ボーダー・コリーの保険について。補償内容や注意点などを徹底解説

ボーダー・コリーの保険料

50%

70%

100%

中型犬 50%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
1,850円 1,930円 21,310円 22,230円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
1,590円 1,670円 18,360円 19,280円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,130円 2,230円 24,570円 25,700円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,780円 2,890円 32,090円 33,380円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
2,930円 3,230円 33,770円 37,280円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,110円 38,000円 47,470円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 4,770円 38,000円 55,030円
3,290円 5,300円 38,000円 61,150円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

中型犬 70%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ 9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
2,760円 2,840円 31,810円 32,740円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,360円 2,440円 27,240円 28,170円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
2,940円 3,040円 33,910円 35,040円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,390円 3,500円 39,110円 40,400円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
3,570円 3,870円 41,160円 44,670円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 4,830円 46,310円 55,780円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 5,490円 46,310円 63,340円
4,010円 6,020円 46,310円 69,460円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

中型犬 100%補償プラン(インターネット申込み)

加入
条件
年齢
新規 新生児※2
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
継続のみ
※3
9歳
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳~
月払
(特約なし※1)
月払
(特約あり※1)
年払
(特約なし※1)
年払
(特約あり※1)
3,390円 3,470円 39,160円 40,080円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
2,920円 3,000円 33,700円 34,630円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
3,690円 3,790円 42,560円 43,700円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,510円 4,620円 52,060円 53,350円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
4,770円 5,070円 54,980円 58,490円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,200円 62,090円 71,560円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 6,860円 62,090円 79,120円
5,380円 7,390円 62,090円 85,240円

※1 特約とは火葬費用等担保特約をさします
※2 補償開始日時点で生後30日以上~120日未満の場合「※2」の保険料となります

こちらではボーダー・コリーのかかりやすい病気と特徴についてご説明します。

これから家族に迎え入れられる方、ペット保険をご検討中の方は是非ご覧ください。

ボーダー・コリー

ボーダー・コリーのかかりやすい病気やケガとペット保険

ボーダー・コリーは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。
そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。
当ウェブサイトから、すぐに「お申込み」いただけます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

※補償の対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

ボーダー・コリーは、当社の「犬種分類表」から中型犬に分類されます。
ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「ペット保険の特長」をご確認のうえ、「資料請求」をお願いいたします。

ボーダー・コリーの特徴

ボーダー・コリーとは

ボーダー・コリーはイギリスが原産の牧羊犬になります。

牧羊犬は、牧場で放牧している羊の群れを誘導したり見張ったりする役目を担っている犬になります。

他にも盗難や捕食動物などの外敵から羊を守るように訓練もされています。

ボーダーという名前の意味は国境、県境という意味で元々生息していたのがイングランドとスコットランドの境界だったことが由来となっています。

ボーダー・コリーの祖先は8世紀から11世紀にかけて当時、バイキングと呼ばれるスカンジナビア半島やバルト海の海賊がスカンジナビア半島からイギリスに持ち込んだトナカイ用の牧畜犬だったとされています。

その後、土着の牧羊犬やラフ・コリーと交雑されて19世紀には現在のボーダー・コリーのタイプとなっていたといわれています。

ボーダー・コリーはラフ・コリーほどの優雅さを持ち合わせていなかったためFCIの認定が遅く1987年まで認定されませんでした。

これはラフ・コリーがショードックへの道を重視したのに対しボーダー・コリーは作業能力のみを重視されていたため国外への認知が広がるのが遅かったことが原因とされています。

ボーダー・コリーは牧羊犬の中で最も作業能力が高いといわれています。

そのため作業試験であるワーキング・トライアルや、服従試験と呼ばれているオビディエンス・トライアルがショーで実施されるようになってから徐々に見直され、1987年にFCIにて公認犬種となりました。

