オールド・イングリッシュ・シープドッグ

オールド・イングリッシュ・シープドッグのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。

すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。

オールド・イングリッシュ・シープドッグ

かかりやすい病気

犬の保険について

オールド・イングリッシュ・シープドッグとは

オールド・イングリッシュ・シープドッグは名前の通りイギリスが原産地となる犬種です。

名前の頭文字をとって『OES』や『オールド』などの愛称で親しまれています。

オールド・イングリッシュ・シープドッグは1771年頃に描かれた絵画に非常によく似た犬がいるためこの頃にはいたのではないかと言われていますが、定かではありません。

犬種名にもオールドと入っていますが、歴史はそこまでオールドではありません。

しかし、起源では定かではなく、ビアデッド・コリーとイギリスの土着犬やロシアから着た犬など様々な犬が交雑された犬という説やスタンダート・プードルとディア・ハウンドを交雑した犬種など、諸説ありますがどれもイギリスで作出されていることはまちがいありません。

オールド・イングリッシュ・シープドッグは元々牧羊犬として飼育されていました。

オールド・イングリッシュ・シープドッグは羊たちを激しく追い立てて管理するのではなく、羊たちを牧場からロンドンなどの都市部へ、誘導しながら警護をする仕事を主にしてきました。

当時のイギリスでは作業犬は愛玩犬とは異なり、飼育することに対して税金がかかりませんでした。この作業犬としての目印として断尾をさせられていました。

これにより当時は『ボブテイル』と呼ばれることもありました。

1873年にイギリスのバーミンガムで開催されたドックショーに初めて出陳されました。

当時は質の悪い犬とされていましたが、被毛をふわふわにさせるグルーミングが編み出されショーで活躍する犬種となりました。

その後19世紀末にはアメリカへ進出し20世紀初頭には人気犬種となりました。

オールド・イングリッシュ・シープドッグはアニメや映画などにも起用されるほどの人気犬種となっています。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの容姿

オールド・イングリッシュ・シープドッグは雄で体高56-61㎝、体重32-45㎏、雌で51-56㎝、体重27-36㎏ほどの大型犬になります。

外貌は体高が体長とほぼ等しいスクエア型ですが、腰の位置が肩の位置よりも高く、後肢の方が長いです。

また、肩よりも骨盤が張っているためお尻が大きくみえる体型をしています。

オールド・イングリッシュ・シープドッグは『側対歩』と呼ばれる右前肢と右後肢を同時に出す、熊のように体をゆらしてのそのそと歩きます。

この独特の歩き方はオールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴の一つです。

被毛はふわふわのダブルコートのロングヘアーです。

カラーはグレーとホワイトで2色にくっきり分けられています。

子犬のころはグレーではなく白と黒ですが黒い被毛は子犬のころのみに現れるもので成長と共にグレーになっていきます。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの歴史にも関わりの深い断尾については現在欧州では動物愛護の観点から実施しない国が増えてきています。

しかしオーストラリアやアメリカではまだ断尾の方が望ましいとされています。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの性質

オールド・イングリッシュ・シープドッグはとても明るく、穏やかな性格の犬です。

また人に良くなれて、子供やほかの動物と仲良くすることもできます。

遊び好きな一面もありますが作業犬として活躍していたたこともありとても賢く飼い主に従順な犬種です。

また神経質な面もなく穏やかな気質なので、突然攻撃的になったりすることは少ないでしょう。

しかし非常にちからのある犬なので万が一にも事故が起こらないようにしつけはしっかりと行いましょう。

賢いのですが、頑固な一面がありしつけは少し苦労するかもしれません。

身体の大きさもありますのでしつけをしておかないと成犬になってから大変な思いをしますので、子犬のころから実施しましょう。

また体が大きく運動量が多い犬種になりますので1時間以上の散歩を1日2回ほど連れて行ってあげましょう。

幼犬のうちはボール遊びなどおもちゃを使った遊びもしてあげてください。

体が大きくテニスボール程度の大きさだと誤飲してしまうこともありますので体のサイズを考えたおもちゃ選びをしてください。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの手入れについてはとても大変です。

非常に毛量の多く絡まりやすく抜けやすいので2日に1回はコーミングとブラッシングを行ってあげてください。

換毛期の抜け毛の量はとても多いのでこの時期は毎日ブラッシングをしてあげましょう。

顔の周りの毛については長い毛はゴムなどでまとめて目をしっかり見えるようにしてあげるのもいいでしょう。

オールド・イングリッシュ・シープドッグについては非常に温厚で気質の良い犬ではありますが、日ごろの手入れがとても大変になります。

飼育するにあたってはしっかりとケアができるかを見直していきましょう。

犬の保険について

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。