犬の鼻腔狭窄

目次

犬の鼻腔狭窄ってどんな病気?

鼻腔狭窄とは鼻先の短い短頭種の犬に多く発症例の見られる病気で、鼻腔が狭くなった状態を言います。

呼吸困難を引き起こす可能性がある病気なので注意が必要です。

犬の鼻腔狭窄の症状

症状としては、犬の鼻の穴が狭かったり、寝ている時だけでなく鼻をグーグーといびきのような音を出して呼吸したり、鼻水をよく飛ばしたり、暑くもないのに口を開けて荒い呼吸をしたりします。

この病気を患う犬は、少しの運動でも酸欠になりやすく、激しい運動をした時は舌が青紫色(チアノーゼ)になり、非常に危険な状態に陥ることもあります。

また、夏には体温調整が難しく熱中症になりやすいので注意が必要です。

どうして症状が出るの? 原因は?

主な原因としては、生まれつき鼻腔が狭くなりやすい短頭種という犬種であること、こうした先天性によるものがほとんどですが、感染症やアレルギーなどにより鼻の中の粘膜が炎症を起して鼻腔が狭くなることもあります。

犬の保険について

どんな犬が鼻腔狭窄にかかりやすいの?

鼻先の短い短頭種の犬

犬の鼻腔狭窄の特徴とチェック項目

症状の項でも述べたように、短頭種の犬種で鼻づまりや呼吸苦などが見られた際には疑ってよいでしょう。

私たち人間も鼻づまりで呼吸がしづらくなるように、犬たちも鼻づまりで苦しいと感じるので、少しでも気になるようであれば、お近くの動物病院で診察を受けてください。

どうやって予防したらいいの?

多くの場合、先天性がほとんどなので明確な予防法はありません。

しかし、愛犬の肥満が病状を進行させてしまうことがあります。

ダイエットは、犬の鼻腔狭窄に限らず、いろんな病気を防ぐ健康法のひとつなので、かわいいからと必要以上にご飯やおやつを与えず、適切な量の食事を与え、肥満防止に努めましょう。

そのほか気になる犬の呼吸器系の病気については、獣医師監修の「犬の疾患 呼吸器系の病気」をご覧ください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問い合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。