ボーダー・コリーの容姿

ボーダー・コリーは体高が46~54cm位の中型犬になります。雄の理想の体高は53cm、雌の理想の体高は53cmより僅かに低いとされています。

体重は14.0kg〜20.0kg位となります。

ボーダー・コリーは牧羊犬になるので筋骨たくましい体つきをしておりますが、外形は滑らかで均等がとれています。

マズル(口吻)はコリーらしく鼻に向かって細くなりますが適度に短いです。

スカルとマズルの長さはほぼ同じになります。

鼻の色に関しては毛色の色によって異なります。

目はオーバル形とよばれる形(たまご型)をしており適度な大きさになります。

通常はブラウンですが毛色がマール系の場合についてはブルーも認められています。

被毛は長毛とスムースの2種類存在します。

どちらにしてもダブルコートで雨風に強いです。

長毛のものはメーンと呼ばれる頸背と頸側の毛とブリーチング(ブラックアンドタンの犬の腿部の外側にあるタンの毛)、そして尻尾の被毛が豊富となっております。

毛色は様々で、一番メジャーなのがブラック&ホワイトになりますが、レッド&ホワイト、ブリンドル&ホワイトやトライカラー系、マール系などがあります。

しかし、JKCではホワイトが優勢なのは好ましくないとされています。

また、マール系のボーダー・コリーの掛け合わせはダブルマールと呼ばれ、遺伝病になりやすく、先天的に視力や聴力などの様々な面で障害もって生まれる確立が高いためブリーダーの中ではご法度となっています。

ボーダー・コリーの性格

ボーダー・コリーは非常に鋭敏で注意深い性格をしています。

また頭がよく聡明ですので優秀な作業犬になります。

しかし神経質ということはなく、明るく活発な性格をしています。

そのためトレーニング好きで訓練性が高くしっかり教えれば様々なことを学習していきます。

しっかりとしつければとてもいい子になりますが、育て方によっては噛み癖がある子に育ってしまいます。

そのためしっかりとしたしつけをしてあげてください。

ボーダー・コリーは運動が大好きで毎日のお散歩させてあげてください。

ボーダー・コリーのストレスをためないためにもコミュニケーションはしっかりとってあげてください。

具体的には飼い主さんが色々な指示をしてあげることです。

日常の散歩においても、普通に歩くだけでなくて、歩く速度に変化をいれてあげる。

急に方向転換をしてみたり、おすわりや待て、などのちょっとした指示を出したりしながら歩くことで普通の散歩よりもストレスが解消されるでしょう。

もちろん、いっぱい撫でてあげたり、ブラッシングをしたりしてあげることも大切なコミュニケーションとなります。

ボーダー・コリーの飼い方

ボーダー・コリーは、中型犬の中でも特に運動量を多く必要とする犬種です。毎日朝と夜にそれぞれ30分以上の散歩をできる環境が必要となります。

また、普段の散歩に加えて休日にはドッグランなどで飼い主さまと犬が一緒に楽しむアジリティやディスクなどのドッグスポーツの時間をもつこともおすすめとなります。

病気としては関節形成不全などの先天性疾患やコリー眼異常といった遺伝性疾患に注意が必要なため、心配なことがあったらすぐに相談できるかかりつけの動物病院を見つけておくようにしましょう。

ボーダー・コリー向けペット保険で確認したい補償内容

前述の通りボーダー・コリーは、

  • コリー眼異常
  • 白内障
  • 進行性網膜萎縮症
  • 股関節形成不全

に罹りやすい傾向にあります。

したがって、ペット保険の加入を検討する際は、飼育しているペットが罹りやすいケガ・病気がきちんと補償内容に含まれている手厚い保険か事前に確認しておくと安心です。

他にも、入院や手術だけでなく、通院も補償内容に含まれているか事前に把握しておくことをおすすめします。

※PS保険の補償対象となるケガや病気については、「補償内容」をお確かめください。

※ボーダー・コリーは、当社の「犬種分類表」から中型犬に分類されます。

※罹りやすい疾患にはあくまで個体差があります。

ペット保険を選ぶポイントは、「ペット保険の選び方」をご参考ください。

よくあるご質問

  • ペット保険とはどんな保険ですか?
  • ペットがケガや病気になったとき、動物病院の診療費(の一部)をお支払いする保険です。

    ペットには人間の健康保険のような制度がありませんので、病院での診療費は全額自己負担となります。

    ペット保険に加入していれば、万が一のケガや病気で動物病院を受診した際に保険会社がかかった診療費の一部を補償してくれるので、飼い主の経済的な負担を軽減してくれます。

