ポメラニアン

ポメラニアンは、くりっとした目やふわふわな被毛など可愛らしい特徴を多く持ち、またとても人懐っこい性格なことから、日本での飼育頭数は15,612頭で、4番目に人気の高い犬種となっています。(参照 一般社団法人ジャパンケネルクラブ 2014年犬種別犬籍登録頭数より)。
しかしながら、ポメラニアンは膝蓋骨脱臼や気管虚脱、流涙症、水頭症、偽クッシング症候群(脱毛症X)などを発症することが多い犬種とも言われています。
PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてポメラニアンのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

ポメラニアンのかかりやすい病気やケガとペット保険

ポメラニアンは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

ポメラニアンは、当社の「犬種分類表」から小型犬に分類されます。
保険料については、「お見積り」から、小型犬と年齢を選択するだけでご参照いただけます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

PS保険でのポメラニアンのご請求事例

お支払いの例で挙げさせていただいた約18万円という事例は決して大げさな事例ではなく、当社にご請求頂いた内容(ご契約者さまが動物病院にお支払いした治療費)では約85万8千円というものが最高金額としてございました。

事例 都道府県 ケガ・病気の種類 お支払金額
1 東京都 肝腫瘍、糖尿病性ケトアシド-シス、 すい炎 ¥858,300
2 東京都 気管支炎 ¥847,400
3 静岡県 両膝蓋骨脱臼 ¥524,400
4 新潟県 脳炎 ¥492,100
5 神奈川県 異物誤飲 ¥486,700

※こちらは当社ご契約者様が実際にご負担になった診療費であり、弊社がお支払いした保険金ではございません。

ポメラニアンの特徴

ポメラニアンとは

ポメラニアンの原産国はドイツで、ドイツとポーランドにまたがるポメラニア地方出身であることが、その名前の由来となっています。祖先犬は豊かな被毛をもちソリ犬として活躍していたサモエドで、このスピッツ系の犬種が長い年月をかけて愛玩犬として小型化されたのがポメラニアンです。
人気犬種として広まったのは、17世紀以降に多くの貴族たちに愛されたことが理由の一つです。とくに愛犬家だったイギリスのヴィクトリア女王の寵愛をうけたことは有名。
そんな「セレブに愛された犬」と呼ばれるにふさわしい可憐な姿は日本の愛犬家の心もとらえ、ヨークシャーテリア、マルチーズとともに「愛玩犬御三家」として人気が広まりました。
そのコロンと丸いシルエット、ふわふわの被毛に魅了されるファンは多く、人気犬種ランキングではつねに上位の常連となっており、多くの家庭で可愛がられています。

ポメラニアンの容姿

ポメラニアンの一番の特徴は、小柄な体型と、思わず抱きしめたくなるようなふわふわの被毛。そのほか、くりっとした愛らしい目と小さな三角の耳、ツンと尖った鼻先、くるっと巻いたふさふさの尾など、容姿の魅力は数えればきりがないほどあります。
毛色はホワイト、クリーム、オレンジ、ブラックがよく見られますが、ほかにも多様なカラーがあるのも魅力のひとつです。これらの単色をはじめ、まだら模様が入ることもあります。
トレードマークであるふわふわの被毛は、長いトップコートと短くやわらかいアンダーコートが密生するダブルコート。美しくキープするためのお手入れが必要です。ブラッシングで汚れを落とし、絡まりが毛玉にならないように。被毛が生えかわる換毛期には抜け毛が増えるので、とくにこまめにケアしましょう。
ポメラニアンのとても愛らしい外見から、洋服やアクセサリーなどでオシャレをして一緒におでかけを楽しむ飼い主も多いです。また、被毛をトリミングしてまるでクマのぬいぐるみのように仕上げる「クマちゃんカット」にする飼い主もいらっしゃいます。このカットがポメラニアンの新たな魅力を引き出し、さらなる人気をよんでいます。

ポメラニアンの性質

ポメラニアンはとても人懐っこく、知的な犬種です。また協調性もあり賢いため、しつけもしやすく飼いやすい犬種と言われています。見知らぬ人などに警戒心が強い面はありますが、きちんとしつけを行うことで無駄吠えなどは防ぐことができます。
また室内飼育に向いた小型犬ですが、活発なので毎日の散歩は欠かせません。好奇心が強く遊び好きな面もあるので、おもちゃなどで一緒に遊びましょう。

犬の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

当社のペット保険は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。

なお、猫の保険料については、品種による違いはありません。