ウィペット

ウィペットの保険料

50%

70%

100%

中型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,850円 1,930円 21,310円 22,230円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 5,300円 38,000円 61,150円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

中型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,760円 2,840円 31,810円 32,740円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 6,020円 46,310円 69,460円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

中型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
3,390円 3,470円 39,160円 40,080円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 7,390円 62,090円 85,240円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

目次

ウィペットの保険加入をご検討中の方の参考になるよう、かかりやすい疾患(傷病)や特長などについてご案内します。

ウィペット

ウィペットのかかりやすい病気やケガとペット保険

ウィペットは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

ウィペットは、当社の「犬種分類表」から中型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

ウィペットの特徴

ウィペットとは

ウィペットはイギリス原産の視覚ハウンドになります。

ウィペットという名前は「Whip up」という鞭をうって馬を飛ばすという言葉から由来しているといわれています。

祖先の犬はグレーハウンドになります。そのため見た目もグレーハウンドのようにスリムな体系をしています。

1800年代ごろに畑などをウサギなどから守るために、グレーハウンドを基礎としてベドリントン・テリアやマンチェスター・テリア、ホワイト・テリアなどが交配され、小型化されたのがウィペットのはじまりと言われています。

当初はウサギやねずみを噛む力が強いためスナップ・ドッグとも呼ばれていました。

同時期にイギリスでは闘犬やブル・ベイティングが流行っていたため、その流れでウサギを追わせるゲームが流行しました。

このゲームは賭博としてほかの地域にも広がりましたが、動物愛護の観点から禁止されました。

そして犬同士を競争させるドッグレースははじまりました。

このドッグレースは庶民の間で流行いたしました。

お金のある人たちは競馬や大型の犬で競争を楽しんでいましたが、庶民では馬や大型の犬を飼育はできなかったのでこのような小さなドッグレースが娯楽として人気がでました。

ウィペットは主にサイトハウンドとして活躍していましたが、徐々に上記のようなドッグレースでも活躍するようになりました。

ウィペットはその後2度の戦争の影響をほぼ受けることなく生き残り、1891年にはイギリスのケンネルクラブに登録され、ドッグショーにし出陳されるようになりました。

その後、ショードックとして見出され、レースに出場することよりもショーで活躍するようになりました。

これによりウィペットは世界中に広まり、人気を得ていきました。

ウィペットの容姿

ウィペットの外貌は上記でも書いた通りスラっとしたスリムな体系をしています。

ボディの輪郭は美しく優美でとてもバランスがとれています。

大きさは体高が雄で47-51㎝ほど、雌で44-47㎝、体重は6.8-14㎏ほどの中型犬になります。

頭部は長く細く、マズルも先に向かって細くなっていきます。

目はオーバル型で耳は小ぶりなローズ・イヤーになります。

首はスラっとしていてアーチを描いています。

しっぽは先に向かって細くなり長く上向きにカーブしています。

胸は深く肋骨はよく張っていますがお腹は巻き上がっています。

ウィペットはダブルサスペンションギャロップと呼ばれる前脚と後脚を揃えて動かし、背中をバネのようにして使う走り方ができる犬種となります。

この走り方はとても美しくウィペットの魅力の一つとなっています。

ウィペットの被毛は短毛で体にぴったりとして滑らかです。

色は様々なものがあります。

また模様があったり色がミックスされていたりすることもあります。

ウィペットの性格

ウィペットはコンパニオンアニマルとしてとても優秀です。

スポーツをするとしても適応いたします。

また、明朗快活で優しく、愛情深い犬種になります。

またおとなしくもの静かで個体差はありますがあまり吠えない犬が多いです。

攻撃的な性格ではないので他の犬と仲良くすることもできる子が多いです。

ウィペットは走ることが好きなので運動量は多いです。

毎日の散歩は必要です。

若いうちはのんびりお散歩というよりもジョギングがてらのお散歩が理想的です。

ドッグランなどでたまには全力で走れる時間をつくってあげることをおすすめします。

運動量が多く機動も高いのでこの点で高齢者の飼育は向かないでしょう。

また、頭が小さく首輪が抜けてしまうことも懸念されます。

足がとても速いため首輪が抜けて逃走してしまったらとても追いつきません。

首輪抜けには十分気をつけてください。

できれば専用の首輪や胴輪を使用しましょう。

足が速い分、体には負担がかかります。

また、骨が細いため骨折や走りすぎによる靭帯への負担などによるケガが多いです。

とくに肥満になってしまうとリスクがあがりますので体重管理は気を付けましょう。

ウィペットは毛が短く寒さが苦手な犬になりますので気温管理には気を使ってあげてください。

ウィペットの飼い方

被毛が短いため他の犬種に比べて抜け毛などは少なくお手入れは楽なウィペットですが、寒さには弱いという特徴があります。

よって、寒い地域でのお世話はあまり向かないともいわれています。ウィペットに限ったことではありませんが、部屋には温度計を設置して年間を通して適切な室温を保ってあげるようにしましょう。

また、脂肪が少ないことから関節部の皮膚が傷つきやすいという特徴もあるため、寝る場所にはクッション性の高いベッドなどを用意してあげることをおすすめします。

ウィペット向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りウィペットは、

  • 脱毛症
  • 骨折
  • 白内障
  • 進行性網膜萎縮症

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※ウィペットは、当社の「犬種分類表」から中型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • ウィペットの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
中型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険なら、他社の50%補償の保険料で70%補償に

2023.2.26

ペットショップで勧められるまま、保険料が年々上がることをあまり考えず、他社のペット保険に加入しました。

たまたまアプリ内広告でPS保険のことを知り、比較してみると、当時加入していた50%補償の保険料で、PS保険では70%補償になることが判明。 年々高くなる保険料の最大額もPS保険のほうが安い! すぐに資料請求しました。これから保険選びをされる方には、他の保険を比較したほうがいいと伝えたいです。

  • 年代・性別:50代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:5歳
  • 加入プラン:70%補償プラン+火葬費用等担保特約(乗り換え)

高額な医療費が愛犬の治療の障害にならないように

2023.2.24

保険に入る前に愛犬が胃腸炎になり、高額な医療費がかかりました。 今後歳を重ねるにつれて、もっと高額な医療費がかかるようになった時、それが愛犬の治療の障害にならないようにしてあげたいと思い、PS保険に加入しました。

  • 年代・性別:40代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:2歳
  • 加入プラン:50%補償プラン(新規加入)

対応がいい会社が一番だから選んだPS保険

2022.12.22

ネット申し込みは、自分ですべて対応しないといけないので不安でしたが、PS保険に電話で相談したところ、気持ちよく分かりやすく回答してくれました。

他の保険会社を比較していた際、やはり対応がいい保険会社が一番だと思っていて、PS保険は新規申し込み、審査、申し込み後まで、すべての対応がよかったので安心して加入ができました。

  • 年代・性別:30代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:7歳
  • 加入プラン:50%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。