犬の尿道結石

目次

犬の尿道結石ってどんな病気?

犬の尿道結石とは、尿道に結石ができて尿道内をふさぎ、排尿がしにくくなる病気で、排尿量が減ったり、血尿が出たり、尿が出なくなってしまうことがあります。また、長時間排尿姿勢をしていたり、何度も排尿姿勢をとるのに、ほとんど尿が出なかったりといった症状も見られます。

尿道結石が悪化して排尿を妨げると犬の腎臓にダメージを与え、尿毒症に発展してしまうおそれがある恐い病気でもあります。

それ以外にも膀胱炎や尿道炎を併発してしまうことがあるので、愛犬にこうした症状を発見した際には早期に治療するようにしましょう。

どうして症状が出るの? 原因は?

犬に尿道結石ができる原因として、水分摂取量の低下が尿を濃くし結石を作りやすくなる、また、尿路感染症により尿がアルカリ性になり、ストルバイト結石を作りやすくなると言われています。

結石にはいくつか種類があり、主に「ストルバイト結石」「シュウ酸カルシウム結石」「尿酸塩結石」「シスチン結石」「シリカ結石」の5種類に分けられます。

犬に多く見られる結石はストルバイト結石です。ストルバイト結石の形成には細菌が関与しており、炎症が生じた結果、主に尿中に脱落した上皮細胞が核となって結晶を作り、結石に発達します。

遺伝的に、シーズー、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャー・テリアはシュウ酸カルシウム結石に、ミニチュア・ダックスフンドはシスチン結石に、ダルメシアンは尿酸塩結石になりやすいと言われています。

犬の保険について

どんな犬が尿道結石にかかりやすいの?

遺伝的に特定の成分からなる結石ができやすい犬種が存在する

犬の尿道結石の特徴とチェック項目

尿路結石症に共通する症状として、犬の排尿量が少なくなる、長時間おしっこのポーズをとっても排尿がない、尿に血が混じるといった症状がが見られたら、尿道結石を含む尿路結石症と疑っていいでしょう。

愛犬にこうした症状を発見した際にはお近くの動物病院で診察を受けてください。

尿路結石症のより詳しい原因、症状、予防については獣医師監修の「犬の尿路結石症」を併せてご覧ください。

どうやって予防したらいいの?

基本的な予防としては、結石のできにくい体質にすることで、結石のできる原因のひとつである尿路感染症の予防をしつつ、こまめな水分補給や食事の回数を少量の複数回に変更する食事療法などが有効と言われています。
動物病院で定期的に飼い犬の尿検査をしてもらうことも予防につながります。

食事療法や動物病院での定期的な尿検査については、一度お近くの動物病院でご相談されるといいでしょう。

そのほか気になる犬の泌尿器系の病気については、獣医師監修の「犬の泌尿器系の病気」をご覧ください。

犬の保険について

ペット保険の契約対象となる犬種・品種について

ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。
犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。

ミックス犬の保険料は、下記のように設定します。

  • 両親の犬種が共にわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。
  • 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
  • 当社の「ペット保険取扱の犬種分類表」に記載のない犬種の区分については、別途お問い合わせください。
ア行~カ行犬の品種分類表
ア行
カ行
サ行~ナ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行~ワ行・その他
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
ミックス犬(※1)
  • 8ヶ月未満:6kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg未満
  • 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満
  • 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満
  • 8ヶ月未満:20kg以上
  • 8ヶ月以上:25kg以上

※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。
※ 当品種分類表に記載のない犬種の区分につきましては別途お問い合わせ下さい。

PS保険

記事監修:ペットメディカルサポート株式会社

動物病院での実務経験をもつベテラン獣医師および動物看護師が多数在籍するペット保険の少額短期保険会社。スタッフ全員が動物好きなのはもちろんのこと、犬や猫といったペットを飼っている者も多いので、飼い主様と同じ目線に立ったサポートに取り組んでいます。