犬の咳の原因・病気とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

犬が咳をするようになった、咳が止まらない原因としてどんな病気が考えられるのでしょうか。また、病院に連れて行くタイミング、予防や対処法などを獣医師さんに伺ってみました。

犬の咳と聞いて、どんなものか想像できないかもしれません。何となく呼吸の様子がおかしいかなと感じても、そのうち治るだろうと思っていたら、病状が悪化し、取り返しのつかない事態になってしまうかもしれません。気になることがあれば、すぐに獣医師さんに相談しましょう。

犬の咳の原因・病気とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説

犬の保険について

目次

犬の咳の原因とは?

―犬の咳が起こるメカニズム、原因について教えてください。

犬が咳をしているからといって、必ずしも病気が原因とは限りません。例えば、リードを強く引っ張ったときや興奮して吠えたとき、水を飲んだとき、冷たい空気を吸ったときなどに出る「カッカッ」という一過性の乾いた咳は、病的なものではなく生理的な咳であることがほとんどです。

犬の咳の原因として考えられる病気とは?

―犬が咳をする病気として、どんなものがありますか?

子犬の場合

子犬の場合は、ケンネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)や異物誤飲(食道内異物)などが考えられます。

ケンネルコフは、ウイルスや細菌などの感染が原因で起こり、えずくような咳や発熱、鼻水、食欲不振、くしゃみ、目やになどの症状が見られます。

異物誤飲は、文字どおり本来口にしてはいけない物を誤って飲み込んでしまう病気です。異物が食道に引っかかってしまうと、吐出したり唾液が増えたりといった症状が現れるのですが、吐出によって誤嚥性肺炎が起きると、咳が出たり呼吸困難を起こしたりします。

中・高齢犬の場合

中・高齢犬の場合は、心臓病や気管虚脱などが考えられます。

心臓病

人間の場合、心臓病といえば心筋梗塞や狭心症、不整脈などが一般的ですが、犬の場合は、僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)が最も多く、ポメラニアンマルチーズチワワなどの小型犬や、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどの犬種によく起こります。

初期の段階では無症状であることがほとんどですが、病気が進行すると運動したときや興奮したときに「カハッ」という喉につかえるような咳が出るようになります。さらに病気が進行すると肺水腫を発症し、呼吸困難やチアノーゼ(血中の酸素が欠乏して、皮膚や粘膜が青紫色に変色すること)を起したり、突然倒れたりします。

僧帽弁閉鎖不全症の原因、症状、治療法など詳しい内容は、「犬の僧帽弁閉鎖不全症患」をご覧ください。

心疾患の原因、症状、治療法など詳しい内容は、「犬の心疾患」をご覧ください。

気管虚脱

気管虚脱は、気管が潰れてしまう病気で、ポメラニアントイ・プードルチワワなどの小型犬によく見られます。初期の段階では、喉に詰まったような咳や水を飲んだときにむせるような咳が出ますが、病気が進行すると激しい運動や興奮したとき、リードを強く引っ張ったときなどに、「ガーガー」とガチョウの鳴き声のような乾いた咳をしたり、「ヒューヒュー」という呼吸音がしたりします。さらに病気が進行すると呼吸困難やチアノーゼを起こしたり、突然倒れたりします。

気管虚脱の原因、症状、治療法など詳しい内容は、「犬の気管虚脱」をご覧ください。

犬の咳の対処法・応急処置

犬の咳の対処法・応急処置

―犬の咳には、どのように対処したらいいのでしょうか。

咳の様子を観察し、症状を記録

まずは咳の状態をよく観察してください。病院では、いつから咳が出ているのか、どんなときに咳き込むのか、どんな咳が出るのか、咳以外の症状があるのかなどを確認するため、これらをメモしておくようにしましょう。スマホで動画を撮影しておくと、より詳しい状況を伝えることができますよ。

そして、抱っこをしたり場所を移動したりすることで呼吸を整えてあげましょう。これで咳が治まるようであれば生理的な咳である可能性が考えられます。リードを強く引っ張ったときに咳が出たのであれば、首輪を胴輪に替え、水を飲むときに咳が出たのであれば、水飲みの器の高さを調整するといった対策をしてください。

呼吸困難時は、すぐに病院に電話

また、異物が食道に引っかかっている場合は、すぐに動物病院で処置を受ける必要があります。ただし、呼吸困難を起こしているときは、自宅で気道の確保が必要になる場合がありますが、無理に異物を取り出そうとせず、すぐに動物病院に電話をして対処法を指示してもらうようにしましょう。

犬の咳でこんな症状が見られたら、すぐに病院へ

犬の咳でこんな症状が見られたら、すぐに病院へ

様子を見ていい犬の咳の状態

―人間にとっても咳はつらいものですが、どの程度なら様子を見ていいですか?

