犬のチェリーアイ

目次

犬のチェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)ってどんな病気?

第三眼瞼とは?

犬の目には、上瞼(うわまぶた)と下瞼のほかに、瞬膜と呼ばれる3つ目の瞼があります。この瞬膜は、ヒトにはなく「第三眼瞼(だいさんがんけん)」と呼ばれています。この第三眼瞼は、犬の目頭の部分にあり、正常な状態では目頭の中に収まっています。そして、第三眼瞼の内側には第三眼瞼腺(瞬膜腺)という分泌腺があり、第三眼瞼腺には涙の一部を分泌する働きがあります。

チェリーアイとは瞬膜が飛び出し赤く腫れる目の病気

チェリーアイ(三眼瞼腺脱出)は、この第三眼瞼腺がさまざまな原因で飛び出し、炎症を起こして赤く腫れあがる目の病気のことをいいます。チェリーアイという特徴的な名前は、ポコッと赤く腫れあがった第三眼瞼腺が、さくらんぼのように見えることから、こう呼ばれています。

犬がチェリーアイにかかると、飛び出た第三眼瞼腺が目の表面にこすれてしまいます。そのため、違和感や痛みから犬が目を気にして前足でかいたり、涙がたくさん出たりといった症状が現れるのです。片目だけにおこる場合もあれば、両目におこる場合もあります。また、角膜潰瘍や結膜炎といった目の病気を併発してしまうこともあります。

症状が軽度の場合は、目薬や飲み薬で炎症を抑える治療をしますが、これらの治療では再発を繰り返したしまうことが多く、そのような場合は手術で治す必要があります。しかし、治療をせずに放置してしまうと、乾性角結膜炎(いわゆるドライアイ)を引き起こしてしまうことがあります。また、予防が難しい病気であることから、早期発見・早期治療をすることがとても大切です。

乾性角結膜炎(ドライアイ)のより詳しい原因、症状、予防については獣医師監修の「犬の乾性角結膜炎(ドライアイ)」を併せてご覧ください。

犬のチェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)の症状と原因

どうして症状が出るの?原因は?

犬のチェリーアイの原因には先天性のものと後天性のものがあり、ほとんどの場合が先天性に起こります。

そもそも第三眼瞼腺は、結合組織によって第三眼瞼の内側に固定されています。そのため、普段は私たちの目に触れることはありません。

しかし、先天性のチェリーアイの場合は、生まれつき第三眼瞼腺を固定する結合組織がなかったり、未発達だったりするため、第三眼瞼との結合が弱くなることが原因で第三眼瞼腺が飛び出してしまいます。

一方、後天性のチェリーアイの場合は、交通事故で負った外傷や神経の麻痺、炎症などが原因で第三眼瞼腺が飛び出してしまいます。

どんな犬がチェリーアイにかかりやすいの?

後天性のチェリーアイ

事故や病気などが原因で起こります。そのため、かかりやすい犬種や年齢といった特徴はなく、どんな犬でもかかる可能性があります。

先天性のチェリーアイ

生まれつきの結合組織の異常が原因で起こるため、1歳以下の若い犬に多くみられるという特徴があります。また、遺伝が関係していると考えられており、次の犬種でかかりやすいことがわかっています。

犬のチェリーアイの特徴とチェック項目

チェリーアイの特徴は何といってもその見た目にあります。目を気にしてこすっていたり、涙や目やにが多かったりする場合は、愛犬の目頭をよく観察し、片目、もしくは両目の目頭に赤やピンク色の風船のようなものが飛び出していないかどうかをチェックしてみましょう。

また、目頭に赤やピンク色の風船のようなものが飛び出している場合は、チェリーアイにかかっている可能性が高いと考えられるため、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

犬のチェリーアイはどうやって診断されるの?

チェリーアイは見た目に特徴がある病気なので、病院では飼い主さんにまず問診を行います。症状や犬の年齢、交通事故のような外傷歴がないかなどを聞いたうえで、目の状態を観察します。そして、目頭の部分に第三眼瞼腺が脱出していることを確認することで、チェリーアイだと診断します。

診察では、涙の量を測ったり、角膜の傷の有無を検査したりすることで、目の状態をチェックします。しかし、これらの検査はチェリーアイの診断のために行うわけではなく、乾性角結膜炎角膜潰瘍といったほかの目の病気を引き起こしていないかどうかを確認するために行われるのです。

犬のチェリーアイの治療にはどんな方法があるの?

チェリーアイの治療法には、目薬や飲み薬を使う「内科的治療」と、手術で第三眼瞼腺を元の正しい位置に戻す「外科的治療」のふたつがあります。

内科的治療

軽度の場合であれば、内科的治療が選択され、抗生剤や抗炎症薬などを使って炎症を抑え、エリザベスカラーを装着して目をこすることができないようにします。

外科的治療

内科的治療で治らない場合や、一度治っても再発を繰り返してしまう場合などには、外科的治療が選択されます。犬は目を開けた状態でじっとしていることができないため、手術は全身麻酔をかけた状態で行います。

チェリーアイの手術には、主に第三眼瞼腺を切除する方法(第三眼瞼腺切除)と、飛び出した第三眼瞼腺を第三眼瞼の中に埋め込む方法(埋没法、ポケット法)、飛び出した第三眼瞼を縫い付けて元の位置に固定する方法(アンカー法)があります。

以前は、第三眼瞼腺を切除する方法が一般的でしたが、第三眼瞼腺には涙を分泌する機能があるため、ここを切除すると涙の量が足りなくなって乾性角結膜炎という目の病気を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、第三眼瞼腺を切除は、何度手術をしても再発してしまう場合や、かなり重症の場合にしか行われることはありません。

現在では、ポケット法やアンカー法が選択されることが多く、埋没法とアンカー法が併用して行われることもあります。

犬のチェリーアイは治せるの?

内科的治療は炎症をとって腫れを抑える治療法なので、一時的に治ったとしても、またすぐに再発してしまうことが少なくありません。そのような場合は、外科的治療が選択されます。

外科的治療を行えば絶対に完治するというわけではありませんが、内科的治療に比べると再発率は低く、手術によって完治するケースも多くあります。もし、外科的治療を行ったのに再発してしまったという場合には、再度手術を行います。

また、1回目はポケット法で手術をしたけれど再発してしまったという場合は、アンカー法で2回目の手術を行うなど、最初の手術とは別の術式で再手術をして再発しないようにします。

どうやって予防したらいいの?

犬のチェリーアイの予防

前述のとおり、チェリーアイはほとんどの場合、生まれつき結合組織に異常があることが原因で発症し、予防をすることが難しい病気です。

日ごろから犬の目の観察を怠らないこと。放置しないこと

そのため、特にチェリーアイにかかりやすいとされる犬種では、日ごろから目の観察を行う習慣をつけておき、いつもより目やにや涙が多くないか、目頭に赤いものがついていないかなどをチェックするようにします。そして、何か異常があれば、すぐに動物病院に連れていくことが大切です。

チェリーアイは、ほとんどの場合、命にかかわるようなことはありません。しかし、気付かずに放置してしまうと症状が重くなってしまったり、結膜炎や角膜炎などの合併症を引き起こしてしまったりして治療が長引いてしまうことがあります。そのため、早期発見・早期治療を心がけるようにしましょう。

そのほか気になる犬の目の病気については、獣医師監修の「犬の疾患 目の病気」をご覧ください。

ペットの品種について

  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫すべて同じ保険料です。
  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。