ペット保険の通院補償

こちらのページではペット保険の通院補償についてご説明します。

「ペット保険が通院まで補償されるものがある」ということをご存知でない方が、意外と多い傾向にあります。

ペット保険の補償内容で、最も重要と考えられるのは通院補償です。

通院補償は、もっとも利用する可能性が高い補償です。

通院補償の有無は、ペット保険を選ぶ上で非常に重要なポイントとなります。

ペット保険の通院補償とは?

ペットがケガや病気にかかった際に、動物病院に連れて行った時に、その診療費を補償してくれるのが「通院補償」です。

入院や手術を伴わない通院のために病院を訪れた際の診療費(ケガや病気の処置、薬の処方など)が適用範囲です。

人間と同じように、ペットも入院や手術よりも、通院を行うために病院を訪れる機会の方が、より多くなると考えられます。

ペット保険の9割以上が通院補償による利用

ペット保険に通院補償は必要でしょうか?

ペットメディカルサポート株式会社による、保険金をお支払いは、9割以上が通院によるものです。

健康保険(国保・社保)が存在しない犬や猫は、ちょっとしたことで通院しただけで、高額な診療費がかかってしまうこともあります。

通院補償がついているメリット

通院補償がついていることの最大のメリットは、「気軽に動物病院に連れていける」という点です。

高額な診療費が心配になり、具合が悪そうな愛犬や愛猫を目の前に、「もう少し様子を見よう」という気持ちが働いてしまい、動物病院で診療を受けさせることが遅れてしまうペットオーナーさんもいます。

通院補償がついれいれば、「保険があるから安心」という気持ちで、すぐに病院に連れていくことができます。

保険料が安い保険には通院補償がついていない?

※おてごろ価格のPS保険は全てのプランに通院補償がセットされています。

多種多様なペット保険がありますが、極端に保険料が安いペット保険には、通院補償がついていないものも多くあります。

1番利用頻度が高くなる通院補償ですので、ペット保険を選ぶ際に補償内容を確認する際は、まず通院補償が付いているかを確認することをオススメします。