アレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎では、アレルゲンが原因で皮膚にかゆみが生じ、赤み・湿疹・脱毛などの症状が現れます。

アレルギー症状を引き起こすアレルゲンは、食物・ノミやダニ・花粉などそれぞれの犬によって異なります。

犬が体を痒がり皮膚に炎症が見つかったら、獣医師の指導のもとで症状の改善を目指しましょう。

犬のアレルギー性皮膚炎にかかりやすい犬種

犬の保険について

犬のアレルギー性皮膚炎の症状

犬のアレルギー性皮膚炎では、犬の皮膚にかゆみが生じ、しきりに足で掻くなどの行動が見られます。

皮膚の状態としては、赤みや脱毛・湿疹などの症状を呈します。

その他の皮膚炎との鑑別が難しいため、症状が良くならない・繰り返す場合はアレルギー性皮膚炎が疑われます。

犬のアレルギー性皮膚炎の原因

犬のアレルギー性皮膚炎の原因には、食物・環境アレルゲン・ノミやダニなど、様々なものが挙げられます。

食物アレルギーでは、鶏肉・牛肉・卵・大豆・魚をはじめとした蛋白質でアレルギー症状を引き起こす他、ドッグフードに含まれる添加物がアレルゲンとなることも考えられます。

また、犬がノミに刺されてアレルギー性皮膚炎を発症することがあり、こちらはノミの唾液が原因となり引き起こされるアレルギー症状です。

人と同じように、花粉などの環境アレルゲンによるアレルギーも存在します。

発見するには

犬がしきりに全身を掻いたり、体を壁や床にこすりつけたりして痒がっている場合、皮膚の状態を確認してみましょう。

湿疹やできもの・皮膚の赤みがないかどうか、脱毛、ノミがいるかどうかを確認し、異常が認められた場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

予防

アレルギー性皮膚炎の予防は難しく、完治は難しい疾患です。

アレルギーを疑う場合、アレルゲンとなりうるものを出来る限り避けましょう。

万が一発症してしまった場合は、動物病院でアレルギーの原因を特定するとともに、食事療法・投薬・外用療法などを行います。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問合わせ下さい。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。