犬の短頭種気道症候群

目次

犬の短頭種気道症候群ってどんな病気?

短頭種気道症候群とは、短頭種と呼ばれる、鼻先が短い犬種に多く見られる病気です。

短頭種の犬は頭部の解剖学的構造上、「鼻腔狭窄」と「長すぎる軟口蓋(軟口蓋過長症)」、「声門の狭窄」といった症状が複合した場合に、特に短頭種気道症候群と呼ばれます。

鼻腔狭窄の詳しい症状や原因については、獣医師監修の「犬の鼻腔狭窄」をご覧ください。

また、軟口蓋過長症の詳しい症状や原因については、「犬の軟口蓋過長症」をご覧ください。

犬の短頭種気道症候群の症状

短頭種気道症候群の主な症状として、鼻の穴が挟まっている、普段から鼻をグーグー鳴らす、鼻水をよく飛ばす、過度のパンティング(犬が舌を出してハァハァと行なう激しい呼吸)や息を吸うときにぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音が見られます。

また、就寝時にいびきをかくことや、興奮した時にぶーぶーという呼吸音を立てるなども特徴のひとつとして挙げられます。

通常より呼吸がしづらいため、呼吸が荒くなる運動を嫌がりします。

悪化すると呼吸困難から体の熱の発散ができなくなることで、犬が熱中症にかかりやすくなり、食欲低下や失神なども見られるようになります。

どうして症状が出るの? 原因は?

短頭種気道症候群の一般的な原因としては、上記したようなマズルが短い短頭種の犬は、極めて短期間で選択繁殖されてきたため、頭の骨が短くなったにもかかわらず、その上を覆っている軟部組織が短くなっていません。

その結果、「皮膚のたるみ」「軟口蓋の垂れ下がり」「鼻腔の狭窄」が現れ、その複合が短頭種気道症候群を引き起こします。

さらに、肥満が重なると発症率は上がります。

犬の保険について

どんな犬が短頭種気道症候群にかかりやすいの?

短頭種(顔と鼻があまり離れていない犬種)がかかりやすい

など

犬の短頭種気道症候群の特徴とチェック項目

犬に、いつもより呼吸が荒い、寝ているときにいびきなどが見られる場合は注意が必要です。

すぐに死に結びつく病気ではありませんが、重篤になると呼吸障害につながり、命にかかわります。

愛犬にこれらの症状を発見したら、お近くの動物病院へ診察してください。

どうやって予防したらいいの?

もともと鼻の短い短頭種の犬がかかりやすい病気のため、予防は困難ですが普段から肥満にさせないように心がけましょう。

また、日頃から呼吸の様子をよく観察し、少しでも愛犬に異常があれば、すぐにお近くの病院にご相談ください。

短頭種気道症候群に限らず、適正な体重を維持することで他の病気も予防できますのでしっかりと管理しましょう。

そのほか気になる犬の呼吸器系の病気については、獣医師監修の「犬の疾患 呼吸器系の病気」をご覧ください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問い合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。