グレーハウンド

グレーハウンドの保険料

50%

70%

100%

大型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,740円 1,900円 20,030円 21,890円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,590円 2,750円 29,820円 31,690円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
3,190円 3,350円 36,800円 38,660円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

グレーハウンドのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

グレーハウンド

グレーハウンドのかかりやすい病気やケガとペット保険

グレーハウンドは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

グレーハウンドは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

グレーハウンドの特徴

グレーハウンドとは

グレーハウンドは別名イングリッシュ・グレイハウンドとも呼ばれる、イギリスが原産国となるとても古い犬種です。

FCIの分類では、グループ10のサイトハウンドとよばれる獲物を視覚によって見つけ、脚力で獲物を追尾し捕獲する獣猟犬となります。

そのためドイツでは「風の犬」とよばれていました。

名前の由来は被毛がグレーからきている、英語のグレイト(grate)から来ている、グリーク(Greek)からきているなど諸説あります。

紀元前3000年前の古代エジプト王朝の墓石に、グレーハウンドと思われる犬が彫られており、ほかにも壁画や彫刻などにも原形がみられます。

また、紀元前100年前ごろのギリシアの文献によると現在の形とほとんど変化していないことがわかり、とても古いルーツをもつ犬種であるということがわかっています。

当時から狩猟犬として優秀で、鹿狩りなどで活躍していました。

これによりエジプトからギリシア、ローマを経てヨーロッパにわたったといわれています。

イギリスには9世紀以前には渡っていたといわれており、この頃のイギリスの文献や絵画、法規にグレーハウンドの名前が見られています。

16世紀ごろにうさぎを追いかける競技が開始されました(後に現在のドッグレースとなる)。

この競技でグレーハウンドが出場し、現在のドッグレースでも欠かせない存在といわれるようになりました。

このころ、スペインの探検家により、マスティフと共にアメリカに渡り、機械仕掛けの疑似餌を追いかけるドッグスポーツの「ルアーコーシング」で活躍するようになりました。

グレーハウンドの容姿

グレーハウンドは細身で筋肉質なすらりとした体つきをしており、スピード感に溢れた犬種です。大きさは雄で体高71-76cm、体重30-32kg、雌で68-71cm、体重27-30kgほどの大型犬になります。

グレーハウンドはイタリアン・グレーハウンドの先祖犬といわれており、見目形は似ていますが大きさが異なります。

頭は長くシャープな印象があり、オーバル形の目は斜めについています。

これはサイトハウンドの特徴で270度以上を見渡せることはできます。

耳は小さいローズイヤー(耳の内側が見えた状態で後ろに反り返った垂れ耳・バラのように見える耳)です。

ボディは大きくスクエアで、腰はすこしアーチしています。

しっぽは長く先細でカーブしているサーベル尾で、脚は長く細いですが骨量に富んでいます。

歩き方はグランド・カバリング(1歩で稼げる地面の範囲の大きいこと)をかなりのスピードで行なうことができます。

ドッグレースなどで活躍するだけあり、全犬種の中でもトップレベルの脚の速さです。

被毛は短毛で滑らかな触り心地です。

色はブラック、ホワイト、レッド、ブルー、フォーン、ブリンドルがあります。

グレーハウンドの性格

グレーハウンドは飼い主に従順で穏やかな犬種ですが、神経質で繊細なところもあります。

そのため信頼関係ができていない人には警戒することもあります。

他の動物と争ったりする攻撃的な性格ではありませんが、動くものに敏感に反応しますので、小型犬や子供と遊ばせるのには不向きでしょう。

突然走り出したりすることもありますので、それらを制御することは必須になります。

また、大型のハウンドになりますので、しつけなどがしっかり行ないましょう。

グレーハウンドは信頼関係をしっかり築ければ、比較的しつけをしやすいといわれています。

信頼関係の構築はしっかり行なうようにしましょう。

また、飼育する面では嬉しいことに吠えることはあまりなく、静かな犬になります。

おうちでもゆっくりと静かにすごすのが好きな傾向があるので、リラックスできる空間を作ってあげましょう。

また、寒さにとても弱いので、冬場は環境に十分注意してあげてください。

また、グレーハウンドはスタミナがあり運動量が多い犬種になります。

毎日のお散歩は必須になります。

グレーハウンドは長距離の運動より短距離を全速力で走ることに向いています。

そのためドッグランなどで思いっきり走らせてあげることは大切です。

グレーハウンドのおていれはとても楽です。時々ブラッシングをしてあげてください。

とても優美で穏やかな犬種なので、飼育はしやすいのですが、運動量がとても多く、ストレスに弱い一面もあります。

しっかり運動などさせてあげる環境がない場合はおすすめできない犬種です。

グレーハウンドの飼い方

グレー・ハウンドは、被毛が短毛のシングルコートのため、寒さに弱く、冬場の散歩では洋服を着せるなどの寒さ対策が必要です。

また、大型犬なので体重がありますが、足が長く細いため、四肢の怪我や関節にかかる負担を防ぐ必要があります。

フローリングなどの滑りやすい床にはカーペットやマットを敷くなど、環境を整えましょう。

さらに大型犬に多い、胃拡張・胃捻転症候群や腫瘍などの病気になりやすいので、早期発見・早期治療のためにも定期的な健康診断を受けることが大切です。

グレーハウンド向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りグレーハウンドは、

  • 骨折
  • 骨肉腫
  • 皮膚病
  • 水晶体脱臼
  • 多発性関節炎

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※グレーハウンドは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • グレーハウンドの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
大型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険は、大型犬でも安心して続けられる保険料

2022.12.23

わが家の愛犬は大型犬なので、年齢を重ねるごとに保険料が爆上がりするのがとても不安でした。 でも、PS保険なら、そうした心配がなく、安心して保険を続けられると思いました。 保険金請求が簡単そうなのも良い点です。ほかに悩んでる方にもぜひ薦めたいです。

  • 年代・性別:40代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:2歳
  • 加入プラン:100%補償プラン(乗り換え)

PS保険はペットが高齢になっても保険料があまり上がらないので安心

2022.11.24

2頭の大型犬を他社のペット保険に入れていたが、年齢を重ねると保険料が上がり、保険を続けられなくなった。大型犬を飼っている知人からPS保険が良いと聞き、乗り換えた。

PS保険の保険料は、ペットが高齢になってもあまり上がらないので、安心して入ることができる。

  • 年代・性別:60代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:8か月
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。