張型心筋症
  • 甲状腺機能低下症
  • シスチン尿石症
  • 心房中隔欠損

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※ニューファンドランドは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • ニューファンドランドの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
大型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険は、大型犬でも安心して続けられる保険料

2022.12.23

わが家の愛犬は大型犬なので、年齢を重ねるごとに保険料が爆上がりするのがとても不安でした。 でも、PS保険なら、そうした心配がなく、安心して保険を続けられると思いました。 保険金請求が簡単そうなのも良い点です。ほかに悩んでる方にもぜひ薦めたいです。

  • 年代・性別:40代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:2歳
  • 加入プラン:100%補償プラン(乗り換え)

PS保険はペットが高齢になっても保険料があまり上がらないので安心

2022.11.24

2頭の大型犬を他社のペット保険に入れていたが、年齢を重ねると保険料が上がり、保険を続けられなくなった。大型犬を飼っている知人からPS保険が良いと聞き、乗り換えた。

PS保険の保険料は、ペットが高齢になってもあまり上がらないので、安心して入ることができる。

  • 年代・性別:60代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:8か月
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。