少額短期保険と損害保険の違いとは?

ペット保険を取り扱っている会社には「少額短期保険会社」と「損害保険会社」の二種類が存在します。

この2つの保険会社の間には、どういった違いがあるのかご説明していきます。

少額短期保険とは?

少額短期保険は、2006年4月の保険業法改正により誕生した、文字通り「少額」で「短期」の保険契約の引受けを行う保険会社です。

少額短期保険は、補償額が最大1000万円まで、保険契約期間は1年(第二分野については2年)以内となっています。

ペット保険の年間補償額は、最大でも1000万円の限度を超えることはないため、少額短期保険に向いた商品であるといえます。

国内のペット保険会社

現在、国内のペット保険会社のうち、損害保険会社は4社、少額短期保険会社は11社あります。

参考:日本国内のペット保険会社

少額短期保険と損害保険の違い

少額短期保険会社と損害保険会社で大きく異なるのは、「事業認可を受けるにあたっての規制の厳しさ」「事業の規模」「契約者保護機構」です。

少額短期保険事業は財務局による登録制となっており、資格をクリアした会社に対し認可が与えられます。

一方で損害保険会社は金融庁による免許制度となっているほかに、会社資本金が最低で10億円必要となるなど、ある程度の事業規模の大きさが会社に対して求められます。

保険会社が破綻した際の仕組みも、少額短期保険会社と損害保険会社では異なります。

損害保険会社は保険契約者を保護するための「契約者保護機構」への加入が義務付けられており、経営が破綻した場合は定められた金額の保険金、返戻金が補償される仕組みとなっています。

少額短期保険は契約者保護機構の対象外となりますが、最低資本金とは別に、法務局へ一定の供託金を預けることが義務化されており、万が一経営が破綻した場合、供託金の中から補償がされる仕組みになっています。

また、供託金の義務化以外にも、長期保険の禁止(最長2年)、保険料運用の規制(普通預金と国債のみでの運用が認められている)、補償金額の上限設定(1件あたり1000万円まで)など、様々な規制措置を講じ、業務範囲を最小限に抑えることで経営の安定化と契約者の保護を図っているのです。