一過性の乾いた咳をしている場合は生理的な咳の可能性が高いため、様子を見てもほとんど問題ありません。ただし、様子を見ているうちに犬の咳がどんどんひどくなってきた、咳以外の症状が現れたといった場合は、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

受診すべき犬の咳の状態、そのほかの症状

―動物病院を受診すべき咳やそのほかの症状について教えてください。

咳が止まらない、繰り返し咳き込む、咳以外の症状を伴う場合などは何らかの病気にかかっている可能性があるため、動物病院を受診するようにしましょう。

また、動物病院を受診せず放置してしまうと、ケンネルコフでは重症化して肺炎を起こし、次のような症状が現れます。

  • 発熱
  • 食欲減少
  • 呼吸が荒くなる

また、そのほかの病気では呼吸困難を起こし、下記の症状が現れ、命にかかわる可能性があります。

  • 呼吸数が多い
  • 開口呼吸をしている(口を開けて呼吸をしている)
  • チアノーゼを起こしている(舌や歯茎の色が紫になっている)
  • 横になって休めない
  • ぐったりしている

そのため、これらの症状が出ている場合は、夜間や休日であってもすぐに動物病院に連絡を入れ、獣医師の指示に従って自宅で対処をし、病院で処置を受けるようにしてください。

移動時の注意点

―病院への移動時で、飼い主が気を付けることはありますか?

犬が呼吸困難を起こしている場合、腕を体の下に入れて体勢を変えないように持ち上げ、なるべく胸を押さえないように抱きかかえるようにしましょう。

また、愛犬が呼吸困難を起こしている姿に気が動転してしまうかもしれませんが、なるべく興奮させないよう落ち着いて対処するようにしてください。

犬の咳の治療について

犬の咳の治療について

―病院ではどのような治療を行うのですか?

治療方法は病気によって異なります。

ケンネルコフの場合

ケンネルコフの場合は抗生物質や咳止めの投与を行ったり、ネブライザーという機械を使った吸入治療を行ったりします。

異物誤飲

異物誤飲で食道閉塞を起こしている場合、消化ができる異物であれば内視鏡で胃に落とし込んだり、消化できないものであれば内視鏡を使って異物を口から取り出したり、食道を切開して異物を取り出す手術を行ったりします。

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症の場合は、血管を広げる薬や利尿薬、強心剤などの投与を行い、症状を和らげたり病気の進行を遅らせたりするような治療を行います。これらの治療を行っていても病気は徐々に進行していくため、生涯に渡り投薬が必要になります。また、根治をするためには手術が必要ですが、高度な技術が必要になるため、一部の専門病院でしか手術を受けることができません。

気管虚脱

気管虚脱の場合、軽度であれば気管を広げる薬や咳止めの薬、炎症を抑える薬などの投与を行い、重度の場合には酸素吸入を行いますが、これらはすべて対症療法となります。そのため、根治をするためには潰れた気管を元の形に戻すような手術を行う必要がありますが、やはり高度な技術が必要になるため、一部の専門病院でしか手術を受けることができません。

自宅でのケア

―自宅での療養では、どんなことに注意したらいいのでしょうか?

基本的には獣医師の指示に従うようにしてください。症状が良くなったからといって自己判断で投薬を止めてしまう方が多いのですが、再発したり重症化したりする恐れがあるのでやめましょう。

また、僧帽弁閉鎖不全症や気管虚脱の場合は、治療中であっても呼吸困難を起こしてしまう可能性があります。その場合はいち早く動物病院で処置を受ける必要があるため、日ごろから愛犬の状態をよく観察するようにしましょう。

ケンネルコフの場合は、咳によってウイルスや細菌などが空気中に浮遊し、ほかの犬に感染することがあります。そのため、多頭飼育の場合は部屋を分けて未感染の犬と接触しないようにしてください。

まとめ

私たち人間と犬の咳の仕方は異なるため、愛犬が咳をしているとき、それが生理的なものなのか病的なものなのか判断が難しいかもしれません。しかし、咳が止まらない場合や咳以外の症状が見られる場合は、何かしらの病気にかかっている可能性が考えられるため、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

また、ケンネルコフを引き起こす一部のウイルスは混合ワクチンで、異物誤飲は愛犬の口が届く場所に誤って飲み込んでしまうようなものを置かないようにすることで、ある程度病気を予防することができます。

予防をできない病気は日ごろから愛犬の様子をよく観察し、中・高齢犬では定期的に健康診断を受けることで、早期発見・早期治療を心がけましょう。

そのほか気になる犬の体や行動の異常・変化については、獣医師監修の「犬の症状」を併せてご覧ください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問合わせ下さい。