犬の心室中隔欠損症

目次

犬の心室中隔欠損症ってどんな病気?

犬の心室中隔欠損症とは、先天的に心室中隔(心臓の左心室と右心室の間にある壁)に穴が開いている病気のことです。

左心室と右心室がつながった状態になってしまっているため、心臓に様々な障害を引き起こす病気です。

どうして症状が出るの? 原因は?

犬の心室中隔欠損は先天性の疾患です。

胎児期や出生後間もないころは、左心室と右心室の間にある心室中隔と呼ばれる壁には孔が開いている状態ですが、犬が成長するに伴い、孔がふさがっていきます。

しかし、心室中隔欠損症は生まれた後にも心室中隔に欠損孔と呼ばれる孔が空いたままになってしまっている状態を指します。

犬の保険について

どんな犬が心室中隔欠損症にかかりやすいの?

心室中隔欠損は以下の犬種で発症しやすいと言われています。

  • 柴犬
  • イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

犬の心室中隔欠損症の特徴とチェック項目

欠損孔が小さい場合は無症状のこともありますが、欠損孔が大きく症状が進行すると、運動後に疲れやすくなる、咳が出る、呼吸困難からチアノーゼを起こすといった症状が犬に見られます。

重篤化すると心不全といった重い症状が現れ、欠損孔を通じて左心室から右心室へ血液が流れ込むことにより肺に大きな負担がかかり、肺水腫を発症してしまうケースがあります。

肺水腫のより詳しい原因、症状、予防については獣医師監修の「犬の肺水腫」を併せてご覧ください。

犬の心室中隔欠損症の治療にはどんな方法があるの?

内科治療と外科治療があります。

内科治療では、犬に強心剤や血管拡張剤、利尿薬などの投薬治療を行い、心臓の負荷を軽減します。

しかし、症状の進行を抑えることはできても完治することはありません。

欠損孔が大きい場合などは、外科手術で孔をふさぎます。

小さな欠損孔であれば、自然にふさがるケースもありますが、非常にまれです。

どうやって予防したらいいの?

犬の心室中隔欠損症は先天性のため予防法はありません。

普段から愛犬の様子を観察し、疲れやすい、咳が多いなどの症状が表れたら早めに動物病院に連れて行くようにしましょう。

早期に発見して手術することができれば、完治する可能性も高い病気ですので、早期発見・早期治療が何よりも大事です。

また、欠損孔の大きさによっては、症状が出にくいこともあるので、動物病院で愛犬の健康診断をしてもらいましょう。

そのほか気になる犬の心臓の病気については、獣医師監修の「犬の疾患 心臓の病気」をご覧ください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問い合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
   片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。