ペット保険の待機期間

多くのペット保険には待機期間というものが存在します。

ペット保険にかぎらず、医療系の保険で度々目にする「待機期間」という言葉ですが、保険に関わる機会が少ない方には、いまいち馴染みがない言葉かもしれません。

こちらでは、待機期間について、ご説明いたします。

(※PS保険には待機期間がありません)

ペット保険の待機期間とは

待機期間とは、保険に加入手続きしてから、実際に補償が開始されるまでの期間にことをいいます。

例えば、待機期間が90日とされていると、申込みを行ってから、90日が経過するまでにケガをしたりや病気になったりしても、補償を受けることができません。

待機期間が存在する意味

待機期間が存在する理由ですが、「すでにケガをしたりや病気になっているペット」が加入して、すぐに補償を受けることを防ぐ意味合いが最も強いと考えられます。

すべてのペット保険にいえることですが、加入前にケガをしたり病気にかかった場合は、補償してもらえません。

ケガや病気になってから保険に加入する悪質な加入者を遠ざけるための措置ともいえます。

しかし、元気な愛犬・愛猫のペットオーナーからすると、待機期間は無駄に不安になってしまう期間といえます。

待機期間がないペット保険、その理由

ご紹介した通り、PS保険は待機期間がありません。

なぜ、待機期間がないペット保険が作れるのでしょうか?

窓口に獣医、獣看護師をを配置しているから

お申込みの窓口や支払い窓口に専門的な知識を持つ、獣医、獣看護師を配置することで、しっかりと審査をすることができるため、待機期間を設ける必要がなくなります。

また、専門医が窓口に配備されていると、保険金を受け取る際もスムーズに手続きや審査が進むため、早く保険金を受け取ることができ、一時的な家計への負担を小さくすることができるというメリットがあります。