保険金の受取方法

ペット保険の保険金の受取方法について、ご紹介いたします。

ペット保険の受け取り方法には、大きくわけて2種類あり、それぞれにメリット・デメリットがございますので、それぞれ解説してまいります。

窓口清算

動物病院で支払う際に、保険に加入するとあらかじめ補償が適用された診療費を支払う形で保険を利用されます。

【メリット】楽・便利

わざわざ保険金の請求をしなくていいので、非常に便利です。

【デメリット】使える病院が限定される

対応していない病院も多く、対応していない病院で利用する場合は後日清算になります。

また、窓口清算の場合、保険料が割高になる傾向もあります。

後日清算

【メリット】対応病院が多い

対応病院を問わず、保険料も割安なペット保険が多くなります。

【デメリット】手間がかかる

支払いの手続きが複雑だったり、書類を揃える必要があります。

後日清算の保険のメリットを活かす

クレジットカードで清算を行い、保険金の請求を行うことで、後日清算のデメリットを払拭することができます。

保険金を受け取るまでに時間がかからないペット保険であればクレジットカードの引き落としの前に保険金が振り込まれるので、負担なくペット保険を利用できます。(場合によってはクレジットカードのポイントもたまるので、医療費の一助となる場合もあります)

支払い速度の速さに注目

PS保険のように、支払い速度(保険金を受け取れるまでの速度)を重視しているペット保険であれば、クレジットカードで診療費を支払うだけで、利便性が高まります。

ペット保険選びであまり注目されないポイントですが、保険金を受け取りまでの時間が短いことは、保険の使い勝手に大きく関わります。

保険金請求手続きについて

請求方法は、ペット保険商品、ペット保険会社によって異なります。

PS保険は、原則、領収証を送るだけで保険金の請求を簡単に行うことができます。(判断が難しい症例の場合や、診療内容が不明瞭な場合は診断書が必要になるケースもございます)

ペット保険会社によっては、医師の診断書(発行手数料がかかる)が必要だったり、保険金の受け取りの手続きが煩雑な場合もありますので、事前にチェックすることをおすすめいたします。