アイリッシュ・セター

アイリッシュ・セターのかかりやすい疾患や、特徴についてご紹介します。

ペット保険にご加入を検討中の方や、これから家族に迎え入れられる方はぜひご覧ください。

アイリッシュ・セター

アイリッシュ・セターの罹りやすい疾患

犬の保険について

アイリッシュ・セターとは

アイリッシュ・セターは別名レッド・セッターとも呼ばれています。

英語表記ではIrish setterとなるためアイリッシュ・セッターと表記されることもありますが、JKCの表記では【アイリッシュ・セター】となります。

名前の由来は原産国がアイルランドからアイリッシュ、セターは猟犬のセッターを指します。

セッターは主に鳥猟に用いられる獲物を見つけ、にらみつけて獲物をひるませてその場に固定させるサポートを行う猟犬を指します。

優秀なセッターは複数の獲物でも1匹ずつ飛び立たせることができます。

アイリッシュ・セターは18世紀ごろにアイルランドで活躍したもっとも歴史のあるセッターと言われています。

元々は「長い時間走り続けられる運動能力と大型の体」を目的に作出されたと言われています。

スパニエルやアイリッシュテリア、イングリッシュセター、ゴードンセター、ポインターやテリアが掛け合わされて誕生したと言われております。

当時のアイリッシュ・セターはレッドにホワイトが混ざっており、アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セッターと似ていました。

19世紀初頭にアイルランドでレッドに固定されアイリッシュ・セターが誕生しました。

日本やアメリカではアイリッシュ・セターは単色のみとなっていますがヨーロッパではレッド&ホワイトも許容されている国もあります。

1886年には原産国のイギリスで犬種標準書が作成され、1998年には作業能力についての基準も定められ、フィールド・トライアル協議のル-ルについても定められました。

アイリッシュ・セターの容姿

アイリッシュ・セターは雄で体高67㎝前後・体重が32㎏ほど、雌で62㎝前後・体重が29㎏ほどの大型犬になります。

全体的に体長が体高より長く、骨格はすらっとして身幅が狭くスタイリッシュな印象があります。

細身ではありますが、筋肉はしっかりとして優美な印象を与えます。

持久力があるので肺が大きく、その肺をしまうために肋骨が前に突出しているのもアイリッシュ・セターの特徴の一つです。

被毛はシングルコートの長毛で耳、足、胸、お腹、尻尾に美しい飾り毛があります。

色はリッチ・チェスナット呼ばれるマホガニーレッドになります。

アイリッシュ・セターの性質

アイリッシュ・セターは明るい性格で、落ち着いた性格です。

細かいことは動じない泰然さがあります。

また、猟犬のため主人の言うことには忠実なのでしっかりしつけを行えば忠実なパートナーになるでしょう。

しつけや訓練は入りやすいといわれていますが、おおらか故の雑なところもあるので細かいしつけは根気が必要になることもあるかもしれません。

アイリッシュ・セターは猟犬になります。

そのため山の中を一日中歩き回っても問題ない体力と運動能力があります。

そのため毎日の長時間の散歩は欠かせません。

運動欲が満たされないと問題行動を起こしてしまします。

そうなってしまっては犬も飼い主もかわいそうになってしまいます。

なのでアイリッシュ・セターを飼育する前に毎日アイリッシュ・セターの運動の欲求にこたえられるかということを考えてみてください。

高齢者にはおすすめできません。

アイリッシュ・セターはロングコートになりますので被毛のお手入れも必須です。

隔日のブラッシングは欠かさないようにしてあげてください。

手入れを怠ってしまうと毛玉ができてしまいます。

シングルコートのシルクのような細い被毛になりますので絡まりやすいです。

アイリッシュ・セターは皮膚病にもなりやすいと言われていますのでしっかりケアしてあげましょう。

最後に、アイリッシュ・セターは胸が深いため胃捻転や胃拡張には気を付けてください。

予防法として一気にたくさん食べさせず、食事は数回に分ける、早食いさせない、運動は食事のあと4時間ほどあけて行うなど、運動前後に水を一気に飲ませないなどが有名です。

見た目も美しく、明るくてやんちゃなアイリッシュ・セターは相棒としてとても素敵です!しかし手がだいぶかかってしまう犬種になりますのでしっかり認識した上で飼育しましょう。

犬の保険について