  • 保険料は毎年上がりますか?
  • PS保険の保険料が上がるのは3歳ごとに1度のタイミングです。

    3歳、6歳、9歳、12歳のタイミングで上がります。

    12歳以降に保険料は上がりません。
    ※ただし、ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)をセットしている場合は、12歳以降も年齢(3歳ごと)とともに18歳まで保険料が上がります。

  • どんなケガや病気でも補償されるの?
  • (がん)、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療※1や、猫に多く見られる腎不全、尿路結石症も補償対象です。

    これらのように飼い主さまの不安の種になりやすく、大半のペット保険で補償対象外にされやすい診療でも、しっかり補償します。

    補償対象外のケガや病気は、保険会社ごとに定められています。ペット保険を選ぶ際は、各社の補償対象外のケガや病気についてしっかり把握しておくことが重要です。

    ※1予防を目的とした費用は補償の対象外です。
    (注)獣医師により、すでに発見されている先天性疾患や治療中のケガや病気、予防措置については補償対象外となります。詳細は、約款及び重要事項説明書をご覧ください。

  • ボーダー・コリーの保険を選ぶポイントは?
  • 通院補償がついているペット保険を選ぶと安心です。

    大きなケガや入院も心配ではありますが、実は保険金支払いの内一番多いのは通院によるものです。
    ※PS保険2022年度の保険金支払いデータにて調査。

    そのため、手術・入院補償はもちろん、通院補償がついているとより安心です。

    ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」はすべてのプランに通院補償がセットされています。
    ※お支払い対象とならないケガや病気または診療費などがあります。また、お支払いの日額や日数(回数)には限度があります。

その他のよくあるご質問はこちら

ペット保険に加入している
中型犬の飼い主さまからの
口コミ・評判

PS保険なら、他社の50%補償の保険料で70%補償に

2023.2.26

ペットショップで勧められるまま、保険料が年々上がることをあまり考えず、他社のペット保険に加入しました。

たまたまアプリ内広告でPS保険のことを知り、比較してみると、当時加入していた50%補償の保険料で、PS保険では70%補償になることが判明。 年々高くなる保険料の最大額もPS保険のほうが安い! すぐに資料請求しました。これから保険選びをされる方には、他の保険を比較したほうがいいと伝えたいです。

  • 年代・性別:50代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:5歳
  • 加入プラン:70%補償プラン+火葬費用等担保特約(乗り換え)

高額な医療費が愛犬の治療の障害にならないように

2023.2.24

保険に入る前に愛犬が胃腸炎になり、高額な医療費がかかりました。 今後歳を重ねるにつれて、もっと高額な医療費がかかるようになった時、それが愛犬の治療の障害にならないようにしてあげたいと思い、PS保険に加入しました。

  • 年代・性別:40代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:2歳
  • 加入プラン:50%補償プラン(新規加入)

対応がいい会社が一番だから選んだPS保険

2022.12.22

ネット申し込みは、自分ですべて対応しないといけないので不安でしたが、PS保険に電話で相談したところ、気持ちよく分かりやすく回答してくれました。

他の保険会社を比較していた際、やはり対応がいい保険会社が一番だと思っていて、PS保険は新規申し込み、審査、申し込み後まで、すべての対応がよかったので安心して加入ができました。

  • 年代・性別:30代 女性
  • ペットの分類:中型犬
  • ペットの年齢:7歳
  • 加入プラン:50%補償プラン(乗り換え)

犬の保険について

犬種別の保険料

  • 純血犬は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。犬種の区分については、「犬種分類表」をご確認ください。
  • ミックス犬の保険料は、年齢と体重により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類します。詳しくは、「犬種分類表」の「ミックス犬」の欄をご確認ください。
  • 猫の場合は、品種によらず純血猫もミックス猫もすべて同じ保険料です。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8か月未満:6kg未満
  • 8か月以上:8kg未満
  • 8か月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8か月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8か月未満:20kg以上
  • 8か月以上:25kg以上

※ 「犬種分類表」に記載のない犬種の分類につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。