犬の水晶体脱臼

犬の水晶体脱臼ってどんな病気?

水晶体の仕組み

水晶体はカメラでいうレンズの部分に相当し、「チン小帯」という繊維によって目の内側の毛様体(もうようたい)という筋肉に固定されています。毛様体が緊張したり緩んだりすることでチン小帯が伸び縮みし、水晶体の厚さを変えてピントを調節しています。

水晶体脱臼とは

水晶体脱臼は、チン小帯が切れることで水晶体が外れ、本来あるべき位置からずれてしまう目の病気です。そして、一部のチン小帯だけが切れていて、水晶体が完全には外れていない状態は「水晶体亜脱臼」と呼ばれています。また、水晶体脱臼には、水晶体が瞳孔より前にずれる「前方脱臼」と、瞳孔より後ろにずれる「後方脱臼」があります。

水晶体の位置がずれるだけで、特に症状が出ないケースがありますが、前方脱臼では症状が強く見られることが多く、結膜炎や角膜浮腫などの症状が現れます。また、緑内障やぶどう膜炎を併発し、重症化してしまうこともあります。

水晶体脱臼の治療は手術で水晶体を取り出す方法が一般的ですが、後方脱臼の場合は前方に脱臼しないよう目薬で瞳孔を小さくする方法があります。

水晶体脱臼は予防することが難しいため、目の定期検診や日ごろから目の観察をしっかり行うことによって、早期発見・早期治療を行うことが大切です。

犬の水晶体脱臼の症状と原因

どうして症状が出るの?原因は?

水晶体脱臼が起こる原因にはさまざまなものがありますが、原発性と続発性の大きくふたつに分けることができます。

原発性の水晶体脱臼

原発性の水晶体脱臼とは、水晶体自体の病変にとって発症するもので、先天性と遺伝性のものがあります。いずれも主にチン小帯の異常が原因で水晶体が外れてしまい、ほとんどの場合、両目に起こります。

続発性の水晶体脱臼

続発性の水晶体脱臼は、交通事故の目を強く打ってしまったり、白内障によって水晶体が膨らんでしまったり、緑内障で目が大きくなってしまったり、ぶどう膜炎でチン小帯が変性してしまったりすることなどが原因で水晶体が外れてしまいます。

いずれの場合も外れた水晶体が角膜に当たると角膜浮腫や結膜炎が起こり、眼房水を排出する経路を塞いでしまうと緑内障を併発してしまいます。また、水晶体が外れることによって、血管と目の間の物質交換を監視している血液房水関門という部分が破綻してしまうと、ぶどう膜炎を併発することもあります。

どんな犬が水晶体脱臼にかかりやすいの?

どんな犬がかかりやすいのかは、水晶体脱臼が起こる原因によって異なります。

原発性の水晶体脱臼の好発犬種

原発性の水晶体脱臼は、次に挙げる犬種でよく見られます。また、原発性の水晶体脱臼は、ほとんどの場合2~5歳くらいの若い年齢で発症します。

続発性の水晶体脱臼の好発犬種

原発性とは対照的に、続発性の水晶体脱臼は、どの犬にも起こる可能性があります。また、原因によりますが、原発性の水晶体脱臼と比べるとやや高い年齢で発症します。

犬の水晶体脱臼の特徴とチェック項目

犬の水晶体脱臼の最大の特徴は、やはり水晶体が外れて本来の位置からずれてしまうことです。肉眼で水晶体の位置がずれていることを確認することはできますが、犬が触られるのを嫌がってなかなかじっとしてくれないこともあり、肉眼では気付きにくいケースがあります。

そのため、日ごろから愛犬をよく観察し、次のような症状が確認できる場合は、水晶体脱臼にかかっている可能性がありますので、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

  • 目の表面が白く濁っている
  • 白目が赤くなっている
  • 目が大きくなった
  • 目を気にしてこすったりかいたりする
  • よく物にぶつかるようになった
  • 元気や食欲がなくなった

犬の水晶体脱臼はどうやって診断されるの?

犬の水晶体脱臼と診断するために、病院ではまず飼い主さんに問診を行い、いつからどんな症状が現れたのかを確認します。次に犬の目の状態を目視で観察する視診を行い、肉眼で水晶体の位置がずれていることを確認します。

また、細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)という専用の機械で目に細い光を当てたり、後方脱臼をしている場合には眼底検査や超音波検査をしたりします。これらによって、水晶体の位置がずれていることを確認し、水晶体脱臼だと診断されます。

なお、水晶体脱臼だけでなく緑内障が疑われる場合には、眼圧検査も同時に行います。

犬の水晶体脱臼の治療にはどんな方法があるの?

水晶体脱臼の治療法には、「内科的治療」と「外科的治療」の2種類があり、水晶体がある場所や症状・合併症の有無などによって治療方針が異なります。

内科的治療

後方脱臼をしている場合には、症状が出ないことがあるため経過観察をすることもありますが、水晶体が前方脱臼しないように瞳孔を小さくする目薬をさす内科的治療を行います。

外科的治療

前方脱臼をしている場合には、症状が重かったり合併症の併発など深刻な事態に発展したりする可能性が高いため、基本的には外科的治療である手術を行います。ただし、手術をしても水晶体を元の位置に戻すことはできず、全身麻酔下で水晶体を取り除く手術を行います。

さらに、ほかの目の病気がある場合は、そちらの治療も行い、緑内障や眼内腫瘍がある場合には、眼球摘出や義眼挿入といった手術を行うことがあります。

犬の水晶体脱臼は治せるの?

私たち人間の場合は、水晶体を取り除いた後に人工の水晶体(眼内レンズ)を縫い付ける手術をすることができますが、犬では高度な技術が必要であったり合併症を引き起こすリスクが高かったりすることから、水晶体を取り除くだけで眼内レンズは入れない手術方法が一般的です。

今後、眼内レンズや獣医療の発達によって、犬の水晶体脱臼でも眼内レンズを縫い付ける手術方法が普及する可能性はありますが、現在の獣医療では手術をしたとしても水晶体を元の状態に戻すことが難しいというのが現状です。

ただし、水晶体がなくてもすりガラス越しのようなぼんやりとした状態であれば物を見ることができます。また、犬は嗅覚や聴覚が私たち人間よりも優れています。そのため、犬の住居スペースに物を置かないようにするといったちょっとした配慮をしてあげることで、今までとあまり変わりなく過ごすことができます。

どうやって予防したらいいの?

水晶体脱臼の予防

残念ながら、水晶体脱臼は私たち人間でも予防することができず、犬でも予防方法はありません。

そのため、特に水晶体脱臼を起こしやすいテリア種やボーダー・コリー、ミニチュア・シュナウザー、プードルなどの犬種では定期的に動物病院で目の検査を行いましょう。また、日ごろから愛犬の目の状態をよく観察することで、いち早く水晶体脱臼に気付き、治療を始めることで、重症化を防ぐことが大切です。

そのほか気になる犬の目の病気については、獣医師監修の「犬の疾患 目の病気」をご覧ください。

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

当社のペット保険は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。

なお、猫の保険料については、品種による違いはありません。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。