甲斐犬

甲斐犬のかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

甲斐犬

甲斐犬のかかりやすい病気やケガとペット保険

甲斐は、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

甲斐犬は、当社の「犬種分類表」から中型犬に分類されます。
保険料については、「お見積り」から、中型犬と年齢を選択するだけでご参照いただけます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

甲斐犬とは

甲斐犬は日本の山梨(甲斐地方)の土着犬といわれています。

大きさは中型犬になります。

紀元前前から甲斐地方の山岳地帯に生息していた犬が祖先と考えられています。

この地方の土着犬の自然交配と、猟犬としてての選択繁殖がくりかえされながら作出された犬といわれています。

甲斐というのは発見された土地にちなんでつけられました。

甲斐犬は古くから山岳地帯でイノシシ猟やカモシカ猟、鹿猟などで活躍していた猟犬になります。

また、日本犬は秋田犬や柴犬など、みんな『○○いぬ』という呼び方が通常になりますが甲斐犬の場合は飼い犬と音が同じ『かいいぬ』になってしまうため『かいけん』と呼ばれているとされています。

甲斐犬は1934年に天然記念物に指定されています。

天然記念物に指定された後でも狩猟に役立つような強い四肢とイノシシにもひるまない気性を失わないように繁殖されています。

甲斐犬は近年まで海外に輸出されることは少なく、輸出されるようになったのは最近と言われています。

これは甲斐犬が現代でもなお実猟に向く気性の強さが欧米での繁殖によって愛玩犬化をされてしまうのではないかという懸念から、繁殖者が輸出をしたがらなかったとも言われています。

甲斐犬の容姿

甲斐犬は体高と体長の比が10:11のバランスのとれたがっしりと健康的な体つきをしている中型犬です。

筋肉がよく発達している山岳地帯に生息する日本犬の特性を持っています。

特に四肢はしっかりとしていて、飛節と呼ばれる下腿とパスターンの間に位置する後肢の関節(別名:ホック)の発達は素晴らしいとされています。

甲斐犬は体高43-53cm・体重14-18kg程の中型犬になります。

JKCの基準では雌の理想の体高は45cm・雄は50cmとされており、それぞれ上下各3cmまでの許容するとされています。

日本犬の中では柴犬の次に小さい犬種になります。

甲斐犬は日本犬特有の三角形の立ち耳・三角形の目・巻き尾または差し尾をもっています。

色は黒虎、赤虎、虎の3色があります。

この虎というのは日本犬の色の用語で洋犬ではタイガー・ブリンドルという言い方をする色になります。

虎色とは金色や小麦色(フォーン)の地色に黒い虎のような縞模様の差し毛が混じった色をさします。

幼犬の頃は一色の甲斐犬もいますが成長とともに虎毛になります。

甲斐犬の毛質はダブルコートでオーバーコートは硬く、直毛でアンダーコートは柔らかく密生しています。

尻尾の毛は開立しています。

甲斐犬の性質

甲斐犬の性格を現す言葉に「一代一主」という言葉あります。

甲斐犬は飼い主以外にはあまり懐かず、一生飼い主に忠誠をつくす武士のような性質を指してこう呼ばれます。

そのため警戒心の強い犬が多いのです。

現代では愛玩犬として育っている場合も多くありますので今はフレンドリーに接することができる犬も多いです。

甲斐犬は訓練生が高く、とても頭のいい犬なのでしつけはしやすいです。

子犬のときからしっかりとしつけをしてあげましょう。

一度自由に育ててしまうと飼い主を主人と認めず言うことを聞かない犬になってしまうこともありますので注意しましょう。

甲斐犬は元猟犬になりますので事故をおこしてしまう可能性もあります。しつけは必ず行ないましょう。

甲斐犬は元々山を駆け巡っていた犬種になりますので運動は必須になります。

毎日1時間ほどの散歩をしてあげて下さい。

若い頃はのんびり歩くだけではなく、ボールなどを投げて追いかける遊びなどを取り入れるとストレス発散にも飼い主とのコミュニケーションにもなります。

甲斐犬には換毛期があり、春と秋に抜け毛が増加する時期がありますので、この時期は念入りなブラッシングが必要です。

ブラッシングは皮膚の新陳代謝をあげるマッサージ効果もありますので換毛期でなくても定期的なブラッシングをしてあげてください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

当社のペット保険は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。

なお、猫の保険料については、品種による違いはありません。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。