ラブラドール・レトリーバー

ラブラドール・レトリーバーの保険料

50%

70%

100%

大型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,740円 1,900円 20,030円 21,890円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
1,700円 1,860円 19,560円 21,430円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
2,440円 2,670円 28,110円 30,750円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,000円 3,490円 34,590円 40,210円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,150円 4,380円 36,350円 50,560円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 5,750円 40,840円 66,380円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円
3,540円 40,840円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,590円 2,750円 29,820円 31,690円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
2,520円 2,690円 29,120円 30,980円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,370円 3,590円 38,830円 41,470円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,660円 4,140円 42,170円 47,790円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
3,840円 5,070円 44,320円 58,530円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 6,530円 49,780円 75,330円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円
4,310円 49,780円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

大型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
3,190円 3,350円 36,800円 38,660円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
3,110円 3,280円 35,930円 37,790円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,210円 4,440円 48,580円 51,220円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
4,850円 5,340円 55,970円 61,590円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,110円 6,350円 59,010円 73,220円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 7,980円 66,530円 92,070円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円
5,770円 66,530円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります
◆15歳以上の大型犬の場合、火葬費用等担保特約のセットがございません。そのため、ご継続の場合は「特約なし」の契約へ自動的に変更となり、保険料は「特約なし」の金額となります

目次

ラブラドール・レトリーバーは、温和で社交的な性格、かつ、かしこく従順であることから、大型犬の中ではゴールデン・レトリーバーと同様に人気の高い犬種となっております。

しかしながら、ラブラドール・レトリーバーの特徴的な体型や体質から悪性腫瘍や、アレルギー性皮膚炎、糖尿病などといった疾患を発症することが多い犬種ともいわれています。

PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。

PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてラブラドール・レトリーバーのペット保険を検討されたのではないでしょうか。

ラブラドール・レトリーバーの写真

ラブラドール・レトリーバーのかかりやすい病気やケガとペット保険

ラブラドール・レトリーバーは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

  1. 悪性腫瘍(がん)
  2. アトピー性皮膚炎
  3. 糖尿病
  4. 外耳炎

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

ラブラドール・レトリーバーは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

ラブラドール・レトリーバーの特徴

ラブラドール・レトリーバーとは

ラブラドール・レトリーバーは大型犬に分類される犬種です。

もともとは獲物を回収するという意味である「レトリーバー」が付いているように狩猟犬でした。

本来、漁に出た時、網にかけた魚を回収するために使役されていたので、足には水かきがあります。

他にも洞察力や作業力に関しては優秀と言われており、世界各国で、補助犬や警察犬として最適と言われています。

現代では家庭犬(ペット)として飼われているケース、他にも盲導犬や警察犬といった使役犬となっているケースがあります。

またラブラドール・レトリーバーには、2種類の血統があり、アメリカンタイプは使役犬や狩猟犬として最適な犬種となっていますが、イングリッシュタイプの場合は、外観に特化をして品評会に出されています。

ラブラドール・レトリーバーの容姿

ラブラドール・レトリーバーは比較的大きく、骨太で筋肉質なしっかりとした体格をしています。

また運動量がとても豊富で食欲旺盛なため、適度な運動を心がけ肥満にならないよう注意しましょう。

毛色はブラック、チョコレート、イエローの大きく3つに分けられます。

またブラック、チョコレートに関して、胸に入る白い斑点は許容されています。

被毛はまっすぐな短毛で、柔らかいアンダーコートが密集しているダブルコートです。

もともと魚を回収するために使役していた犬種のため、この丈夫な短毛で水をはじき体温を守ります。

愛犬とのコミュニケーションや健康管理のためにも、ブラッシングは毎日行うことが理想とされています。

臭覚については優れており、追跡を続けられるだけの忍耐力も持ち合わせています。

警察犬等に使役をされるのは臭覚の優秀さによる所も多いようです。

ラブラドール・レトリーバーの性格

ラブラドール・レトリーバーは温和かつ社交的な性格をしており、従順さにも定評があります。

子どもや他の動物に関しても比較的に優しく友好的ですので、家庭犬として非常に優秀と言えます。

また使役犬としては非常に敏捷で活発な部分が大きいです。

遊ぶ事も好み、騒がしくて賑やかな環境も嫌いではありません。

ただし恐怖については鈍感な面があり、たまに外からの騒音に関して反応してしまう事もあります。

基本的には無駄吠えは少なく、攻撃性も低いですが、きちんとした訓練やしつけは必要です。

またフリスビーやキャッチボール、フライボールというボール遊びを好む傾向があります。

賢くて温和なラブラドール・レトリーバーは家庭犬としても狩猟犬としても優秀な犬種といえるでしょう。

ラブラドール・レトリーバーの飼い方

ラブラドール・レトリーバーのようなレトリバー種は、鳥猟犬としての役目に加え、獲物を回収するレトリーブ(回収)の作業も担っていたことから、人と協力して作業することが大好きです。

そのため、ストレス解消のためにボールやフリスビーを使った「取ってこい遊び」をしてあげましょう。

また、垂れ耳のため外耳炎になりやすいので、定期的に耳の中をチェックして、汚れていたら耳のお手入れが必要です。

加えて、腫瘍、変形性関節症や股関節形成不全などの関節の病気になりやすいため、早期発見・早期治療のためにも定期的な健康診断をうけるようにしましょう。

ラブラドール・レトリーバー向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りラブラドール・レトリーバーは、

  • 悪性腫瘍(がん)
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • 外耳炎

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※ラブラドール・レトリーバーは、当社の「犬種分類表」から大型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • ラブラドール・レトリーバーの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
大型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険は、大型犬でも安心して続けられる保険料

2022.12.23

わが家の愛犬は大型犬なので、年齢を重ねるごとに保険料が爆上がりするのがとても不安でした。 でも、PS保険なら、そうした心配がなく、安心して保険を続けられると思いました。 保険金請求が簡単そうなのも良い点です。ほかに悩んでる方にもぜひ薦めたいです。

  • 年代・性別:40代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:2歳
  • 加入プラン:100%補償プラン(乗り換え)

PS保険はペットが高齢になっても保険料があまり上がらないので安心

2022.11.24

2頭の大型犬を他社のペット保険に入れていたが、年齢を重ねると保険料が上がり、保険を続けられなくなった。大型犬を飼っている知人からPS保険が良いと聞き、乗り換えた。

PS保険の保険料は、ペットが高齢になってもあまり上がらないので、安心して入ることができる。

  • 年代・性別:60代 男性
  • ペットの分類:大型犬
  • ペットの年齢:8か月
  • 加入プラン:70%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。