犬の心疾患

犬の心疾患ってどんな病気?

犬の心疾患にはどのようなものがあるのかを理解するためには、まず、犬の心臓と血管について理解しなければなりません。

心臓の構造

犬の心臓は、人間と同じように「左右ふたつの心房」と「左右ふたつの心室」という4つの部屋でできています。また、心臓の部屋や血管の間には、血液が逆流しないように「弁」が存在します。右心房と右心室の間の弁は三尖弁、左心房と左心室の間の弁は僧帽弁と呼ばれています。

左心室の役割

左心室は、大動脈弁という弁の先で大動脈という血管につながっており、ここから全身に血液が送られます。全身を巡ってきた血液は、大静脈という血管から右心房に入ります。

左心室→(大動脈弁)→大動脈→全身の毛細血管→大静脈→右心房→(三尖弁)→右心室という順路です。

右心室の役割

右心室からは、肺動脈という血管が接続しており、血液はここから肺の中に入っていきます。右心室と肺動脈の間には肺動脈弁があります。血液中の酸素と二酸化炭素を入れ替えるガス交換が終わると、肺静脈という血管を通って心臓の左心房に入り、左心室から再び全身に循環します。

右心室→(肺動脈弁)→肺動脈→肺の組織→肺静脈→左心房→(僧帽弁)→左心室という順路です。

犬の心疾患の種類

犬の心疾患にはいくつかのタイプがあり、心臓のどこに異常が起こるかで分類します。代表的なものは以下のとおりです。

  • 「僧帽弁閉鎖不全」「三尖弁閉鎖不全」といった弁が閉まりにくくなる弁膜症
  • 「大動脈弁狭窄」「肺動脈弁狭窄」といった動脈弁の狭窄
  • 左右の心房の間に穴が開いている「心房中隔欠損」
  • 左右の心室の間に穴が開いている「心室中隔欠損」
  • ふたつの動脈のバイパスが残ってしまう「動脈管開存症」

※「犬の僧帽弁閉鎖不全」について獣医師が詳しく解説

これらのほかに、心臓の筋肉に異常が生じる「心筋症」があります。心筋症はいくつかのタイプに分類されますが、犬(特に大型犬)では拡張型心筋症の発生が見られます。

犬の心疾患の症状と原因

どうして症状が出るの?原因は?

心臓には血液を送り出すポンプとしての役割がありますが、さまざまなタイプで知られる心疾患のいずれも、ポンプとしての働きを十分にできなくなることで症状が出てくるようになります。

  • 僧帽弁閉鎖不全や三尖弁閉鎖不全のような弁膜症は、弁が閉まりにくくなることで血液が逆流します。その結果、血液が全身に届きにくくなることで症状が出ます。
  • 大動脈弁狭窄や肺動脈弁狭窄といった動脈弁の狭窄では、弁の部分が狭くなるせいで血液が流れにくくなります。
  • 心房中隔欠損や心室中隔欠損は、右心房と左心房、右心室と左心室の間の壁に穴が開いていて、そこを血液が流れることで心臓に負担がかかります。
  • 動脈管開存症は、生まれる前にあった大動脈と肺動脈のバイパスがそのまま残ってしまう異常です。
  • 拡張型心筋症は、心臓の壁の筋肉が薄くなってしまうことでポンプ機能が落ちていきます。

どんな犬が心疾患にかかりやすいの?

僧帽弁閉鎖不全

中高齢の室内犬でよく見られます。

大動脈弁狭窄

肺動脈弁狭窄

心房中隔欠損

動脈管開存症

拡張型心筋症

3~10歳の大型犬でよく見られます。

犬の心疾患の特徴とチェック項目

犬の心疾患の初期症状は、多くの場合、目で見てわかるものはほとんどありません。症状が表面化するということは、ある程度、病気が進行している可能性が高いと考えられます。次のような症状が見られるようになったら、すぐに動物病院を受診しましょう。

  • 咳(心臓の肥大や肺水腫による)
  • お腹が膨れてくる(腹水貯留による)
  • 失神する
  • 動きたがらない
  • 呼吸が荒くなる
  • 舌や歯ぐきの色が紫色になる(チアノーゼと呼ばれる)

犬の心疾患はどうやって診断されるの?

犬の心疾患は、多くの場合、初期では無症状であるため、動物病院で獣医さんが聴診をしたときに心臓の音に雑音が混ざることで発見されることがほとんどです。

そこから、胸部レントゲン検査、心臓の超音波検査などを行い、異常がある場所や異常の程度を診断します。胸部レントゲン検査では、心臓の全体的なサイズと形の異常がないかどうか、肺水腫がないかどうかなどを調べます。超音波検査では、心臓のリアルタイムな動きや血流を調べることができます。

最近では血液で心臓のバイオマーカー(体の状態を測定し評価するための指標。主に体液や組織中のタンパク質を調べる)を測定することもあります。これにより心疾患の重症度を判定することができます。

犬の心疾患の治療にはどんな方法があるの?

僧帽弁閉鎖不全や三尖弁閉鎖不全の治療方法

僧帽弁閉鎖不全や三尖弁閉鎖不全の根本的な治療は外科治療です。しかしながら、費用が高額であること、手術できる病院が限られていることから、多くの場合は内服薬による内科治療を行います。

血液を流れやすくするための血管拡張薬や、心臓の働きを強める強心薬、肺水腫治療のための利尿剤などを症状に合わせて使用します。

大動脈弁狭窄の治療方法

大動脈弁狭窄の治療は、カテーテル手術を行うこともありますが、多くの場合、運動制限と内科療法です。使用する薬は、心拍数を抑え、不整脈をなくす作用のあるものです。大動脈弁狭窄の合併症として細菌性心内膜炎になることがあるため、その予防として抗菌薬を使用することもあります。

肺動脈弁狭窄の治療方法

肺動脈弁狭窄の治療は、カテーテル手術のような外科治療と投薬による内科治療があります。使用する薬は心拍数をコントロールして心臓の負担を軽くするものや、心臓の筋肉を保護するもの、利尿剤などを併用します。

心房中隔欠損や心室中隔欠損の治療方法

心房中隔欠損や心室中隔欠損は、開いている穴が小さい場合、治療は必要ありません。逆に穴が大きい場合は、手術が必要になります。しかし、手術のリスクが高く実施できない場合は、投薬による内科治療を行います。この場合、血管拡張薬や強心薬、利尿剤を使用しますが、あくまで心臓の負担を軽くすることが目的です。

動脈管開存症の治療方法

動脈管開存症の治療は、外科治療です。内科治療は手術をするまでのつなぎとして行い、血管拡張薬や強心薬、利尿剤を使用します。

拡張型心筋症の治療方法

拡張型心筋症は、手術で治療することができません。そのため、内科治療として、うっ血性心不全をコントロールすることになり、血管拡張薬や強心薬、利尿剤を使用します。また、不整脈が出ている場合は抗不整脈薬を使用します。

犬の心疾患は治せるの?

僧帽弁閉鎖不全や三尖弁閉鎖不全のような弁膜症、心房中隔欠損や心室中隔欠損のような中隔欠損、動脈管開存症は手術によって完治が見込める病気です。ただし、心不全が進行してしまうと、その後も内科治療が必要になることがあります。

ほかの病気は、外科手術の適応にならない場合やリスクが高いため、多くは内科治療を行います。この場合は、あくまでも症状の進行を遅らせることが目的です。

症状を緩和するにはどうしたらいいの?

犬の心疾患の症状を緩和するには?

犬の心疾患は先天的なものの場合、予防はできません。また、外科治療の対象にならないものは内科治療でコントロールすることになります。

病気自体が初期であればあるほど、犬の体にかかる負担が軽いため、早期発見して早期治療することがとても重要です。また、治療を始めてからも心臓の状態を検査することで薬の量や種類を変えるタイミングが正確になりますので、定期的に動物病院で健康診断を受けるようにしましょう。

そのほか気になる犬の心臓の病気については、獣医師監修の「犬の疾患 心臓の病気」をご覧ください。

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問合わせ下さい。

PS保険エントランス

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。